2008年10月09日

セカンドルックから

ボストンレッドソックスの松坂投手

2007年 32試合登板
15勝12敗 防御率4.40。204,2/3イニング。被安打191。四球93。三振201。球数3479。

2008年 29試合登板
18勝3敗 防御率2.90。167,2/3イニング。被安打128。四球101。三振154。球数2904。

1年目の成績を大きく上回り、見事な結果を残しました。

6月に故障者リスに入り登板数はへりましたが、
開幕から10試合で8勝
シーズン終盤の11試合は6勝1敗と、プレーオフ、そしてリーグチャンピオンシップ゚へと、レッドソックスを引っ張りました。


松坂投手はボールを強く握らず、
脱力で投げるタイプだと私は見ています。
「力を抜く映像」

二年目でメジャーのボールに慣れてきても、
まだまだボールはすべるのでしょう。


今年、松坂投手は髪型を変えて、後ろえりあしを伸ばし、ちょっと昔のヤンキー君のようなヘンテコリンな髪型にしました。

また、松坂投手はメジャーに行ってから、アンダーアマーを着ていません。

メジャーに渡り、
松坂投手に必要になったのは『汗』です。

ブローブをはめている左手の汗
おでこの汗
首元の汗
ヘンテコリンな髪型に変えてまでも欲しかった^^
「後頭部えりあしの汗」

湿度の低い乾ききったアメリカで、松坂投手は懸命に汗をボールに塗りまくってます。

イニングの合間も、松坂投手はベンチ裏に入りっぱなしです。
ベンチの裏で温かいスチームを浴びて、汗をかきやすくしているのか、温かい飲み物で体温を上げ続けているのか、これはテレビに映らないので、ぜひベンチ裏で何をしているのか?質問してみたいですね。



今回のお題
「セカンドルックから」

松坂投手のピッチングで素晴らしい点は、
ランナーが出てからだと思っています。

今年も四球が多かったです。
私がたまたBS放送で見た試合では、ツーアウトからの四球が多く見られました。ツーアウトになると、変化球や、ピッチングフォームなど、いろいろ試しているようにも見えました。ツーアウトだから四球を出してもいいや!くらい、ツーアウトから実験をしているように見えました。


さて、
どうして松坂投手がランナーを出してから、いいピッチングができるのでしょうか?

私は、西武時代から、
ブルペンでセットポジションから投げる松坂投手を覚えています。

05090-1.jpg

必ず試合前の投球練習で

「セカンドルックから」セットポジションで投げていました。

ピッチャーはランナー二塁の投球が一番難しいと思っています。
キャッチャーを見ないで、足を上げるタイミングでキャッチャーを見るのですから難しいに決まっています。

この「セカンドルックから」を練習している投手は、リリーフ投手ではよく見かけますが、松坂投手は先発ピッチャーです。



「セカンドルックから投げた方がストライクが入るんだよね!」


松坂投手には聞いたことがありませんが、
きっとセカンドルックからの投球に自信を持っていると思います。

「二塁にランナーがいても関係ない」

「二塁にランナーがいた方が投げやすい」

「二塁にランナーがいる時が自分のピッチング」

ランナーが二塁にいて、一打同点のピンチになっても

前向きな考え方が、前向きな取り組み方が、結果を前向きにすると思います。


フォアボール出したらどうしよう・・・・・

ランナーが二塁にいるのがイヤだなぁ・・・・・

そんな考え方ではなく、

常にブルペンでセットポジションをする時は、

必ずセカンドルックから練習を積み重ねておく。

ランナー二塁が大好きなピッチャーに自分を作り変える。



野球は考え方しだいで、

ピンチにもチャンスにも変わるスポーツですね!^^

posted by metoo at 17:51| 千葉 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 投げる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど汗ですか
去年の序盤は注意されるまで 結構手を舐めていた記憶もあります。

>野球は考え方しだいで、ピンチにもチャンスにも変わるスポーツですね!

そうですね私はツーアウト3塁で自分で自分を追い込んでしまっていました。
そんな思いを子どもたちにさせない為に、「魔法の言葉」ですか〜
なんだろうか・・・
Posted by ケロの父 at 2008年10月10日 01:48
お久しぶりです。

本当にいつも勉強させていただいております・・・感謝です!!

KOH君より一つ上の高校1年の投手の親です。

早速、セカンドルックやらせます!

愚息の高校は秋季大会まだ残っています。
全国レベルの同学年投手は高い高い壁ですがなんとかマウンドに立たせてやりたいと思っております。

本人はバッピーでもすごく楽しんで毎日がんばっているので、後1年半ラストスパートです!
Posted by バカ親 at 2008年10月11日 08:09
松坂、今日初戦の先発ですね。

セカンドルックと言えば、セカンド見たまま投球開始すると今はボークとられるんですか?
Posted by 少年野球コーチ at 2008年10月11日 08:38
◆ケロの父さん、ありがとうございます。

昨日の松坂投手の記事です。
http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=17455

>満塁で今季14打数ノーヒットと粘り強い松坂の真骨頂。

満塁でなぜ打たれないのか?
すごいですね!松坂投手^^

ただのピッチング練習ではなく、満塁で打ち取る為のピッチング練習を積み重ねているのでしょう。


◆バカ親父さん、ありがとうございます。

このセカンドルックをやってるチームは、小学、中学、高校と見たことがありません。

「セカンドルック」流行らせましょうね^^


◆少年野球コーチさん、ありがとうございます。

>セカンド見たまま投球開始すると今はボークとられるんですか?

私も良く分かりませんが、
日本だけのローカルルールでしょう^^

http://jp.youtube.com/watch?v=x-yIBep300U

ちなみに上の動画ですが、K'Sクラブ20さんから紹介してもらいました。

少年野球コーチさんは「ボーク」と言えますか?^^
ピッチャーが変わってすぐの牽制球だそうです。

Posted by metoo at 2008年10月12日 12:15
セカンド見たまま投球動作の開始なら
何も問題ないと思います。

顔が打者に正対して投球しないときは
危険球の適用が望ましいのかな?
Posted by K'Sクラブ20 at 2008年10月12日 16:56
セカンド見たまま投球動作に入ると今年からボークになるって聞いたんですけど、そんなルール見たことないし・・・と思っていました。うちの地域連盟だけなのかな?清く正しくないってことで・・・笑。
さすがに、これでボークとられたのは見たことは未だにありませけど。

YouTubeの動画ですけど、私ならボークとっちゃうかもしれませんネ。投球動作に入ったと判断してしまうと思います。でも、一連の牽制動作なのだと言われれば、そうなのかもしれません。
でも、個人的な感想ですけど、“いただけない”って感じです。トリックプレーというよりも、チートプレー、ルールの悪用なような気がします。
Posted by 少年野球コーチ at 2008年10月13日 18:36
◆お二人様へ

(8.05f)投手が打者に正対しないうちに投球した場合

このルールしか発見できませんでした^^


打者と正対しないうちに・・・

このルールにより、
岡島投手は今後の全ての投球がボークになる???
そんなことはありませんね^^


走者三塁のケースでも、
三塁走者を見ながら自由な足を上げてもボークにはなるのでしょうか?

ソフトバンクの斉藤和己投手は、ワインドアップでも、自由な足を上げたあと、一度三塁ベースを見てから投げてました。

地域によってルールが変わるのも仕方がないのかなぁ〜と思います。

ストライクゾーンも全国共通ではありませんからね^^

Posted by metoo at 2008年10月13日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

すよし小学校のグラウンド
Excerpt: 今日、四校対こうとゆう大会がありました。 1回戦目は、先々週勝った事があるチームだけど心配でした。 その予感は当たり、最終回ランナー1、2るい2アウト、2ストライク1ボールで「もう終わりだ」と思ったけ..
Weblog: よしきの『こだま日記』
Tracked: 2008-10-16 15:32