2009年02月14日

イチロー選手の素振り




今年09年のイチ流で放送された
『イチロー選手の素振り』

「素振りの時と、打つ時と
  全くもって違うんですよ バットの軌道が」

今年もすごく勉強になる番組でした。


イチロー選手の素振りには、
どんな意識があるのかを説明されていました。


この素振りを見ていつも気になっていたのですが、
もし私がイチロー選手に質問できるのであれば

「素振りの中で、いくつのボールを打ってますか?」

私の予想では、
最低でも3つ、もしくは4つ5つくらいのポイントを振っているように見えてしまいます。

グリップを体から極端に遠ざけたトップの位置から、
まず体を回さずにアウトコースに対応できるポイント
次に真ん中
最後にインコース低め
途中で苦しいインコースをカットするポイント
泳がされた変化球のポイント


さらに探せば探すほど、
1つの素振りの中に
10球くらいのポイントをイメージしているように感じました。



普通、素振りって
打つポイントを「ビュン!」って、
1つのポイントを振るのが普通の素振りですよね^^




普通の素振りともう一つ違うのは、
素振り=ストレッチという点。

バットを横回転だけで振る、普通の素振りとは違って、
肩甲骨周辺や斜腹筋など、柔軟性を意識したストレッチのような素振りも兼ねているように見えます。


よ〜く見ると、イチロー選手の素振りって
恐ろしい動作に見えてきました。




つづけてバッティング練習を見ると、
さらに素振りの意味が伝わってきます。



さらに続けてラミレス選手の映像を見てみます。
キレイなバットのしなりで打ってますね!

「えっ!どっちなの?」
「バッティングって何なの?」
「何が正しいの?」

頭がこんがらがりますね^^


バッティングなんてなんでもいい!
答えはたくさんある!

という事ですね^^




昨年08年の「イチ流」走塁編です。
2008/01/23一塁のリードについて
posted by metoo at 17:06| 千葉 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラミレス選手の映像のナレーションで英語リスニングの練習をさせていただきました。

当然、一回では聴き取れず、何回も繰り返して聴きました。

バックストレッチの際のボールを見る技術について解説していたようです。
顔をカメラに例えて説明していたのかな?
バックストレッチの間の顔(カメラ)の角度と目線の方向に注意。
バックストレッチはボールを見る目線の反対方向に行われ、スウィングの初期に同じ方向に留まっている。
バックストレッチの身体的回旋は肩の急速な水平方向の外転である。

このような内容だと思いますが、合ってますかねえ?
どなたかリスニングの得意な人よろしく。
Posted by Skyboys広報 at 2009年02月14日 22:38
イチロー選手がTVで言っていたんですが、あの素振りはゴルフの岡本綾子選手のスイングからヒントを得て行っていると。なんのこっちゃ!

天才の感覚はわけがわかりません。
Posted by 星 十徹 at 2009年02月16日 07:19
>あの素振りはゴルフの岡本綾子選手のスイングからヒントを得て行っていると

確か、昔のインタビューでイチローがそう言ってましたね。そのときは両足の膝の使い方を真似したという内容だったと思います。
Posted by touch at 2009年02月16日 15:10
◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

shun先生が答えてくれるでしょう!^^


◆星さん、ありがとうございます。

早く引退して全てを教えて欲しい!
でも9年10年20年、まだまだプレーが見たい選手ですね!


◆touchさん、ありがとうございます。

横から見るとゴルフと同じ、左右対称のスイングに見えます。
体に疲れを残さない素振り(予想です)かもしれませんね^^



Posted by metoo at 2009年02月16日 15:53
metooさんのコメントにご返答させて
頂きます。

以下、英文と和訳です。

The load, The trigger negative move.

弾を込める動きと引き金を引く動きは
相反するものです。(トップを作る動きと
スイングに入る動きは相反するものです)

Whatever you call the initial action of the swing,
has a major impact on a hitter's vidual skills.

スイングの初動と呼ばれるものは、打者の視覚的な
技術に主に影響力を持っている。

Positioning the camera in the set-up is the
first adjustment in the hitters face.

打者の顔をを正しい位置に持ってくることが最初に大切なことです。

Being aware of their camera angles and
eyelines during the backstretch is the next challenge.

バックストレッチをしている間の顔の角度と
視線に注意することが、次の段階です。

This backstretch, when done right, allows hitter's camera
to stay in the same direction throughout
the early phase of the swing.

このバックストレッチが正しく行われると、
バッターの顔はスイングの初期段階を通して
ずっと同じ方向をむいていることになります。

In the physical term, the backstretch is a
rapid horizontal abduction of the shoulder.

身体の専門用語では、バックストレッチとは
急激で平行な肩の外転のことを言います。

以上、和訳おわり。

直訳に近い感じになってしまいましたが、
いかがでしょうか。わかりますか?
パパっと時間をかけずにやりましたんで
間違えてる箇所もあるかとは思いますが
ご容赦ください。
Posted by shun at 2009年02月16日 18:09
◆shun先生、素晴らしい!

まるで高校の英語の先生ですね!
あっ!その通りでしたね^^

今度、刈谷の方が一杯ご馳走してくれるでしょう^^
Posted by metoo at 2009年02月16日 18:30
shun先生ありがとうございました。
スムーズに聞き取れるようになりました。『throughout』が『ドュラウティ』としか聞こえなくて????でした。

最後のabduction は adduction ですね?

今度、ご一緒する機会があればいくらでもおごっちゃいますよ。
Posted by Skyboys広報 at 2009年02月18日 02:47
「イチ流」の素振りの件は見損なっていたようです。metooさんのおかげで見ることが出来ました。ありがとうございます。
ここでイチローが話している内容、全くその通りですね。実は、これと同じ事を、偶然ながら(自前の考えで)自分も選手時代に意識的にやっており、息子達にも実体験を伝えておりました。私は一般に正しいとされているダウンスイングって一番難しい打法だと昔から思っています。とても私には真似できません。ですから、息子達も真似できませんでした(苦笑)。
だから、グリップを頭の位置において振り出すスラッガーには尊敬してしまいます(笑)。ただ、、、そのダウンスイングよりこのイチロー打法の方が結果的には簡単だと思っているのですが。
この場合のフォームの基本は全ての面でダウンスイングのものと全く違います。だから「基本を教えて」って言われるが一番悩んじゃう。。
Posted by touch at 2009年02月18日 15:00
◆touchさん、ありがとうございます。

「インサイドアウト」
この言葉も私はどこか違ってるように最近思うんです。

どうしたらインサイドにバットが来るの?

はじめからインサイドに構えてればいいの?

インサイドに入る為には、どこにバットがあればいいの?

と考えてしまい、

「トップインサイドアウト」
もしくは
「アウトインサイドアウト」
などと、付け足す言葉が必要ではと最近思います。

私の基本は「野球は毎年進化する」が基本です。
だから「基本基本」といいたくないんです^^

Posted by metoo at 2009年02月19日 13:54
「打つ」を教えるのは難しいですね。手塚一志氏の「うねり打法」を読んでも、伝え方がわかりません。私が理解できてないのか(笑)。とりあえずフリーバッティングを増やして、子供に「自分で」感覚を掴んでもらおうとしか・・・
Posted by 三河の新米 at 2009年02月20日 10:49
◆三河の新米さん、ありがとうございます。

いろんな書籍を読みましたが、
実際に取り入れて成功したのは手塚さんのシンクロだけでした。

タイミングも人それぞれありますが、
シンクロが子供には一番浸透しやすかったです。

それ以外は私も???です^^

指導者がバッティングを見る視点は、
タイミングとスイングの角度だけじゃないでしょうか?

他に難しいことは何を言っても通じませんでした^^
Posted by metoo at 2009年02月20日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック