2019年07月09日

ロッテの応援が好きな所

IMG_7917.jpg

雨が降る中でのクーリッシュ
寒かったぁ〜(TT)



プロ野球は応援の音がうるさくて
メジャーの試合はそれがなくていいって話をよく聞くけど

まぁ、それは人それぞれなんで

どっちに行こうが他人の勝手でいいでしょう。



ところでロッテの応援なんですが

他の球団と違うのは

選手の応援歌がメインじゃなくて

選手名のコールがメインです。





いろんな選手名のコールがありますが

バッターがボールを打つ瞬間

応援の声が止まる瞬間があります。

全部ではありませんが

ピッチャーがボールを投げる瞬間に

コールが止まり

球場がシーンとなり

バットにボールがあたる「カキーン!」を楽しめます。




盛り上げる時はガンガン声を張り上げ

見たいときはシーンと静まる。

これがロッテの応援の好きな所です。


ランナーが二塁に進むと一回の表でもチャンステーマ鳴らすようなことはまずありません。


序盤は静かに野球を楽しみ

中盤から選手を盛り上げ

終盤に追いつき追い上げ突き放し勝利を呼び込む


野球を楽しみ、応援も楽しみ、地元を応援する




昔は勝つことだけがファンサービスでしたが、

今は野球場ではなくボールパークの時代です。

何を着ていこうか?何を食べようか?どんなグッズがあるのかな?

スタジアムに足を運ぶことが最大の楽しみであって

ゲームの結果はサービスの一つとなってきました。

選手とファンが一丸となって戦い優勝だけを目指す・・・

もちろん応援してるチームには勝ってもらいたいですが
それだけなら、ラジオでもネットでもいいんですよね。



またZOZOマリンに行こう!

ってなるのが最近のプロ野球だと感じています。


posted by metoo at 17:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

一軸ドリル

ACUNA01-Opt.gif

JOC01-Opt.gif

BJ01-Opt-Opt.gif


ボールを遠くに飛ばすには
共通な動きがありますね。

私がいつも見ているのはベルトのバックルの動きです。体の回転と一緒に回りながらバックルが下に動いて、バットとボールが当たるくらいに今度は上に動いてます。どうしてこうなるか?と考える前に、自然とこうなるようなドリルを考えてみようと思います。



ICIJ00.jpg

今日は試しに足をそろえて打ってみましょう。

二つの足を一本の軸のようにイメージしてみます。

テーマは「ボールを遠くに飛ばす」です。

ICIJ01.jpg

ICIJ02.jpg

足をそろえて、こんな感じからボールを打ちます。
つま先の向き、ひざの曲げ方は工夫してみてください。



ICIJ04.jpg

ICIJ05.jpg

打ち終わった後はこんな感じですかね。




この時に動いた関節、筋肉がボールを遠くに飛ばすために必要な動きです。


今度は足を広げて打ってみましょう。


足を閉じても、広げても、同じことが起きています。



一軸にして分かることは

後ろから前への体重移動がありませんので

下から上への突き上げる動きが自然と生まれます




後ろから前ではなく

下から上

この動きをメジャーリーガーは上手に使っています。



・後ろの足が地面を押し込み

・前の足が地面を踏み込む

地球から反力をもらう


この二つが私達日本人にはまだまだ足りないと感じてます。





スクワットなどをして重力に逆らうトレーニングをしましょう。

たくさんジャンプ系のトレーニングをしてスピードにつなげましょう。


スイングは人それぞれ感覚が違いますので、
打ちたいボールに合わせて考えますが

ボールを遠くに飛ばすには

「地球を使うこと」

地面を押し込み、地面を踏み込む

地球を上手に使いましょう。



地球を押し込み
地球を踏み込む



【一軸ドリル】

ICIJ103.jpg

足をそろえて一軸に立ってもらい
・前後左右に動けないように制限をかける。
・上下の動きで打つ感覚をつかんでもらう。



さてさて
日本人は下から上へを使えてるかな?


posted by metoo at 14:53| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ヒッチ、コックは手段であって



ホームランダービー優勝はアロンソ選手















ピッチャーがボールを投げた後
 ↓
足を踏み出す
グリップが上がる
 ↓
スイングが始まる

LS1209.jpg

ボールを遠くに飛ばす選手には必ずセパレーションがありますね。







足と手が一緒に出るタイプ
(清水さんごめんなさい)



先日、落合さんと山川選手のインタビューでヒッチとコックの話が出ていましたが、ヒッチとコックは手段であって、目的は踏み出す足を含めたセパレーション、体の使い方、ボールを遠くに飛ばすには?の答えの一つはセパレーション。


yama01.gif

足の動きに合わせて大きく手が動いてますね。

posted by metoo at 11:42| 千葉 ☔| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする