2019年01月30日

言葉のいらないドリル






posted by metoo at 18:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「しなり」と「ひねり」

昔こんな事をしてました。

2010年12月08日 ボツになった練習メニュー

10120802.jpg
布団で打って

10120803.jpg
布団を投げて

ここから最近ヒントを得たことがあります。

19013001.jpg
バッティング時の布団は「ひねり」だけですが

19013002.jpg
ピッチング時の布団は「しなり」と「ひねり」が両方あったということです。


19013003.jpg

19013004.jpg

いろいろと条件はつきますが、この二つの動きを高めていけば自然とボールを速く投げれるのではないか。


では「しなり」と「ひねり」を大きくするにはどうしたらいいか?

190130071.jpg
右投げ投手は三塁側に前傾してから

190130081.jpg
一塁側へ傾いてしならせる。

上半身が大きくしなり、腕を振る空間も高く大きく使える。


このヒントになったのがこの動画




tb001Opt.gif

19013005.jpg
前傾姿勢からの
19013006.jpg
しなり



正解かどうか分かりませんが

真っすぐ立って真っすぐ投げるよりかは大きく体が使えてます。


体をどう動かすか、と、体のどの部分を強くするか

こういう投げ方をしたいからココを鍛えてみよう!


動作が先か

トレーニングが先か



体重増の狙い、憧れの選手は…日本ハム大谷に「15の質問」

筋力がないとできない技術やメカニズムや動きがあるので。技術をうまくするためのフィジカルだと思っています。筋力をつければ野球がうまくなるなんてこともありませんから。野球がうまくなるために必要なこととしてウエートトレーニングを入れているだけ。ですから体重が何キロ増えたとか、体脂肪率が何%ということは、ボクはそこまで大した問題ではないと思っています。


何をしたいか → 何をすべきか

まず自分が何をしたいかを見つけることが始まりなんですね。

posted by metoo at 17:15| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする