2019年09月07日

8000人



お客さんが8000人も入った、12歳世界一を決める決勝戦。

すごいですね。



wanpaku.jpg

私は少年野球も高校野球もチビッ子わんぱく相撲大会も同じ気持ちで見ています。

子どもが一生懸命頑張る姿を、
大人が一生懸命にサポートする。

これが子どもスポーツの基本だと思ってます。


たくさんの大人の声が子どもを大きくする。



高校の教師だけが高校野球を見ている

この構造では子どもが伸びないですよね。



高校のグランド以外に野球が出来る場所

さてさて、どうしましょうか・・・





12歳〜18歳まで
しばらくは台湾に勝てない時代となりそうです。

posted by metoo at 14:06| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

ここで何を言うか

20190906-09061019-nksports-000-6-view.jpg

ノーヒットノーラン千賀投手
おめでとうございます!

ヒットが打てなかったロッテ選手達に
井口監督はどんな言葉をかけるか・・・


負けた時こそ、どんな言葉を使って、何を伝えるか

選手と指導者、とても重要なタイミングです。




20190906-09060313-nksports-000-8-view.jpg

タイブレークでサヨナラ負けをした18歳の侍ジャパンへ

監督・コーチはどんな言葉をかけるか・・・




明日も明後日も、これからもずっと野球生活を続ける選手達に向けてどんな言葉をかけたらいいのか。

こういう試合って必ずありますし、ここから選手達は必ず強くなります。


ここでどんな言葉をかけるかでどんな指導者かが決まります。







SnapCrab_NoName_2019-9-6_23-2-21_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2019-9-6_23-3-54_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2019-9-6_23-5-18_No-00.jpg


U18も限界じゃないですかね。

学校と野球

そろそろ切り離さないといけないのかなぁ。


今年もアジアで3番目です。

台湾に負けて韓国に負けて

なぜ日本だけが部活動の延長に世界大会があるのか。




ミスで負けたんじゃない、エラーで負けたんじゃない、

打てないから負けた

もう一つの理由は

負けは「組織の負け」

高校生が負けたんじゃないんです。

高校生をまとめる組織が負け続けてるんです。



大会は残り2日間二試合。

選手の皆さん頑張って!




毎日グランドで汗を流し続ける高校野球児

(俺達の高校野球って 世界でこんなに弱いんだ)

そう思ってるだろうなぁ・・・



posted by metoo at 23:19| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

日本と韓国 ダブルプレイ


こちら韓国のダブルプレイ、上手ですね。


こちらは日本のダブルプレイ


えっ?!!


SnapCrab_NoName_2019-9-6_19-32-22_No-00.jpg


あ〜〜〜残念



日本も二塁走者のサイン盗みやめましょうね。




posted by metoo at 19:33| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

JAPAN JAPAN JAPAN

19090501.jpg

18:00〜


19090502.jpg

19:20〜


19090503.jpg

21:00〜


野球

サッカー

バスケ

つづけてJAPANを応援。

今日は日曜日か?と思うくらいスポーツを楽しめる一日でした。


特にバスケットボール

JAPAN vs USA 

この試合は日本バスケットボール歴史の始まりといってもいいくらい、見といて良かったゲームでした。

どんなスポーツ競技でも始まりは「ゼロ」からですよね。


この試合を見てすぐにスラムダンクを読み返したくなりました。




DREAMTEAM.jpg

ドリームチーム

バルセロナオリンピック

すごいメンバーだったなぁ。。。



SnapCrab_NoName_2019-9-6_0-16-54_No-00.jpg
あれっ?また三位だ!^^
今度は何日もつことやら・・・




お世辞でもうれしいコメントですね。

日本人は本当にコレです。

「諦めない」


また、さすがアメリカだなあと思ったのは、

日本から100点目をとらなかったことです。




posted by metoo at 00:11| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

恵みの雨

jpp.jpg

WBSC U18 WORLDCUP BASEBALLより


オープニングラウンド5試合を4勝1敗。
スーパーラウンドに勝ち進みました。
この5試合、日本は35インニングしか試合をしてません。
普通にやれば5試合9イニングで45イニングですが、なんと10イニングもピッチャーを使わずにすみました。

さらに

118.jpg

この二人はまだ1球も投げていません。

SnapCrab_NoName_2019-9-5_17-4-55_No-00.jpg

日本はベンチ入り20人中9人がピッチャー、5試合を7人のピッチャーで戦い抜き、2人の投手をを温存しながらスーパーラウンドまで勝ち上がりました。それも35イニング、約4試合分のイニングを7人で回すことができたのは

「恵みの雨」ですよね^^



佐々木君もスーパーラウンドはいけそうですね。

今日から

9月5日 カナダ 先発奥川くん
9月6日 韓国 
9月7日 オーストラリア
9月8日 決勝戦 

4日間で四試合を戦い世界一を目指します。




世界一を目指す他のチームを見てみます。

usap09.jpg

アメリカは20人中 丸印8人をピッチャー登録してますが、四角印の四人もマウンドに上がり、計12人をピッチャー経験させています。今日9月5日オーストラリアに勝ちましたので、残り3日間三試合を状態を見ながらベストな投手陣で回してくるでしょう。



tpi0905.jpg

私が気になっているのは台湾です。

まだこの試合で投げた
36番くんが一度もマウンドに上がってないんですよね。

身長198cmで150km/hは投げる投手です。
ケガをしたのか分かりませんが、この大会で最も重要な試合で使ってくるのではと予想してます。



SnapCrab_NoName_2019-9-4_13-59-36_No-00.jpg

スーパーラウンドまで、奥川くんと佐々木くんを使わないで勝ち上がる。

日本は計算通りに進んでいます。(後付け)笑


カナダ、韓国、オーストラリア
どんなチームなんでしょうね。
でかいんだろうなぁ^^
posted by metoo at 17:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

次の時代


次の時代に待っているのは

スイング解析です。



こういう動画が作れるならば



19090301.jpg

いずれ三次元のミートポイントマップが作れる時代がくるのではないか。

また、ポイントごとにスイング軌道の違いが見れる時代がくるのではないか。

赤に近いコースはフライを打つ確率が高いミートポイント。
青に近いコースはゴロを打つ確率が高いポイント。

1_EU-RIbZUG0k9yh5MjKewQg.png

二次元のマップじゃなくて三次元。

ど真ん中を.400打つことが分かっても、どの球種をどのポイントでどの方向に打つのかが見えてきません。

この球種を投げると、このポイントは、このスイング軌道でゴロ打球が多くなる。

しかし、この球種を投げると、同じコースでも、このスイング軌道でこのミートポイントでフライが多くなる。

真ん中低めが.125だと分かっても、それがゴロアウトなのか、外野フライアウトなのか分からないと、犠牲フライでサヨナラ負けになってしまいます。




このコースだけは横ぶりスイングをしてしまう・・・

打者のスイングを解析し、なぜ空振りするのかが見えてくると、より何を打たせたいかが見えてきます。

ピッチャーは、バットとボールを1cmずらせれば勝ちなんですから。

打者のスイングスタイル、スイングのクセが分かるスイング解析。

そんな次が来ると予想してます。


ピッチャーにとって最高のボールとは、
バッターにとって最悪のボール。

じゃ、このバッターにとって最悪の球種とコースと球速は?



ドジャースがVR打撃練習を始めたようですね。
早く家庭まで来ないかな^^



posted by metoo at 00:32| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

ベースがら空きあるある

四人制審判でランナーがいない場合あまりベースが空くことはありませんが、ランナーが出るとがら空きになってしまうケースが多く見られます。私もミスをしないように、あるあるケースをまとめてみました。



190903101.jpg
まずは一塁が空いてしまうケースです。

走者一塁エンドラン
ライト線への打球を1Bがゴーアウト
ライトがキャッチして一塁へ送球、
一塁走者が急いで戻ったが、
一塁に審判が誰もいない・・・



190903102.jpg
次は三塁が空いてしまうケース

走者二塁
レフト方向への打球を3Bがゴーアウト
例えばタッチアップとしましょう。
二塁走者がタッチアップで三塁に走ったけど、
三塁に審判が誰もいない・・・
【注意】二塁審判のスライドを勉強する



190903103.jpg
次は二塁が空いてしまうケース

同じく走者二塁
左中間を抜けた打球を3Bがゴーアウト
2Bは二塁走者の三塁触塁を確認
打者走者はツーベースヒットを狙い二塁へ
二塁に審判が誰もいない・・・
【注意】一塁審判のリミングとピボットターンを勉強する


走者二塁の動きですが
2016年04月13日 球審ステイとカウンター
カウンタークロックワイズ、反時計回り
私は「球審ステイはカウンター」と覚えるようにしてます。



球審が「ステイ」のサインを出した場合は2Bは三塁を1Bは一塁二塁を見る。反時計回りの動きがあります。


走者二塁からのゲームノックする場合、審判はすぐにでもグランドに入り込み何回でもやりたい審判練習です。どんどんゲームノックに入らせてもらい練習したいですね。


ゲームノックでもう一つ参加させてもらいたいケースがあります。
それは走者三塁です。

190903106.jpg

190903105.jpg

190903104.jpg


走者一塁 クロックワイズもあり
走者二塁 カウンタークロックワイズがある
走者三塁 ベースがら空きが分かりやすい

今のところ、私の頭はこんな感じです。

走者を一人だけ置いて動きを丁寧に確認。走者を増やし、タイムプレイ設定を入れ、さらにわざと妨害設定を作りながらキャップゲーム作りへ。審判は試合だけでなくもっと練習をしたいですね。



各地域の連盟によって動きが異なる場合があります。ご自身の地域で確認されることをお願いしておきます。

posted by metoo at 16:51| 千葉 ☁| Comment(0) | 審判 | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

成長BOX

野球には【成長BOX】というのがありまして、
この箱の中に入るとドンドン成長していきます。

箱の中身は五つです。

・競争 より多くの好敵手と
・緊張 より多くの期待を背負い
・愛情 より多くの声援を受けて
・笑顔 より多くの仲間に支えられて
・感謝 より多くの幸福を感じながら

世界大会はまさに成長BOXです。
一球ごとに木製バットの特徴をつかみ、わずか一振りで今までになかった感覚をつかんでしまいます。今まで見たことのない外国人選手と出会い、その動きを一瞬で真似して自分を進化させる。失敗しても成功しても大きな成長が待っている侍ジャパン、侍ジャパンに野球選手はもっともっと憧れて、侍ジャパンを目指して欲しいです。


競争がない、緊張がない、愛情がない、笑顔がない、感謝がないグランドで野球をやってみてください。グランドからなにも感じませんよね。


あと世界大会を見ていていつも思うけど、
そろそろ一人くらい英語が喋れる選手がいてもいいよね^^





どこの国でも子供の笑顔はいいですね。
posted by metoo at 14:44| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

27分の2あるプレイ

ONE01-Opt.gif

ONE04-Opt.gif


1試合に2回あった
ゆるいゴロを前にダッシュして
ワンハンド、ワンフットで捕るプレイ。
大事な場面でこの二つのプレイが完成したことはとても大きなプレイだと感じました。
小さいころからたくさん練習してきたんでしょうね。

SnapCrab_NoName_2019-9-2_14-9-1_No-00.jpg

2017年02月07日
守備を変えるなら右足右手投げ







SnapCrab_NoName_2019-9-2_14-11-58_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2019-9-2_14-17-22_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2019-9-2_14-17-30_No-00.jpg

内野ゴロには三つの姿勢がある。
ONE-HAND , ONE FOOTがバックハンドとフォアハンドがあり
TWO-HANDS TWO FEETの正面が一つ。

分かりやすい図ですね。


ONE03-Opt.gif

ONE02-Opt.gif

アメリカのショート君もいい動きでしたね。



さてさて 昨日のアメリカ戦の感想ですが、
先発した林君はチェンジアップを投げたのかな?それとも雨で投げれなかったのかな?それともわざと隠したのかな?奥川君、佐々木君が投げることが出来ないのなら左投手林君の出番が多くなりそうです。最後に投げた左投手17番宮城くんもいいピッチングでした。西君、前君、飯塚君、投手の継投も良かったですし、今の高校生はスライダー回転を自由に扱えますね。横に滑らしたり縦に落としたり小さく動かしたり、リーグ戦ですから一回買ってももう一度必ず対戦するアメリカ戦に向けて大きな自信となったことでしょう。アメリカ右投手が投げるチェンジアップは見たことがない変化なのでしょう。初めて世界大会を経験する18歳の選手が、一試合ごとに一球ごとに成長する姿をみてると興奮が止まりませんでした。

posted by metoo at 14:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 守る | 更新情報をチェックする