2019年04月08日

足の裏



ダルビッシュ投手の2019年投球動作

踏み出した足なんですが

母指球、親指側ではなく

インステップしてるせいか

小指側をずいぶんと使うようになりましたね。


この動きから
なんとなくですが
無意識で体のどこかをセーブしてるような感じがします。



過去と比べて大きく違いますよね。




もう少し暖かくなってきたら
今年こそ!
ノーヒットノーランをダルビッシュ投手はやってくれるでしょう。
信じてます!







シャーザーはつま先側



デグロムはカカト側


踏み出した足の地面のつかみ方。

ここにもいろいろな感覚がありそうですね。



これはバッターも同じことが考えられます。

分かりやすい動画があったので置いときます。



球種、コースによっても変わりますが

踏み出した足の地面のつかみ方。

強く打つバッターのほとんどは

地面をえぐるように回転してます。



asihoura.jpg

体を強くして
体を上手く使って

その次にくるのは
足の裏の使い方が注目されてくると予想してます。

足の裏のどこを使っているかで上半身の動きが見えてくると考えているからです。


shizuoka-typhoon-8.jpg

雨雲レーダーみたいに足の裏のどの位置からどの位置へ重さ移っていくのか分かる動画があるといいですね。


これが分かると

これと同じトレーニングを考えることができます。



野球は道具を使ってプレーをする競技。

ボールとバットを使いこなす手のひら

体の動き、体重移動、筋肉の動きを支える足の裏

この二つしか道具をさわれる部分がありません。

だったら調べたくなりますよね^^



19959391_1848223908537678_7296735477840923342_n.jpg

足の裏と言えばビモロシューズ。

show_img.jpg

2.3年前からビモロを履いてる加藤翔平選手。


50822477_2006034706178441_5436876055094370869_n.jpg

根尾くんもビモロなんですね。

私も使っていましたが、
ハムストリングが自然と使われしまうシューズ
そんなイメージでした。



posted by metoo at 15:34| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

言うは易く行うは難し

言葉には出来る。頭ではわかってる。練習ではできた。
でも、試合になったら・・・

日曜日の審判を思い浮かべながら過ごす
反省の月曜日


言うは易く行うは難し


本当にこの言葉通り。

一週間しっかり反省を頭に叩き込み、動きとジェスチャーと発声を繰り返し練習してまた日曜日の審判へ。


野球選手と同じように、


いうはやすくおこなうはかたし


審判も「行うは難し」



今週から始まる春の大会をたくさん見学してきます^^

posted by metoo at 14:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする