2019年02月07日

バケツドリルとトントンドリル

1b0cddc5.jpg

「あと5キロスピードを上げるためのレッスン」にはみんな興味津津。踏み出す足の斜め前にバケツを置き、それを蹴らないように足を上げるとマウンドを強く蹴り、より前えと重心を移すことができスピードが上がるのです。バケツを置くまえと置く後では明らかにスピードが変っていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アメリカではこんなドリルがあるんだ!」
2010年にこの記事を読んで私も少年野球で取り入れてます。
(出来るだけ傾斜があるマウンドでやると効果的です)

私が見るポイントはたった一つ

19020701.jpg

踏み出した足がしっかり地面を押し込んで伸展してるかです。



こちらはバケツを二つ置いて投げてますね。
どんな目的なのか、試してみると面白そうです。




続いてもう一つ


このドリルは私も取り入れてまして
トントンドリルと呼んでます^^

その場でトントンでもいいし
前にトントンでもいいし
後ろにトントンでも構いません。

19020702.jpg

感じてもらいたいのは
足を上げて倒れるように自然と前に進むのではなく
この辺の筋肉を使って強く前に進むこと。



「トントンドリル」で強く前に進む
「バケツドリル」でしっかり踏み込んで止まる


小学生には溶け込みやすい二つのドリルです。


posted by metoo at 03:03| 千葉 🌁| Comment(0) | 投げる | 更新情報をチェックする