2018年09月26日

右に行くとき、左に行くとき

are01-Opt.gif

sim01-Opt.gif

kiku01-Opt.gif

kiku02-Opt.gif



右に行くときは

右足を引いて(抜いて)左足で蹴ってます。


左に行くときは

左足を引いて(抜いて)右足で地面を蹴ってます。



この蹴るという動作に必要な筋肉と

ボールに到達するまでの秒数(時間)で

野手の構え方が変わるでしょう



例えば

150km/hの打球が
20mの守備位置までの到達時間は
0.48秒

30mならば
0.72秒

40mならば
0.96秒



120km/hの打球が
20mの守備位置までの到達時間は
0.6秒

30mならば
0.9秒

40mならば
1.2秒



ショート、シモンズ選手の40mの構え

サード、アレナド選手の30mの構え

テニス、菊池選手の20mの構え

それぞれの構え方で頭の高さが違いますね。



ただ共通点はありそうです。

su01.jpg

進みたい方向に頭を入れて
頭から地面までを一直線にする。
頭が浮かないようにしたいですね。

su02.jpg

この姿勢で地面を強く速く蹴る練習
例えば反復横跳びや往復ダッシュ、サイドジャンプなどかな。

kiku02-Opt.gif

盗塁の動きも右足を引いてスタートする選手がいますね。






posted by metoo at 13:30| 千葉 ☁| Comment(2) | 守る | 更新情報をチェックする