2009年05月07日

最近考えてること

高校生になっても、意外と親子で過ごせる時間って、まだこの時期だからかもしれませんが意外とあるんですね^^

息子とバッセンに行ったり、キャッチボールする時間がたまにですがつくれます。


久しぶりに息子の投げ方や打ち方を見ていると、
ある単純なことに気が付きました。


投げる動作は、自由な足を上げたとき、
投げたい方向に向かって90度横を向いています。

打つ動作も同じく、踏み出す足をあげたとき、
ボールが来る方向に向かって90度横を向いてます。



投げても打っても、

『90度の方向に力を上手に伝えるスポーツが野球なんだなぁ・・・』



すごく簡単な考え方ですね^^



投げ終わっても、打ち終わっても、
90度以上回転してますが、
力を伝え終わったフォロースルーだとしか見えません。

力を伝えたいのは
あくまでもボールと身体の向き、90度です。



そこでもっと単純に考えました。


身体を90度回転させるには、

片足では弱いんですよね。


投げる時も、打つときも、

しっかり両足で踏ん張った方が素早く強く、
90度回転できます。

踏ん張る前に開いちゃうと、


80度くらいしか使えないんですね。





なーんだ


野球って簡単じゃんヽ(´ー`)ノ




投げたり打ったりする練習よりも、

素早く90度回転する筋肉と神経の練習メニューだけしたほうが、

上達は早いかもしれませんね^^



では、そのメニューとは???



また考える楽しみが増えましたヽ(´ー`)ノ




posted by metoo at 23:04| 千葉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
90度回転するメニューを考えました!
“上半身であっち向いてホイ”はどうでしょうか?
首を動かすのではなく、腰で回転。
素早く90度横を向く。^^
下を向く時は立位体前屈、上を向く時は上体反らし。
これならストレッチも兼ねる。^^
Posted by スマイルヒット at 2009年05月08日 01:23
いつも楽しく拝見させていただいております。

が〜ん・・・煮詰まっていたので頭叩かれたぐらいタイムリーです!!!

ありがとうございます!今日から早速考えながら取り組んでみます!!!

良い方法が見つかったら教えてください。お願いします!
Posted by バカ親フジワラ at 2009年05月08日 09:50
◆スマイルヒットさん、ありがとうございます。

あっち向いて腰!ですね^^
楽しそうなメニューですね。

以前、アメフト出身のブロガーさんに教わった練習を試してみたいと思ってます。
今度オフ会があればくわしく教えてもらおうっと^^


◆バカ親フジワラさん、ありがとうございます。

私も頭の中身が小学生なので難しく考えるのをやめて見ました^^

下半身で90度回る関節って、膝は回りませんので、足首と股関節しかないんですよね。
そのあたりから考えて見ます^^
Posted by metoo at 2009年05月08日 23:45
いつも思いますが、metooさんって目の付け所が面白いですね。
90°と言えば。。。スポーツって90°のものって多いんですよね。
テニスのサーブ、アーチェリー(和弓も)、ダーツは逆の90°でしょうか・・・ん?実は90°の方が狙いやすい???
でも、ボーリングもカーリングも正面を向いてますね・・・

やっぱり、狙いやすいか否かじゃなく、力をキチンと伝えるための90°なんでしょうか・・・
Posted by PAT at 2009年05月08日 23:52
そういえばピッチングやバッティングの回転時に右足でしっかりけり込めることができると、体はちょうど90度回転しますよね。

Posted by 青空 at 2009年05月09日 21:43
◆PATさん、ありがとうございます。

90度にこだわったのは、最低でも90度回って欲しいけど回れない子供が多いからです。

力をキチンと伝えるには、両足をキチンと使うことではないでしょうか?
なんて考えてます^^


◆青空さん、ありがとうございます。

投げる動作の場合、肩は180度横回転します。
90度にこだわったのは、どこを90度回すか?
腰?へそ?軸足?
いろいろ考えが浮かびますね^^
Posted by metoo at 2009年05月12日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック