2009年02月05日

タイムプレイ

09020501.jpg

ツーアウト一塁三塁

一塁走者がはさまれた!
三塁走者がホームへ走った!

どっちが先か!

一塁走者がタッグされたらスリーアウトチェンジ!

その前に、三塁走者がホームインすればスコア!


「タイムプレイ」とは、
このような時間を競うプレイ時に使うのですね。



昨年まで私は「タイムプレイ」という言葉を知りませんでした。


「タイムプレイ」Wikipediaより

攻撃側の第 3 アウトがフォースアウトまたは打者が一塁に到達する前のアウトである場合、その前に走者が本塁に触れていても得点は認められない。

しかし第 3 アウトがフォースアウトでないケースでは、その第 3 アウトの発生より先に走者が本塁に触れていれば得点が認められる。

公認野球規則に「タイムプレイ」という用語は用いられていないが、主として審判員の間で、非フォースプレイによる第 3 アウトと得点が同時期に発生する際のプレイを指す用語としてしばしば用いられる。

タイムプレイが発生することが予想される状況では、少なくとも一人の審判員は二箇所で起こるプレイを同時に両方見ることができる場所に位置し、どちらが先であったかを判定しなくてはならない。

他にもタイムプレイの場面はたくさんあるようです。

これからは「タイムプレイ」も注意して審判に出ようと思います。






私の監督時代のツーアウト1塁3塁は、
1塁ランナーの盗塁はキャッチャーがセカンド送球したら、
「止まって挟まれろ!時間をかせげ!」
三塁ランナーは
「思い切ってホームを狙え」のサインでした。


逆に守備のケース。
挟殺プレーに持ち込まれた場合は、

「0.1秒でも速くアウトをとれ!」

これが挟殺プレーの決め事でした。


ランナーを元の塁に戻すようにしてアウトを取れ!

のんびり何回も挟殺プレーのキャッチボールをして、
元にいた塁へ戻そうとしていたら1点とられてしまいます。

三塁ランナーにホームインされる前に一塁ランナーをアウトにするためには、挟殺プレーは1回のキャッチボールでアウトを狙うべきです。

キャッチボールその52005/10/20 
挟殺プレーのキャッチボール


ルールを勉強すると、いろいろなプレーにも応用できますね。

posted by metoo at 03:22| 千葉 🌁| Comment(13) | TrackBack(0) | 審判 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイムプレーで起こった先日の練習試合の一コマ。
ランナー2塁で主審はステイの合図。打球はレフトを抜けるヒット、三塁は打球を追ってノーキャッチをいれ、二塁審は三塁へ、一塁審は打者走者の触塁を確認後に二塁に。ここまでは普通のフォーメーション。ところが二塁にボールが返ってきたときに三塁の走者が飛び出していたので二塁手は三塁に送球。当然中間にいた一塁走者は二塁へ。で、そのボールがそれボールデットゾーンへ。三塁に行っていた二塁審がここでボールデットのコール。三塁走者は本塁へ。で、問題になったのは一塁走者。ボールデットになった時点でどこにいたかを確認しますが
一塁審は確認していなかったため、審判が集まって協議しタイミング的に二塁を占有していたとして三塁への進塁を認めました。

デッドの時にどこに走者がいたか、確認しないと大変なことになるという反省でした。ちなみに私は2塁審判でした。
Posted by baseball-papa at 2009年02月05日 13:51
◆baseball-papaさん、ありがとうございます。

(7.05g)二個の進塁の付与
ボールデッドになった時点ではなく、
二塁手が三塁に送球した時、
「野手の手を離れたときの各走者の位置を基準として定める」です。

もし打者走者が悪送球の時に二塁を占有していたのならホームインですけど・・・
ギリギリ二塁の手前で送球して、ボールデッドの瞬間は二塁にいた。ギリギリ二塁手前だったので占有していたのは一塁、そこから二個進塁で走者三塁から再開ですね。

第三アウトと本塁のスコアとのタイム競争だけをタイムプレイと呼ぶそうですが、
悪送球の瞬間も気をつけたいですね^^

=======

サードゴロを一塁へ悪送球→ボールデッド
これもよくあるパターンですが、

サードの手を離れた瞬間に占有していた塁から二個(テイクツー)です。
つまり一塁ベースに達していない打者走者は、本塁から二個与えられるので、打者走者は二塁へ進めます。

サードゴロ悪送球→ボールデッドは、
一塁から「テイクワンベース!」ではなく、
本塁から「テイクツーベース!」が正解です。
間違いやすいですよね。


「投球と牽制球」(投手がプレートを踏んでいる)は一個
「送球」(投手はプレートを外せば「送球」)は二個
「グローブ投げて打球に当てたら」は三個
私はここまで覚えるのに5年かかりました^^
=======
Posted by metoo at 2009年02月05日 14:23
7・05(g)(4)
審判員は二個の進塁を許すにあたって、次の定めに従う。

すなわち、打球処理直後の
「内野手の最初のプレイに基づく悪送球」であった場合は
「投手の投球当時」の各走者の位置

その他の場合は、
悪送球が野手の手を離れたときの
各走者の位置を基準として定める。

例えば・・・
走者1塁で、打者はサードゴロを打ちました。
この時、走者は盗塁していて、サードが送球する時点では
すでに2塁ベースに達していました。
サード君は1塁へ送球しましたが暴投(ボールデッド)

↑の条文からすると、1塁走者は3塁へ進塁!
送球の瞬間、2塁へ達していたとしても「投球当時は1塁」

これも厄介なんですよね!タイムプレイの一環なのかも(^^;)
Posted by K'Sクラブ20 at 2009年02月05日 21:08
わたしは審判していて、幸いにもややこしい場面に遭遇したことがありません。
しっかり勉強して、頭の中できちんと整理しておかないといけませんね。

イラストのモグラが気になってしまいました (^。^;
Posted by BB虎彦 at 2009年02月05日 22:18
1つのプレイだけでも、タイミング的にビミョーで『アウトか?セーフか?』と迷うのに、離れた場所の2つのプレイのどちらが先か・・・審判は大変ですね。
「このプレイなら、この場所で見れば判定しやすい」というようなポジショニングがものを言うんでしょうか。

私も紅白戦等で塁審をやったりしますが、知らないことばかりなので不安が増幅中です・・・対外試合での審判デビューはまだまだ先にした方が良さそうですね。
Posted by PAT at 2009年02月05日 22:46
アッツ!モグラ君がいたぁぁぁぁ

捕まえたら攻守交替できたのに・・・(^^;)
Posted by k at 2009年02月06日 01:04
あのイラストの選手君達のキャラクターでTシャツを作ってくれんかねぇ。
ところで何て名だろう?彼らは。
Posted by かに at 2009年02月06日 03:12
 記事そのものではなく、イラストについてのコメントで恐縮です。
 
『前の記事のトンボがキュート!』
『この記事のモグラさん可愛い!』

 metooさんの【雪だるま小僧】(と、我が家で勝手にネーミングしています。)のイラストがアップされるたびに、
「ほら!息子!また雪だるま君が出てるよ!」
…と、大はしゃぎしています。(^^)v
Posted by でぃあ at 2009年02月06日 11:38
◆K'Sクラブ20さん、ありがとうございます。

悪送球が
「野手の手を離れたときの各走者の位置を基準として定める」

それと
「投手の投球当時」
こちらの説明が抜けていましたね^^

5-4-3のダブルプレー
二塁はセーフで4が3へが悪送球ボールデッド。
ダブルプレー二人目の送球は投球当時なのか?
またはホームインなのか?
また飲みましょうね?^^


◆BB虎彦さん、ありがとうございます。

モグラを見つけてくれましたね^^

しっかり勉強して

頭の中で整理して

現場で間違える

これが一番記憶に残ります^^


◆PATさん、ありがとうございます。

9.00審判員
審判員に対する一般指示 【原注】

こちらの最後にこんな言葉があります。

「審判員にとって最も大切な掟は
 "あらゆるプレイについて最もよい位置をとれ"」

位置とは、最もよい距離、最もよい角度の二つでしょう。
しかしこの二つが難しいですね^^


◆kさん、ありがとうございます。

モグラやトンボ

これを子供達が見つけてくれると、
笑ってくれて大人との距離が縮まり、
大人の話をきちんと聞いてくれるんですよね。

そんな狙いです^^


◆かにさん、ありがとうございます。

あのキャラクターはパワプロのぱくりです。
つかまっちゃいます^^


◆でぃあさん、ありがとうございます。

あっ!あのトンボのルールだ!
あっ!あの時のモグラのルールだ!

ルールを覚えるには、もう一つ何か覚えるといいのかも?
そんな狙いです^^

Posted by metoo at 2009年02月06日 16:30
う〜ん 難しいですねぇ〜。
自分はボールデット=テイクワンだと思っていました。(牽制は除いて)
しかし球審がテイクツーと言ったら打者が3塁まで進めると思う人結構いそうですよね。^^;
Posted by 父だぬき at 2009年02月06日 23:45
5-4-3のダブルプレー時の暴投は
「内野手の最初のプレイに基づく悪送球」ではないので
セカンドの手から、ボールが離れた瞬間の位置が基準

◎打者走者・・・1塁到達前なので
本塁から2個の進塁:2塁へ

◎1塁走者・・・送球時は、2塁に到達していたので
2塁から2個の進塁:ホームインで得点

《内野手の最初のプレイに基づく悪送球》

これも重要なポイントです!
テストにでますので、赤ペンチェックを(^_^)v
Posted by K’Sクラブ20 at 2009年02月07日 14:45
◆父だぬきさん、ありがとうございます。

私も一つ間違えて覚えていたことがあります。

ファールボールを捕ってダッグアウトに入ったら。1個進塁。
悪送球をバックアップして捕球後にダッグアウトに落ちたら。2個進塁。

投球と打球は1個
送球はやっぱり2個でした^^

Posted by metoo at 2009年02月07日 15:27
◆K'Sクラブ20さん、ありがとうございます。

声の大きさテストだったら自信はありますが、
筆記試験は苦手です。
緊張すると眠くなるんですよ( ´Д`)
Posted by metoo at 2009年02月07日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック