2019年01月15日

メンタルゲーム

100606.jpg

四チームで戦うワンデイトーナメント

2010年06月06日 決勝戦の練習試合

毎年成人の日に行っていますが、今年で第八回を迎えました。


今年は開会式を行い、選手宣誓の代わりにみんなの前で四人のキャプテンに今年の目標を発表してもらいました。


小さな声でぼそぼそっと喋る子、目標がまだない子、初めてで緊張して頭が真っ白になってしまう子、チームの目標と自分の目標を大きな声でしっかり喋れる子

どのチームが勝つかはここで決まっていました。

この時に感じたのが(あっ、やっぱり野球ってメンタルゲームなんだな)

メンタルとは、私は「考え方」と訳すようにしています。

精神とか心ではなく物事をどう考えるかをそう呼ぶようにしています。

もう少し具体してみると

見る→感じる→思う→考える→行動

この筋書きがメンタルです。

なのでメンタルゲームという呼び方は野球にぴったりだと思います。

また、子どものメンタルをどう育て作りあげるかが大人の役割とも昨日は考えました。


「あいつはメンタルが弱いなぁ〜」とメンタルという言葉を使う方は、考え方が強いと弱いしかない方達です。苦しいピンチの時や、流れがよくないなぁと感じた時、こういう見方や取り組み方をすれば相手とこうやって戦えるから、今よりももっといい結果につなげられるよ。これがメンタル(考え方)です。



一日、審判を楽しませていただきましたが、グランドの真ん中にいると子ども達の声がたくさん聞こえてきます。この声は、どう育っているか、どう育てられているかの声です。ベンチにいる監督、コーチには聞こえない声が、子どもの生の声が聞かせてもらえるのも審判の楽しみです。

実は子ども達はこんなことを考えてるのか・・・
審判だけが知ってることもあるんですよ^^



posted by metoo at 18:42| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする