2008年12月27日

ショートバウンドチャレンジ

122401.jpg

「ショートバウンドチャレンジ」

今日私が勝手に作った言葉です^^



よくショートバウンドを
「体で止めろ!」
「後ろにそらすな!」
などと言われる指導者もいらっしゃいますが、

「ショートバウンドはチャレンジしろ!」

「そのショートバウンドをアウトにつなげるプレーにしろ!」と、
私はうるさく言います。




例えば二塁盗塁の場面。

キャッチャーからの送球がショートバウンド送球になりました。

タイミングはアウトですが、

ショートバウンドを体で止めに行ったら、

タッグプレーも無いままセーフです。




まだ小学生ですから、

出来なくてもいいから、

ショートバウンドをタッグプレーまで持っていく、チャレンジしてもらいたい!

こんな気持ちがあります。



ショートバウンドが捕れなくても、

外野がバックアップの準備をしてくれています。


だったら尚更

チャレンジすべきです!




三遊間の深いゴロをショートがギリギリで追いついて一塁へ送球。

しかしショートバウンドになりギリギリアウトか?セーフか?

ところが、一塁手が体で止めに行く。

ライトがしっかりバックアップに全力で走ってくれてるのに・・・



ランナーが満塁で得点に繋がってしまうケースなど、
体で止めに行かなければ行けないケースもあるでしょうが、

どんどんショートバウンドにチャレンジして欲しい!


その為に、外野手は一球一球全力で走ってくれています。



まぐれでグラブに引っかかってタッグアウトでもOKでしょう!

ショートバウンドをパパン!と捕って

「アウト〜!」

難しい技術かもしれませんが、

カッコイイですよね^^

posted by metoo at 20:22| 千葉 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 守る | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
今中1の子たちには4年生の時から『どんどんチャレンジしよう』と言っていました。

でも、これは覚悟が要ります。
その子たち、5年生までは負けてばかり、6年生になって勝ち始めて、強くなったと感じたのは秋になってから。
今、4年生を見ていますが、『教えることが難しすぎる』と多くの方から批判されています。
Posted by Skyboys広報 at 2008年12月28日 08:33
顔の前で捕りにいけば、まずグローブに捕れないまでもグローブに当てられますよね?
顔より中に入った博打捕り(と呼んでいます)だと難しいですね。
子供は恐いから顔をそむけてしまいがち、頑張って勇気を出して身につけてほしいですね^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2008年12月28日 17:19
「ショートバウンド」は、基本的に捕り易いバウンドです。
ゴロの捕球位置は、「ショートバウンド」か「ロングバウンド」っていいますよね。
※一般的に、シングルハンド捕りは「ショートバウンド」、両手捕りは「ロングバウンド」に合わす。
バウンドで難しいのは、「ハーフバウンド」です。これは、捕りにくいです。
送球側も、「ハーフバウンド」や、タッチが遅くなる高い送球にならないようにしないといけません。
Posted by o at 2008年12月29日 02:23
ショートバウンドの捕球は難しくないと思っています。
ホンのチョットの勇気を持って、顔をそらさず、少しグローブを前に出すだけで、自然にボールがグローブに入ってきます。
一回捕球できると、実感してくれるのですが・・・
テニスボールでやってみよう。
今、思いつきました。
Posted by 穴金空歩人 at 2008年12月29日 11:27
自分は軟式を教えているのですが
つい『正面で入ってダメだったら体で止めるつもりで!』といってしまいますね。><
軟式ですと顔に当たらなければそうそうたいしたケガにはなりませんが 硬式ですとそうはいかないのかも・・(硬式をやったことがないのでわからないのでスイマセン)
でもショートバウンドが捕れるようになると野球の楽しさも広がりますし キャッチャーやファーストがかなりの確立で捕れるようになれば ピッチャーや内野手も思い切って投げれますよね。^^
Posted by 父だぬき at 2008年12月29日 21:21
ご無沙汰しております。
うちの愚息もセカンドの守備で、盗塁の際にショートバウンドは下がって捕球します。

後ろに逸らすことはほとんどありませんが、きわどいタイミングはすべてセーフになります。

来年の課題に「ショーバンチャレンジ」も追加したいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。
Posted by BB虎彦 at 2008年12月30日 17:31
◆Skyboys広報さん、ありがとうございます。

>「教える事が難しすぎる」

広報さんでも悩む時があるんですね(^_^;)

私は今年グランドに立てなかったおかげで、
「言葉のいらない指導方法」を一年中悩んでいました。

行き着いた所が「道具」による指導だったのですが、
あるレベルまでの到達は可能だと思いますが、それ以上は観察する時間や会話の時間がないと不可能とわかりました。

毎週現場に立って、言葉を使う指導者の方達がうらやましいです^^

広報さんが書かれていたように、
子供達には理論を言葉で伝えてるより、
「音」によるリズムが脳には伝わりやすく、子供の指導には適してると思います。

来年も宜しくお願いします。m(__)m
良いお年を!


◆肉団子3兄弟さん、ありがとうございます。

子供達にとってショートバウンドは恐怖なんでしょうね。
勇気をもってチャレンジしたことを
「べりーぐっどじょぶ!」
「ないすとらい!」
出来るまで褒め続けてあげたいですね!

来年も宜しくお願いします。m(__)m
良いお年を!


◆Oさん、ありがとうございます。

低くて速い送球のショートバウンドの方が、捕りやすいですよね。
(硬球のショートバウンドなんて、もっと簡単だとおもいます^^)

いつかは捕れるようになるものですが、
勇気を持って何度も繰り返しチャレンジをつづけてもらいたいです。

来年も宜しくお願いします。m(__)m
良いお年を!


◆穴金空歩人さん、ありがとうございます。

>自然にボールがグローブに入ってきます。

そう!この感覚ですよねヽ(´ー`)ノ

上手く捕ろうとグラブを動かしすぎると、余計に難しくしてしまうでしょう。
グラブを置いておけば勝手にボールが吸い込まれていく・・・
多分、素手の方がわかりやすいかも・・・
私もやってみます^^

来年も宜しくお願いします。m(__)m
良いお年を!


◆父だぬきさん、ありがとうございます。

私も高校時代にキャッチャーからセカンドに移り、なんでもないゴロでも膝を付いて体で止めようとする癖がありました。

「体で止めれば何でもOK!」の癖がつくとなかなか直りませんでした。

「ショートバウンドが捕れる!」
この事は子供達にとって大きな自信となるでしょう。

私の二の舞にならないように、チャレンジさせてます^^

来年も宜しくお願いします。m(__)m
良いお年を!


◆BB虎彦さん、ありがとうございます。

セカンドの守備は一塁への距離も近いですし、大事に捕ろうとする気持ちもあるのでしょうね。

ツーバウンドかスリーバウンドか?
セカンドゴロには「バウンドの読み」が必要だと思います。

この「バウンドの読み」ができてくると、セカンドはとても簡単でした。

たくさんノックを受けて、バウンドをたくさん見るしかないのですがヽ(´ー`)ノ

来年も宜しくお願いします。m(__)m
良いお年を!

Posted by metoo at 2008年12月30日 20:45
少年野球から遠ざかって久しいのですが、息子が少年野球をしていたときは、『下に叩きつけるキャッチボール』(わかりにくい表現で申しわけありません、チームでそう言ってましたので)と抱き合わせでショートバウンドの練習してました。監督が『絶対役に立つから』といってキャッチボールに取り入れてました。高いバウンドのゴロの多い(?)サードを守っていた息子には役に立ったと思ってます。

良いお年をお迎えください。
貴兄、貴社、貴チームのますますの御活躍をお祈りします。
Posted by ノブとツナ at 2008年12月31日 07:40
今年も後わずかですが、良いお年を!

来年も子供達を大きく育てていきましょう^^
Posted by ケロの父 at 2008年12月31日 23:48
今日の練習でショートバウンドチャレンジ、
パクッテしましました。<(_ _)>

みんな頑張ってチャレンジしてました。
Posted by 穴金空歩人 at 2009年01月04日 17:57
◆ノブとツナさん
明けましておめでとうございますm(__)m

チャレンジする前にショートバウンドに慣れておきたいですね。
真下に投げたボールをショートバウンドで捕るメニューは、リズムとタイミングをつかむ効果的な練習ですね。

今年もよろしくお願いします!


◆ケロの父さん
明けましておめでとうございますm(__)m

正月三日間で3kgは大きくなったでしょう!
もちろん私ですが^^

今年もよろしくお願いします!


◆穴金空歩人さん
明けましておめでとうございますm(__)m

ショートバウンドにむかう勇気を持った一歩は、後ろでバックアップしてくれてる仲間の為でしょう。そう考えると野球っていいスポーツですね^^

今年もよろしくお願いします!
Posted by metoo at 2009年01月05日 13:43
僕はキャッチャーをやっているけど全くショートバウンドが苦手でこの間の紅白戦で2点も取られるほどです。

キャッチャーはむずかしいですね。   
Posted by Y.T at 2009年01月12日 21:48
◆Y.Tさん、ありがとうございます。

本名ですといろいろ問題になるケースがありますので、こちらの勝手ですがイニシャルにさせていただきました。ご了承ください。


ショートバンドに慣れるには、
卓球などで小さいボール。
バスケットやサッカーで大きなボール。
ボールの大きさによって恐怖心が和らぎますので、
いろいろなボール協議でショートバウンドに慣れていくのも良いですね!
Posted by metoo at 2009年01月13日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック