2019年01月25日

新しく作って欲しい規則



DeNA・筒香嘉智選手が記者会見 アマチュア野球の指導方法について語る(2019年1月25日)

指導者がどう変わっていけばいいかの質問に、
筒香選手は「ルールを作り子供たちを守ることが大切だ」と語られました。

・投球数制限
・練習時間制限
・年間試合数制限

これらの規則は子ども達ではなく、全て指導者へ向けた規則です。
やはり行き過ぎた指導に対して制限を入れることがベストなのでしょうか。

一人のプロ野球選手が、小学校、中学校の野球を変えていきたい気持ちはとても伝わりました。

組織が新たなルールを作ってトップダウンで変えていく方向とは別に

底辺から、グランドに立つ現場から新しい改革が始まっていることも事実です。

高野連という枠の中で、自分達が今グランドで出来ることを前向きに取り組んでる武田高校。

武田高校の改革がどう始まったか、

ここが最も大切なことで、、、



実はもう一つ新しく作ってもらいたい規則がありまして


監督・コーチは4年で入れ替わる



top-314d4.jpg

「ワイドナショー」(フジテレビ系)日本体操協会のパワハラ騒動に言及する中で、ゲストの国際政治学者・三浦瑠麗(38)さんのコメント

三浦は権力の在り方について

「競争なき権力がよくない。塚原夫妻みたいに偉いポジションになると、浄化作用が働かない。競争もない。そこが問題」

“入れ替わり”が可能な組織体制の必要性を説いた。




少年野球もそうなのですが

グランドで最も難しいのが

変わらない指導者じゃなくて

変えられない指導者なんです


公立高校は定期的に入れ替わりますが私立は何十年も変わらないままの学校があります。

私立高校の監督は甲子園に出て学校の名前を売るのが仕事かもしれません。

ただ今の時代、素晴らしい選手は、素晴らしい指導者は

甲子園に出なくても、全国大会で勝たなくても

あっという間に世の中に知れ渡り、世界から注目される時代です。

学校のブランド価値を上げるのは、勝つことではなく、指導者がどう取り組んでいるかに注目が集まる時代です。



今1月25日午後2時です。
もうすぐ春のセンバツ大会出場32チームが発表されます。

いろいろ意見がありますが
この国で野球を一生懸命頑張る子ども達には甲子園は必要な場所だと思っています。
甲子園があるからこそ、みんなが考える問題が浮かび上がってきます。



この役員から新しい方向へ進むのは難しいでしょうね。

千葉県だけでもこんなにいるんだもんなぁ・・・

甲子園はこのまま残して、メジャーに進む新しい道をたくさん切り開いて行くことでしょうね。



出場校決定の瞬間はライブで中継する。【ライブ中継はこちら】
posted by metoo at 14:00| 千葉 ☀| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

制約の理論




「制約こそ人に成長をもたらす」

制約のある中に自分をおいた方が創造や工夫、高い気持ちが生まれやすい


例えばですが

・1日三時間しか練習できないから
・1試合100球しか投げれないから
・英語しかトレーニングの、ベースボールの勉強ができないから

武田高校の練習時間は平日50分だそうですが、全ての高校で50分になったら面白い発想がたくさん生まれそうですね。



では今日から制約をいれてみましょう。

例題:
毎日の素振り100回を10回にして今まで以上の効果を得なさい。

答え:
スマホで素振りの動画を撮影しビフォーとアフターを比較。素振りの時間+見る力+考える力を育てる時間に使う。


指導者は選手を見た感想を指導として伝えますが、自分を自分で観察して研究して、感想、感覚を育てる。また他の選手からの意見にも耳を傾け、選手=指導者としてチーム全員がお互いを助け合う組織に変えていく。

素振り100回を10回にすることは練習時間を短縮する例えです。制約のないダラダラとした長時間の練習は無駄がたくさんあります。無駄から何かをみつけることもあるでしょうが、あえて制約を入れた方が選手・指導者は考えるようになるでしょう。



お金がないから節約する

一人暮らしを始める若者は制約の中で工夫を見つけてきましたね。


posted by metoo at 10:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする