2018年05月26日

1+80という考え方

昔、桑田真澄投手は
「インコースを攻めるといっても、インコースには高め、真ん中、低めの三つの高さを使い分けなさい」と教えてくれた。

しかし今の野球は違う。

インコース高めにも前、中、後ろの三つのポイントがあり

高め、真ん中、低め
x前、中、後ろの三つのポイントで

「インコースは9つある」

そう考えられます。

さらに、バックドアとかバックフットなど

外から、内から、落ちる

x三つの軌道で投手は三つのポイントへ投げてきますので

インコースは27通りとも考えられます。


これを3コース、インコース、真ん中コース、アウトコースとすれば81通りのスイングになってしまう。


しかし81通りのスイングなんて使い分けられないので

1つのスイングとそれ以外のスイング

1+80のスイング



それは
一番苦しいスイングから始めると
それ以外は
・腕を伸ばす
・体を回す
で対応できる。






それが「ここを振っておく」という考え方です。
一番苦しい部分を振っておけば
あとは簡単なスイングへ
苦しさを開放するスイングへ

(もちろんここを振らないコースのボールもあります)

一番苦しいスイングは

インコース低めに食い込みながら落ちる150キロ


ここから振っていく!

2017年07月14日 フライボール革命
アーロン・ジャッジ選手の7時からのスイングも、同じ意味で納得してます。



これが四年に一度のWBC、2020年東京オリンピック、毎回国際大会で言い訳を続ける動くボールを打ちやすくするためのスイングです。
(動くボールは日本人投手でも投げてる投手はたくさんいます、球速は10キロ近く落ちますが)



バッターの目から一番遠いのはアウトコース低めだけど

バッターの目をから見えにくいのは急に下を向けないインコ―ス低め。

狙撃手の盲点ゴルゴ13第31話「ANGRY WAVES」

posted by metoo at 13:54| 千葉 ☁| Comment(3) | 打つ | 更新情報をチェックする