2019年07月02日

答えは問題の数だけある

kotae.jpg


りんごはいくつ?

緑と黄色の果物はいくつ?

かごはいくつ?



答えはたくさんあるよね!

正解は一つじゃないよね!


そんな言葉をよく使っていましたが



これと同じで

正面から見るとどんな動物ですか?

右から見るとどんな動物ですか?


見方を変えれば答えが変わるともいえるけど、

問題が変われば答えも変わるってことだよね。


7536a8732bd51b70693358ed1b0b7a9b_tn462.jpg

新しい答えをつくろうっていうのは、

新しい問題を見つけること。


それが正しい答えなのかと聞かれたら、

それは問題によって変わるよね、としか言えませんね。




野球で考えると

いつ
どこで
誰が
何を
なぜ
どのように、打ちたいかい、投げたいか


これがしっかり決まらないと、答えは変わってきてしまいますね。



新しい答えを探すよりも

まず

自分が何をしたいか!

それはいつどこでどのようになのか!

その理由はなぜなのか?


その問題が見つからないと

答えって永遠に見つからないでしょうね。



まず最初に探す問題は「なぜ」の答えじゃないかな?


「なぜ」打ちたいの?

「なぜ」投げたいの?

この軸を見つけてあげることかな。




posted by metoo at 16:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

鎌とハタキと指先と

31JgTpRUwlL._SY355_.jpg


516uwQjCI2L._SY355_.jpg
ハタキ

o0960096014054624178.jpg
指先


それぞれでボールに力を加えてみる。
ボールに最も強い力が伝わるのはどれだろう?
その理由は?


鎌とハタキ
同じような腕の長さ
同じような腕の振り
同じような腕の速さ

でも

結果は大きく違ってしまう。


メジャーリーガーが鎌で

日本人がハタキなんじゃないか?







ボールは強く握って投げろ!


私達が教わった反対を試してみる。


私達は、ボールを柔らかく握って、投げる瞬間だけ力をいれる、みたいな感じで教わってきた。

そうじゃなくて、

ガチッと握って、グッと投げる




筋トレによってストロングアームを手に入れはじめた日本人は、ストロングな投げ方を求めていってもいいのではないか?


案外すぐそこに答えが落ちてる時もありますよね。


ボールに伝わる圧力と指先の硬度(強度)


測定器があれば、誰かが調べてくれないかな。。。



野球選手が使う道具は、

ボール、バット、グラブ

それと

地球だね。

道具に触らないと始まらない競技。

そこに違いが必ずあるはず。



強さではなく硬さ

ここにヒントがありそう。

posted by metoo at 11:52| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする