2020年05月25日

スポーツとはなんぞや

51m9x89A4+L._SX344_BO1,204,203,200_.jpg

スポーツ立国論: 日本人だけが知らない「経済、人材、健康」すべてを強くする戦略
安田 秀一 (著)



高野連がダメだ!
高校野球がダメだ!

それはわかる。

けど、どうしていいかわからない。

このモヤモヤが整理できる一冊です。




著者の安田秀一さん
Wikipedia



2002年に少年野球にかかわってから
・技術を伝える野球指導者
・体を作るトレーニングコーチ
・回復・予防を教えてくれる理学療法士
素晴らしい人材が日本中に溢れるようになりました。

次の10年は
スポーツの仕組みを変える人、作れる人だと思います。

スポーツは大きく社会を変えることができる「コト」です。
「モノ」ではなく「コト」を動かす時代へ。


スポーツがなんなのか、頭がすっきり出来た一冊でした。


・スポーツで地域「経済」が活性化される
・スポーツで稼いだお金を教育に再投資し「人材」が育つ
・スポーツで「健康」になり社会保障費が削減できる

スポーツは国をつくる

野球を教えていることが
日本を作っていることに繋がっている

今まで欲しかったのはこの一言だったのかもしれません。


posted by metoo at 07:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする