2017年10月04日

フルスイングは故障するスイングであってはならない

YUMIYA.jpg

どちらの矢が遠くへ飛ぶでしょうか?

YUMIYA2.jpg

大きく弓を引っ張った方が矢が遠くへ飛ぶ

矢を飛ばすまでの力が大きい方が遠くへ飛ぶ

こう考えた方が自然だと思います。



バッティングはボールにバットが当たるまでがすべて
そう私は考えています。



npb14122612000003-p1.jpg

打った後にどんなことをしてもボールに力は伝わりません。



しかし、最近のフルスイングは

打った後ばかり注目され過ぎています。


そして

その選手達は一年間を通じてプレーが出来ず

体を痛めることが多いです。

spo1506200031-p2.jpg
柳田選手

e6505fd0.jpg
吉田選手

YOKOO.jpg
横尾選手も故障しそうですね。



ボールを遠くに飛ばすためのフルスイング
それは
故障するスイングであってはいけません。



脇腹や背中の筋肉を伸ばしながら体の動きを止めるよりも
地面を押さえつける下半身に止める動作は任せた方が安心に感じます。


背中の筋肉を使ってコンセントリックで大きな力を発揮し
踏み出した足のエキセントリックで動きを止める


背中で加速して
背中で急停止する
この動きは危険だと
この選手が故障しやすいと
頭の隅に置いときます。


ソフト柳田CS絶望的 右脇腹の痛み引かず「何もできない」 2017年10月4日

本人も悔しいでしょうが
クライマックスを楽しみにしていたファンも同じ気持ちです。




前足を逃がすか、後ろ足を逃がすか。


ホームベースに倒れる→打った後に後ろ足がホームベースに出てしまう






投げた後、打った後
やじろべえの動きが自然ですね。

2009年08月10日
やじろべえ投球


posted by metoo at 12:25| 千葉 ☁| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする