2009年02月23日

片岡選手の進化

2008年日本シリーズ
西武ラインズ対巨人の第七戦
8回表の攻撃


2分10秒から片岡選手の初球スチール

昨日のJスポで片岡選手の特集をしていました。

どなたか忘れてしまいましたが、
野球と陸上を経験されたトレーナーの方と、
二人三脚で盗塁の技術をここまで磨いてきたそうです。

まず盗塁のスライディングですが、
二塁ベースの約2mくらいからスライディングをしています。
もっと離れてスライディングした方が安全ですが、
わざとベースに近づいてからすべることによって、
スピードを落とさずセーフに見えやすいそうです。
しかし、一歩間違えば大怪我につながるリスクもあるそうです。

片岡選手は50m6.3秒と、
それほど足が速い選手ではないそうです。
27.431mの塁間、リードをするので、
約25mの盗塁走です。

片岡選手とトレーナーの方は、
地面と足の接地時間を短くする練習をされていました。

また新たに、
盗塁の秘策を練習しているようで、
WBCで初披露となるかもしれないそうです。


秘策というか、他の選手と片岡選手の違いを探してみました。




左足で強くスタートする瞬間、
右足が靴一足分くらい戻ってスタートしてるように見えます。

他の選手というか、イチロー選手の映像を見てると、
イチロー選手は左足を踏み出してスタートしてます。

ka0225.jpg
右手を引いて右足を戻してからスタートする片岡選手。

戻ることによって距離は長くなってしまいますが、
逆にトップスピードに入りやすいのか?


WBCでをどんな秘策で進化を見せてくれるのか?

岸選手がWBCから外れてしまったので、

違う楽しみを見つけてみました^^


posted by metoo at 16:24| 千葉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 走る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6.3秒・・・一般人からすれば充分速いですけど、プロ野球選手、しかも”足”を売りにしている選手にしては、それほどでもないですね。
それでも盗塁王を獲得するわけですから、そこにはすごい技術と”勇気”が詰まっているんでしょうね。

> 右足が靴一足分くらい戻ってスタートしてるように見えます。

右足を少し戻すことで、身体を目標(2塁ベース付近)に素早く身体を正対できるようには思いますが。。。どういう理由なのか知りたいですね。
Posted by PAT at 2009年02月23日 23:46
◆PATさん、ありがとうございます。

巨人の入団テストも6.3秒だそうで、
阪神の赤星選手が50Mを5.8秒だったかな?
6.3秒は速い中には入らないんですね^^

>素早く身体を正対できるようには思いますが。。。

やっぱり他に理由はないですよね。

1歩か?1.2歩か?でトップスピードが変わってくるのでしょうね。

Posted by metoo at 2009年02月24日 01:21
右足が靴一足分くらい戻ってスタートしてるように見えます。

身体が前傾しやすいですよ。
Posted by MB at 2009年02月24日 08:15
この記事、2回目の書き込みです。申し訳ありません。

今朝、小猿くんとのダッシュのときに、ちょこっとマネをしてみました。
片岡選手ほどスムーズに上手くできるわけもないのですが、それでも、MBさんがおっしゃってるように、前傾姿勢をとるのが非常に楽に感じました。
足を広げて構えた状態から左足で蹴る場合、右足を追い越してさらに前まで身体を移動させなければなりませんが、右足を少し戻すことによって前傾姿勢をとるための体の移動距離が短くて済むからなのでしょう。
それから、左足を蹴った後の右足の蹴りも効果的だった(強くなった)ように感じます。これもスムーズに前傾姿勢をとれるからなのでしょう。
慣れるまでは違和感を感じるかもしれませんが、慣れれば良いスタートが切れそうな感じです。

以上、体験レポートでした。
Posted by PAT at 2009年02月24日 23:07
ベースボールマガジン社「科学する野球・実践篇・村上豊著」では、掌を下に向けて走ることで背筋が伸び腕を振る力が強くなり、さらに、つま先が走塁方向に平行になって速く走れるとしています。逆に、掌を内に向けると猫背になり、足はガニ股になり遅くなるとしています。
盗塁のような短時間では、前傾でいる時間が重要なのでしょうか?ランニングホームランなら掌を上にした走法(本では四つ足走法と呼んでいます)が速いのでしょうか??
今週から今期の練習が始まりますので、タイム計測してみます。でも、子供はベーランの基本ができていないから、走るのは大人かなぁ(笑)
Posted by 三河の新米 at 2009年02月25日 10:29
6.3秒。。。
片岡選手ってそんなに遅いんですか!!
このタイムって中学選手で「あの子、いいよね」って程度の速さで、中学選手でもバツグンの域ではないですよね(ちなみに某高校野球部の最低ラインは6.5秒)。それじゃ、強豪高校あたりの選手ではタイムクリアしている選手も多く、盗塁では片岡選手なみになれるわけ???
Posted by touch at 2009年02月26日 12:54
◆MBさん、ありがとうございます。

前傾と方向転換、接地時間の短さ、いろんな意味のある右足からのスタートですね。


◆PATさん、ありがとうございます。

いろんなスタート方法がありますから、
自分にあったスタートダッシュを見つけるのが良いのではないでしょうか。

横から見る場合、前傾姿勢を見るよりも、スタートの瞬間から、頭の上下動が全くない片岡選手が素晴らしいです。
その為に必要な筋力とバランスも兼ね備えていますね。


◆三河の新米さん、ありがとうございます。

この番組の動画を見つけたら、またブログにする予定です。

接地時間を短くするトレーニングと解説が面白かったです。

村上豊さん、懐かしいなぁ〜^^



◆touchさん、ありがとうございます。

27.431mの塁間、リードとスライディングを除けば、
たった20mの競争ですから、スタート技術が一番なのかなぁと思います。

50m競争を見ても、20mまではほぼ横一線ですよね。

もしスタートに秘訣があるのならば?
片岡選手のWBCが楽しみです^^

Posted by metoo at 2009年02月26日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック