2009年05月26日

アジリティのすすめ



サッカーの練習でボールタッチというメニューがあります。


『こんなの誰でもできるだろう!ヽ(´ー`)ノ』

きっと誰もが余裕でできると思っているでしょう。


では実際に、
10秒間で何回できるかやってみましょう!

ちなみに、
ウチの息子は、
中学三年で10回もできませんでした^^




次はちょっとリズムをかえて
『スキップボールタッチ』をやってみましょう!

誰かの動きを見て、
すぐに自分の身体で表現してみる。

できる子はもっと少ないと思います。




子供達を見ていると、
まだまだ動いていない筋肉、
動かせていない神経と筋肉があるように見えます。



全く話は変わりますが、

女性の初潮は早い子は8歳から遅い子は16歳だそうです。

子供の身体には8歳もの成長差があるといってもいいでしょう。

ちょっと大げさに言えば、
10歳で動かせる筋肉と神経をを持つ身体の子もいれば、
18歳で動き出す子もいるかもしれないんです。


ボールを投げる上半身の成長は18歳レベルでも、
下半身の成長が10歳レベルの子が故障をするかもしれません。


毎週、ボールを捕ったり投げたり打ったりする練習をしてれば、
上半身だけは、特に腕の器用さだけは成長するでしょう。


しかし、下半身が動かせることを身に付けたほうが・・・


もう一度、子供達のアジリティを見直そうと思いますヽ(´ー`)ノ


posted by metoo at 16:51| 千葉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体を使っての遊びが少ないからなんでしょうねー。 ケンパーとか石蹴りとかとにかくつまんない遊びでも体使ってましたもんねー。^^ 跳んで足での拍手?真剣に競ってました。(笑)
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年05月26日 17:52
マリナーズは負けてしまいましたが。

イチローさんは4打数4安打は凄いですね(^^)


また頑張ってほしいね。
Posted by 野球ファン at 2009年05月26日 19:28
下半身を自在に動かせるようになるのって、なかなか難しいように思います。
先日、新型インフルの影響でチーム練習がお休みだったので、公園に出掛けたところ、飛び石的に配置された丸太の上をトントントンと渡っていく遊具がありまして、小猿くんが挑戦したのですが、自信無げにゆっくりゆっくりと進んでいくんですよね。
単に、小猿くんが、こういうものが苦手っていうだけの話かもしれませんが、最近の子供ってこういう動きに弱い気がします。
私は小さい頃から磯遊びをしていたこともあって、得意なんですけどね(^^)v
やっぱり、昔の子供って、遊びの中で、良いトレーニングをしていたんでしょうね。

あ、でも『スキップボールタッチ』はできないと思います^^;
Posted by PAT at 2009年05月26日 22:52
うちの娘は、幼稚園から小学1年生までサッカーチームに入っていたので、ボールタッチは良くやっていました。
足裏を使ったフェイントも得意でしたが、シュートは いつも当たり損ねでした。

いまいち上半身と下半身のバランスが悪い様に思うので、最近は野球の練習だけでは無く、近所の公園のアスレチックで いっぱい遊ばせる事もあります。

『遊び』や他のスポーツから得るものも大きいんですね。

ちなみに妻はWiifitに夢中です。
Posted by kisuke34 at 2009年05月26日 23:44
今の子どもは高さのある場所での遊びができるところがないですよね。

昔の小学生は山遊びとか木登りとか段差のあるところを上ったり、飛び降りたりしていました。

自重を使ってバランスをとる遊びができないのはかわいそうだと思います。
Posted by 青空 at 2009年05月27日 21:55
◆肉団子3兄弟さん、ありがとうございます。

昔と違って、少年野球は野球を教えるよりも、
自由に動かせる体作りから始めなければと感じます。

「にぶい!」
まず、ここからスタートですヽ(´ー`)ノ


◆野球ファンさん、ありがとうございます。

イチローの安打数が60本に届きました。
あと140本 頑張ってもらいましょう!


◆PATさん、ありがとうございます。

体を動かすトレーニングを一年中続けてやらなければ!
冬場だけの体作りでは全く意味がありません。

ボールを使った練習も大事ですが、
それ以前の課題が山盛りです^^


◆kisuke34さん、ありがとうございます。

小学校三年生くらいまでは、野球なんてやらないで
サッカーをやってた方がいいと思います。

水泳やダンス、格闘技など、野球に通じる動きを先に覚えた方が、
のちのちは上手くなるのではないでしょうか^^


◆青空さん、ありがとうございます。

まだ動かない体の子に「動かせ!」と言っても無理なんですよね。

まずは動くようにトレーニングしてあげないと・・・

最近、特にそう思います^^

Posted by metoo at 2009年05月28日 18:02
小学生の低学年までアジリティーを養うにはサッカーが一番だそうです。なぜならそういう指導法が確立さてており、指導者もいるからです。なのでうちのガキは幼稚園までサッカー教室に行かせてました。さてここからが大変です。軌道修正なんとか野球に行かせてのでうまくいきましたが、失敗すればそのままサッカー少年で、今の息子と私はありませんでした。
Posted by サッカーはいいよ at 2009年05月28日 23:12
初めまして。
小2の野球少年の息子をもつtakaです。
いつも拝見させていただき、参考にさせていただいています。わたしも少年野球をテーマにしたブログをはじめました。meetoさんの記事はとても興味深いものばかりなので、トラックバックおよびリンクさせていただいてよろしいでしょうか。まだまだ足下にもおよばない少年野球ブロガーですがよろしくお願いします。
Posted by taka at 2009年05月29日 19:39
◆サッカーはいいよさん、ありがとうございます。

私も小学校1年から3年まではサッカーを習っていました。というか、昔は四年生からしか人数が多すぎて少年野球に入れなかったんですよね。

サッカーもいいし、水泳もいいし、バスケットもいいし、習い事で体を鍛えるしかないのでしょうね。


◆takaさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

リンク、トラックバックはご自由にお願いしますヽ(´ー`)ノ


ブログを通じて楽しく少年野球を語り合っていきましょう!
今後もよろしくお願いしますm(__)m
Posted by metoo at 2009年06月03日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック