2008年12月18日

球審スクワット

121801.jpg
右バッターを想定して、
@左足の位置を「ドン」と決める。
イスはキャッチャーとの距離とホームプレートをイメージ


121802.jpg
Aで「ドン」と一発で右足の位置を決める。


121803.jpg
Bで体を「ズシッ」と沈み込む。
インコースに体の中心が来るようにする。
(左バッターは逆)


「上手だなぁ〜」と思う球審の方は、
全投球が同じリズムで沈み込みます。

両チームのピッチャーが7回までに100球近く投げたとして、
球審は1試合で約200回もスクワットをしなければいけません。

イスを相手に
「ドン」「ドン」「ズシッ」球審スクワットを、
右打者100回!左打者100回!
一日200回のスクワットを頑張りましょう!
(週に2日くらい、雨の日サボリ^^)






先日の審判講習会でいろいろと教えていただきました。

私は、右足左足の順番だったり、左足右足だったり、1球ごとにバラバラなリズム。

これではキレイな球審には見えません。。。

※最初に左足の(左打者は右足)位置を決めておくと「ドン」「ドン」「ズシッ!」といつも同じ動作ができる。

※両足を肩幅の二倍くらい開いた方が安定感が良く見える。
(足幅がせまいと、その分余計に沈まなければいけないので疲れる)

※片方の腕を後ろに持っていくと、肩が開き、投手と正対しているように見えにくい。両腕とも体の前にあった方が正対して見える。

※足を前後にずらして構えた場合、後ろ足のつま先が開くと肩も開きやすい。


今までは片方の足を靴一足分下げていましたが、両足とも水平になるように変えてみました。



東京六大学野球の動画で審判の動きを見ていると、たくさん勉強になる事があります。


第8週
11/1(土)第一試合 早大vs慶大

この試合の球審さんは、
右バッターの場合、
もう最初から右バッターの後ろに隠れるように、
左足の位置を決めてから、右足を置きにいきます。


見逃しのストライクは
(ピッチャーナイスボールだよ!バッター打とうよ!)
元気良く「ストライク!」

空振りのストライクは
(バッター残念!)
空振りは誰が見てもストライクですから
小さく「ストライク」

空振りの三振は、
悔しそうにバッターが背中を向けてベンチに帰ろうとしてから、
(ナイススイングだけど残念だ、次の打席もあるぞ!)
そーっと「ストライクスリー」

「ストライク」のコールも、
バッターやピッチャーに語りかけているように見えました。



キレイに見える球審は、周りからの信頼も集まるでしょう。

今年の冬場は野球の指導よりも、
審判の勉強になりそうです^^


posted by metoo at 17:22| 千葉 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 審判 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は長い時間お仕事の邪魔してスイマセンでしたm(_ _)m

アマチア内規の撤廃により、低目がボール1個分下りますので、
アウトローに、ボールを吊り下げ
トラッキングの練習も加えると完璧ですね!

球審スクワット!週3回頑張ろう!
雨の日は・・・またお邪魔するかも(^^;)
Posted by K'Sクラブ20 at 2008年12月18日 18:53
お久しぶりです。
いつも中身の濃いブログで本当に頭が下がります。
私の所は、今シーズンも別れの季節がやってきました。4年前に出会った子供達がチームを巣立って行く日が近付いています。

感慨深く回想しているところです。

全日本には連れて行ってあげられなかったけれど、充実した一年でした。

metooさんのブログもヒントがいっぱいでパクらせて貰っています。


Posted by HAL at 2008年12月18日 19:00
他のブログのコメントにも書いたのですが、
私は紅白戦の球審で5イニングだけスクワットしました。
結果は腰が悲鳴をあげました ^_^;

球審、結構重労働ですよね。

Posted by ドラ夫 at 2008年12月18日 22:07
刈谷の審判はファインプレーの時のアウトのコールがひときわ大きいです。
『いいプレイだ!』とほめているのだそうです。
審判さんに感謝!
Posted by 苦労ホップことSkyboys広報 at 2008年12月18日 23:36
この立ち方を審判講習で教えてもらってから、球審のジャッジがしやすく楽しくなったこと思い出しました。^^
アウトコースを要求して体ごと極端に移動するキャッチャー君、私がピッチャーから全身丸見えなんですけど…、当初は照れちゃいましたよ。^^;
Posted by スマイルヒット at 2008年12月18日 23:54
へっ〜このように立つのですネ
まだ主審デビューしてないもので・・・^^

でも確かに「キレイな主審」っていらっしゃいますヨね
勉強になります。今度Jr戦で主審デビューする時には
このポイントを抑えて主審をしてみます!
Posted by まなパパ at 2008年12月19日 07:27
お呼びですか?とうとうHNを変える時がやってきました。重責です。私は体が小さいのでいかに大きく見せるか?を意識して構えてます。また、metooさんの仰るとおり投手・打者に心の中で語りかけることを心がけてます。2月に日本高野連の審判に教えていただいた一言を紹介します。「パイア=傾く」「アンパイア=傾かない人=公正なジャッジ」です。初めて聞いたとき鳥肌が立ちました!!!
Posted by 審判部長 at 2008年12月19日 08:00
◆K'Sクラブ20さん、ありがとうございます。

いつもご教授ありがとうございます。
雨の日はお待ちしてますね!


◆HALさん、ご無沙汰してますm(__)m

今年は仕事でほとんどチームに顔を出すことが出来ませんでした。

HALさんチームのホームページを見て大会結果は知っていました。県を制するのは本当に難しいのですね。

私達のチームは県大会に一度も出場した事がありませんが、今秋の中学野球部新人戦でOB三名が、K市で優勝して県大会の切符を手にしてくれました。

小学時代に花が咲かなくても、中学、高校で大輪を咲かしてくれたら、それも嬉しいことですね。

私の最初の教え子達が高校野球で頑張り始めました。
少年野球に長く関わると、OBの活躍も楽しめるのもいいですね。

手伝える時間は少しになりましたが、今後も少年野球に関わっていこうと思いますので、またどこかでご一緒しましょう!


◆ドラ夫さん、ありがとうございます。

私も腰が痛くなる事がありましたが、スタンスを広げたせいで腰への負担が減りました。

球審が一番重労働ですが、一番ゲームをコントロールしてる充実感がありますよ^^


◆Skyoboys広報さん、ありがとうございます。

ファインプレーは大きな声でコールしたくなりますね!

1試合球審を務めると、腹筋が筋肉痛になります。
ふだん大きな声を出してないからでしょうね^^


◆スマイルヒットさん、ありがとうございます。

丸見えは、恥ずかしいと言うか、怖いですよね^^

冬は塁審より球審の方が暖かいので、
春まで球審で頑張ります^^


◆まなパパさん、ありがとうございます。

先日教わったことなんですが、
「主審」と「球審」と、呼び方を分けてるそうです。

審判4人と控え審判1人をいれて5人の中から、
責任審判員を1人決めるそうで、
この責任審判の方を主審とも言うそうです。
私も先週まで「主審」と呼んでました。

と言うことで、球審デビューがんばってください!^^


◆審判部長さん、ありがとうございます。

>「パイア=傾く」「アンパイア=傾かない人=公正なジャッジ」です。

この言葉いいですね!
もつ煮込み一杯おごらせていただく代わりに、
私も使わせていただきます!^^
Posted by metoo at 2008年12月20日 18:06
『球審スクワット』、正にその通りですね!
初めて球審を二試合した時は、翌日両足がパンパンに張った事を覚えています。
あと、ノーランナーでの内野打球時のバッターランナーのフォローも堪えますね。
スクワットにダッシュと、真夏のインサイドプロテクターもきついです。
総じて、球審は重労働と言う事ですね。
本当に好きじゃないと出来ませんよ(笑)
Posted by オージィーコーチ at 2008年12月20日 19:03
◆オージィーコーチさん、ありがとうございます。

45fラインまでのダッシュも疲れますね^^

明日は今年最後の審判にでます。
ぽかぽか陽気で晴れるといいなぁ〜
Posted by metoo at 2008年12月22日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック