2008年09月08日

ネタ探し

08090801.jpg
走者二塁から、センターの左へ前ヒット


08090802.jpg
二塁走者は楽々ホームイン。
センターからバックフォームを見て、
打者走者は二塁へ。


08090803.jpg
キャッチャーの二塁への送球が大きくそれて、
打者走者までホームイン。


最近、子供達とのミーティングをする時の、
「ネタ探し」と言う目で野球を見るようにしています。


今年甲子園に出た高校の練習試合を見に行った時、
その高校の野球部員と話をする機会がありました。

「今日ボク、走塁のネタ探しなんですよ〜〜〜」

「試合後のミーティングで、走塁についての議題を見つけなければいけないんです」

よく試合後のミーティングと言えば、
監督が今日の反省をみつけ、今後の課題として話をする姿を見かけます。

この甲子園出場チームは、
監督さんが子供達に反省材料、もしくは新しい発見を見つけさせます。


上に書いた図もそうですが、
「キャッチャーからの送球は、ライトとレフトもバックアップできるかな?」
子供達でも見つけやすい試合中の「ネタ」反省材料だと思います。




城島選手が先日こんなコメントをしてました。

城島、三盗阻止に誇らしげ「初めてのプレー」

三回一死一、二塁。
二塁を狙う一塁走者を刺すサインだったそうだが、一塁走者はスタートを切らない。ここで機転を利かせたベルトレが三塁カバーに入り、サイズモアの盗塁を阻止した。


前もってミーティングで、
一二塁のダブルスティールで、
足の速い二塁走者を三塁で刺すのではなく、
足の遅い、スタートの遅れる一塁走者を二塁で刺すサインも決めていた。
と言うコメントだと思います。


例えば
私はキャッチャーをしていた時、
ランナー一塁で右打者のアウトコース低めのショートバウンド。
このショートバウンドを逆シングルですくって、
1歩だけ多く飛び出した一塁走者をアウトにしたい!
絶好のチャンスなのに、、、
一塁手も気が付いてくれていないし、
ライトも一塁のバックアップに一歩も動いてくれていない。

こんな事がミーティングの材料になりました。


例えば
少年野球でも高校野球でもホームのクロスプレーを見ていると、
みんなキャッチャーマスクを脱ぎ捨てています。

間違ってランナーが突進して来て激突したら?

メジャーリーガーのように、キャッチャーマスクでキャッチャーヘルメットを押さえていた方が安全かもしれません。

こんな「ネタ」も落ちています。


例えば
『江夏の21球』

スクイズでキャッチャーがウエストの構えをした時、
カーブの握りだったらどうしよう?
そのままカーブの握りでウエストボールを練習したことがあるだろうか?

中学生なら、もうここまで嗅ぎ付けてもいいでしょう。







先日、オリンピック女子ソフトボールの金メダルと振り返るNHKの番組を見ましたが、

決勝戦でホームランを打った場面

ベンチからみんなの声が

「上!!!」と叫んでいました。

先発左投手のライズボール「上」とチェンジアップ「下」
一塁ベンチからクセを見抜いて打者に伝えていたんですね。




グランドに落ちてる

たくさんの『ネタ』

たまには探しに行きたいけど

なかなかグランドに立てないなぁ〜^^

posted by metoo at 22:51| 千葉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この図と似たような状況(ライト前ヒットでしたが)を見たことあります。
センターがライトのバックアップに行ったので、セカンドの後ろはガラ空き・・・

選手同士でよく話し合っておく必要がありますね。
Posted by BB虎彦 at 2008年09月09日 03:24
 え〜と…。

 上のイラストの1枚目と2枚目を見て、
『ライト!よそ見してんじゃねぇ!』
って、ツッコミを入れていたのは…私だけでしょうか。(^^ゞ

 まだ低学年とかだと…自分のところに球が飛んで来ない限り、
微動だにしない選手って…いるのよねぇ…

 それにしても、3枚目では、ライト君が球筋を見ているあたり…
もぉ〜、本当に芸が細かいんだから…。
Posted by でぃあ at 2008年09月09日 10:44
だいたい試合が終了すると同時に「ミーティングで何を話そうかな?あのプレー、このプレー、エトセトラ・・・」まず考えますね!実際にプレーしている子達に考えさせるのはいいですね!ただし、小学生には難しいかな?中学高校生からかな?
Posted by へたくそコーチ at 2008年09月09日 13:51
自分の印象に残った場面(≒失敗)を、思いつくままに指摘するスタッフ。遠目で眺めている父兄としては、ビデオとは言いません、せめてスコアブックを確認しながら、試合の流れで振り返ればいいのに・・・と、いつも感じています。
近所の他チームでもあまりそんな光景は見られないので一般的ではないのかな?とも思ってますが、、、

指摘モレやホメ忘れも無くなるし、特に子供たちは、失敗を「叱られる」ことよりもナイスプレーを「褒められなかった」方が後々まで引きづることが多いようですからね。
Posted by イボチャン at 2008年09月09日 17:16
最近チビの学童野球を休暇にして頂き長男のシニア観戦をする機会が増えました。
選手、ベンチ、審判のネタ探しをしてしまう自分がいます。これは学童で使えるな、これは長男に言っとかないといけないなとか・・・
勝った負けただけじゃつまらないもんね。せっかくね休暇だし。

Posted by RK at 2008年09月09日 18:53
このシチエーションでは、以下の状況が考えられます。学童の場合のセンターはかなり前ですよね。でこの時セカンドランナーは、野球を知っている子ほど、スタートは切れないってことないですか。
取られてゲッツーあり、ワンバウンドのするどうあたりで三塁アウトもあります。この判断は難しいはずです。
特にセカンドランナーが居る場合、牽制暴投を見てセンターは前に意識が集中してますよね。結構みてきましたので、あしからず。
Posted by 少年野球の場合 at 2008年09月10日 00:59
すみません。いいたかったのは、硬式、中学野球、学童、リトル、ソフトではちょっとしたところ、というか重要なところで全然違うことがあるので、必ずしも上をみればいいということを子どもたちに教えても意味はないですよね。
ライトゴロって典型ですが。
Posted by 少年野球の場合 at 2008年09月10日 01:08
◆BB虎彦さん、ありがとうございます。

キャッチャーから見ていると、バックアップにいない箇所がすぐに見つけられますが、実際に自分が外野手を守ると、気が付かないものなんですよね^^

たまにはポジションを変えて練習するのも、大切なことでしょう。


◆でぃあさん、ありがとうございます。

でぃあさん、流石です!^^

ライトは秋の空を見上げて、トンボを探してる絵です^^


◆へたくそコーチさん、ありがとうございます。

小学生にもホワイトボードなどを使って、一緒に考えるといいでしょうね。

子供達にとって試合は大切だと思いますが、
試合後の練習の方がもっと大切だと思います。


◆イボチャンさん、ありがとうございます。

私はどんなに長くても、大人が話をするミーティングは5分で十分だと思っています。

30分も40分もだらだら大人に話をしても、子供は誰も聞いてないし、さっさとグランドで練習した方がいいでしょう^^


◆RKさん、ありがとうございます。

私もしばらく中学硬式野球を見ましたが、ネタだらけでした^^

特に神奈川方面の審判!

下手なわりに態度はでかい!イライラしますよ〜^^


◆少年野球の場合さん、ありがとうございます。

いろんな考えがあっていいんじゃないですか?

あえて難しく考えなように「走者二塁」とアウトカウントを入れていませんので・・・
Posted by metoo at 2008年09月10日 15:18
そんなんでいいのですかねと突っ込みたくなりましたが。この場合試合を左右する状況の場合が多いので、初めて学童コーチさんが一番迷うところです。
でおっしゃるようにだから、野球は面白いのです。
Posted by 少年野球の場合 at 2008年09月11日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック