2006年01月16日

門田博光

kadota.jpg

門田博光氏が殿堂入りで男泣き

「フルスィング」
この言葉で頭に浮かぶ選手は、そう多くは無いと思います。

南海ホークス「44」
緑のユニフォームで一本足から、
ずんぐりムックリの体を
体がねじれるくらいにバットを振って
豪快なホームラン!&パタパタ走る鈍足^^

最近目にする事が少なかったのは
病に苦しんでいたんですね。

子供頃にお手本となってくれた
ミスターフルスィング!
かっこ良かったなぁ〜

詳しい記録はwikiでどうぞ
門田博光Wikipedia



posted by metoo at 16:38| 千葉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 私の好きな選手 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲンを担いで 敢えてヒビ入りバットで打席に入り、持ち前のフルスイングで真っ二つに折りながらも打球はホームラン!! など、武勇〜伝♪伝 は格好Eですよね。
女性からは うけないキャラですが、私にとっては噛みごたえの有るスルメの様な味有る憧れの選手でした。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年01月16日 17:45
私は子どもの頃、パリーグの選手を全然知らないインチキ野球小僧でした。それでも、門田選手は印象に残っています。今思うと、それだけで“すごい選手なんだ”と思えます。ただし、ドカベン香川と記憶がゴチャゴチャになっている可能性があり…。(苦笑)
Posted by 始動者 at 2006年01月16日 18:02
ぶっ叩け〜!!さん、ありがとうございます。

ヒビ入りのバットでホームランは知りませんでした。
本塁打王パリーグ
81年門田
82年落合(三冠王)
83年門田
84年ブーマー(三冠王)
85年落合(三冠王)
86年落合
87年秋山
88年門田(40才)本塁打と打点王

すごいメンバーでしたね^^
Posted by metoo at 2006年01月16日 18:40
始動者さん、ありがとうございます。

波商の香川選手いましたね〜^^
二人とも、丸い顔に丸い体、今で言うとカワイイキャラ?でしたね^^

考えてみると、
南海、阪急、阪神、近鉄など
電鉄会社ばかりでしたね^^
Posted by metoo at 2006年01月16日 18:48
懐かしいです。小さな頃、近所のおっちゃんが南海ファンで良く大阪球場へ連れて行ってくれました。生まれて初めてプロ野球選手にサインをもらったのが南海の選手だったと思います。
私は南海ファンではなかったのですが、愛くるしい門田選手は大好きでした。
ああ見えて現役時代は結構遊び人だったとか。
Posted by 若葉監督 at 2006年01月16日 21:27
「中年の星」でしたね。門田さんは。
そう言っている自分が中年とは思いたくないものです^^
私とmetooさんは多分同じ位の年齢ですから、私の気持ちはよくお判りかと思います^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月16日 21:35
若葉監督さん、ありがとうございます。

若葉監督さんは小さい頃は関西だったのですね、大阪球場は今は無くなり記念碑が残っていて、住宅展示場になったと関西出身の方に聞きました。

>ああ見えて現役時代は結構遊び人だったとか。

たしかにお酒が好きそうな体つきですね^^
Posted by metoo at 2006年01月16日 22:00
ドラ夫さん、ありがとうございます。

中年の方に注意です!(35歳以上50歳以下?)
冬場のキャッチャーフライノックは腰を痛めます。昨日キャッチャーフライノックでぎっくり腰を再発しました^^

1980年代、中学高校だった頃、落合vs門田の本塁打争いが全盛期だったんですね。ロッテオリオンズ、南海ホークス、阪急ブレーブスを懐かしむのが中年なんですね^^
Posted by metoo at 2006年01月16日 22:12
私は、関西ローカルのラジオで解説をやってる門田が大好きです。
あと、福本も。
Posted by 新米C監督 at 2006年01月16日 23:39
新米C監督さん、ありがとうございます。
TBもありがとうございました。

ラジオ解説をやられていたんですね。
サンスポの記事を読むと、糖尿病と昨年末に脳梗塞だったと知りました。
今年も元気な解説が聞けるといいですね。

福本の解説を聞いた事がありますが、足も速いが、口もなめらかですよね^^
Posted by metoo at 2006年01月16日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。