2018年09月10日

挨拶・礼儀・感謝よりもリスペクト

SnapCrab_NoName_2018-9-10_15-46-40_No-00.jpg

中国戦後、侍ジャパン永田監督のコメントをabema.tvで見ていたのですが

日本・永田監督「選手たちが次世代のために死守してくれた」/U18アジア

「大きかったのはストライクゾーン。韓国戦はボール2つ、台湾戦は1つ、広かった。それで結果がほしくて当てにいってしまった。」

負けた原因は球審のストライクゾーンとコメントされました。



挨拶
礼儀
感謝

高校野球も少年野球も、どのチームもこの三つはうるさく指導されているでしょう。

しかし「リスペクト」
相手を尊敬することは教えているのでしょうか?



近ごろ問題になっているパワーハラスメント

パワーハラスメントをなくそうとしたら

私は反対の意味をもつ「リスペクト」を作り上げていくこと

相手と尊敬しあう関係を作り上げていくことだと考えています。



指導者と選手はお互いに尊敬しあえているのだろうか?
相手チーム、審判を尊敬してるのだろうか?




今回の侍ジャパンU-18

「木製バットで相手投手の140キロ以上の素晴らしい球を打てないから負けた。」

ただそれだけでいいじゃないですか。

審判の責任で負けたとか、言い訳はやめましょうよ。

相手チームもストライクゾーンは同じだったでしょ。




国際大会で絶対に言っては欲しくはない

審判を侮辱する発言がとても日本人として恥ずかしかったです。



試合が終わったら勝ち負けに関係なく

相手チームを称賛し、支えてくれた方達に感謝を伝える。

この二つを指導者は選手に必ず教えなければいけません。

そして上下関係、年齢差に関係なく、

お互いに尊敬・尊重・敬意を作り上げていきましょう。



選手の皆さんはお疲れさまでした。

次のステップも応援してます。




「他人を尊重できないなら出ていけ」 米空軍士官学校の校長

posted by metoo at 17:06| 千葉 ☔| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする