2009年01月24日

クロックワイズ入門〜その5〜

kw14.jpg

カウンタークロックワイズが2つ

青い三角印のケースです。

クロックワイズ時計回りをしてるパターンとしてないパターン。

その違いを、

球審がサードへ
一塁塁審がホームベースへ

クロックワイズ、時計回り



その反対に動く、
球審がファーストへ

この動きを カウンタークロックワイズ、反時計回り と覚えることにしました。



走者無し ライト線ゾーン
走者一塁 ライトゾーン

この2つしかありませんでした。


kw15.jpg
走者無し ライト線ゾーン
【球審】
打者走者の一塁蝕塁を確認し、
一塁および本塁での”プレイに備える”

【一塁塁審】
打球を追い”プレイが一段落するまで”その場に留まる。

【二塁塁審】
二塁での”プレイに備える”。

【三塁塁審】
三塁での”プレーに備える”。


kw16.jpg
走者一塁 ライトゾーン
【球審】
一塁走者の行動(タッグアップなどを含む)
および打者走者の一塁蝕塁を確認し、
一塁および本塁での”プレイに備える”

【一塁塁審】
打球を追い”プレイが一段落するまで”その場に留まる。

【二塁塁審】
視野を広げながら(ステップバック)
一塁走者の二塁蝕塁を確認し、
一・二塁での”プレイに備える”。

【三塁塁審】
三塁での”プレーに備える”。



クロックワイズメカニックスは、
全てが時計回りだと思っていましたが、

球審が反時計回りをしてから、
時計回りに戻ることもあるんですね。


続きは後日・・・ヽ(´ー`)ノ


私がブログに書いているクロックワイズの内容は、
2002年の競技者必携を参考にして、
個人的に覚えやすいようにしています。
今から7年も前の内容ですから、変更になったことや、
私の間違いがありましたらコメントをお願いしますm(__)m

地域や連盟によって異なる場合がありますのでご確認ください。
posted by metoo at 16:03| 千葉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 審判 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来月 審判講習会を受けに行くのですが
これを見ていると不安になってしまった自分が居ます。><
Posted by 父だぬき at 2009年01月24日 20:22
◆父だぬきさん、ありがとうございます。

私もまだまだ自信はありませんが、チームの中で誰かがやらねば!と挑戦してます。

お互いがんはりましょう!
Posted by metoo at 2009年01月25日 01:03
 うわ〜!だみだ!覚えきれない〜!!(T_T)

 読めば読むほど、審判をやることについて不安がつのってきます…。
まあ、私が審判に駆り出されるのはよほどの非常事態ですが。

 ところで真面目な話。このブログに書いたことをまとめて、
本を出版してみてはいかがでしょう…?
もしそうなったら絶対買いますし!
知人にも勧めますし!
Posted by でぃあ at 2009年01月26日 10:24
◆でぃあさん、ありがとうございます。

>読めば読むほど、審判をやることについて不安がつのってきます…。

余計に不安にさせてしまいましたか・・・
よし!でぃあさんが球審マスクを買いたくなるくらい頑張って勉強します^^

本は出しません。
私は明日考え方が変わる性格なので^^
出版したらそこで自分の野球が止まってしまう気がして怖いんです。
Posted by metoo at 2009年01月26日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック