2018年05月14日

松井秀喜選手が高校時代に教わったこと

geo18041705000008-p1.jpg

100年インタビュー「松井秀喜」


とてもいい番組でした。

再放送があるといいですね。



img_31c8277b5e61a9af0d3ba5a55aa87325311063.jpg

高校時代に海外遠征を経験した松井秀喜選手。
あることをしてしまい山下監督にすっっっごい怒られたそうです。

とんでもないアウトコースのボール球をストライクと言われてしまい、判定に対して怒りの感情を示し態度に出てしまった松井選手。

この態度を山下監督に叱られて

「審判がストライクと言ったら

 ストライクなんだよ!」


そう指導されたそうです。


ストライクとボールがすぐに映像でわかる今の時代でも
「審判がストライクと言ったらストライクなんだよ!」
このルールは変わりません。


たとえ少年野球の審判でも、とんでもないボール球をストライクと判定してしまえば、その動画をネットにアップされ、世界中の野球ファンに笑いのタネにされる時代です。


しかし

私は審判をPLAYERだと思ってます。

選手と同じ現場に立てるPLAYERです。

こんなに楽しめるPLAYERはありません!

ミスをした動画を見て自分のストライクゾーンを修正すればいいだけです。


「審判がストライクと言ったらストライクなんだよ!」

いつまでこの言葉が使えるかわかりませんが
AIが審判を務める日までは

「審判がストライクと言ったらストライクなんだよ!」

そう子供達に指導していきたいですね。



posted by metoo at 20:05| 千葉 🌁| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする