2019年08月09日

今、注目すべき問題点

19080902.jpg

投手の障害予防に関する有識者会議(第1回)より

議事要旨(PDF)

ガイドラインが出来上がり、投球制限を超えて投げさせ故障をした場合
・指導者は訴えられるのか?
・誰が治療費を払うのか?



19080901.jpg

投手の障害予防に関する有識者会議(第2回)より

議事要旨(PDF)

大会試合が集中する後半に対しての一定期間だけ、あるいは四試合に対して一定の投球数制約を設ける、にまとまりそうです。

本当にこれでいいのでしょうか?

今大騒ぎしないと、第三回、第四回11月末で決まってしまいますよ。


もし
選手が故障した時
選手が命を落とした時
責任を取る人間は誰なのか?

SnapCrab_NoName_2019-8-9_14-20-38_No-00.jpg

やはり八田会長ですよね。







鈴木大地長官
私の提案はコレです。
2019年07月25日
日程を短縮し試合数を増やすと投手は自然と増える
世界大会をモデルにする。

・試合会場を増やす
・日程を短縮できる
・試合数を増やせる
・投手数が自然と増えてしまう

鈴木大地長官
試合会場を増やしてください!
日程を伸ばすのではなく
試合会場が増えれば全てが変えられます。
お願いしますm(__)m







少年野球では2020年からガイドラインが各支部の判断で始まります。

全軟連ホームページ

SnapCrab_NoName_2019-8-9_14-31-2_No-00.jpg

学童野球に関する投球数制限のガイドライン

各地域連盟でしっかり話し合い、各チームでもしっかり話し合い、もし故障者が出た場合、どのように対応するのか話し合っておくべきでしょう。

SnapCrab_NoName_2019-8-9_14-35-34_No-00.jpg

1日6時間練習して選手の体調具合が悪くなったら、、、、、

チームはどうしますか?



posted by metoo at 14:19| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

安全

SnapCrab_NoName_2019-8-9_13-23-12_No-00.jpg

最後まで戦いたい、あきらめたくない、野球は9回ツーアウトから


わかりますよ、その気持ちは。。。。



今世の中は「より安全に」「より健康的に」「スポーツとは」に注目が集まってます。


この試合で最も危険なのは誰か?


それは球審さんです。

球審さんの命に関わる試合を

高校生の最後の試合、気持ちを込めて頑張ってます。


10代の若者、選手はゲームの半分を涼しいベンチで休めます。

球審の、60に近いおじさんが防具をつけてずっと走り回ってます。

頭がぼーっとして、汗が止まる頃には頭痛が始まり、呼吸が苦しくなり、テレビを見ていて球審さんが両膝に手を置く姿勢が多くなってくる・・・これは倒れる寸前の合図だと思ってください。




球審さんは5回で変わってあげてはどうでしょうか。

高校生は未来があるから・・・
誰もが守ってくれますが、

60近いおっさんの命を誰かが守ってあげないと死んじゃいますよ。








hardball-bat2.jpg

もう一つは金属バットです。



そろそろ日本も「BBCOR」を使った方がよさそうですね。

SnapCrab_NoName_2019-8-7_23-28-15_No-00.jpg



トレーンングを積み重ねて
・投球速度が高まった
・打球速度が高まった
 ↓
・危険も高まった

反発力を抑えた金属バットを考える時期でしょう。

調べたことはありませんが、大学野球の木製バットより高校生の金属バットの方が打球速度は高いでしょう。


ホームランが打てれば楽しい嬉しいもっと打ちたい!

しかしそれは、金属バットの技術、木製バットの芯を覚えるにはまた一から技術の作り直しです。


2017U18worldcup.gif

それは、8月30日からのこの大会で何年も前から分かっていることです。





・得点差が開き過ぎる試合は、選手も危険ですが球審の命に関わる試合です。

・投球速度、打球速度が上がれば、守ってる野手の危険が高まります。



パワーがついたのはわかりました。

ここで一度逆戻りすることになりますが

投球制限の問題と同じ時期に、違う安全問題も考え始めてはいかがでしょうか。


posted by metoo at 13:44| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする