2017年06月28日

二軍の藤浪くん



こちらは160キロを投げた2016年の投球フォーム




こちらは2017年6月24日二軍戦でのフォーム



別角度から


いろいろ考えてるようですね(*^_^*)




なんとなくですが

あまりいい方向に進んではいないように感じます。

というのは

欠点を直してもゼロにしかなりません。

プラスがないイメージを受けます。



間違い探しだけしかできない

これは指導者の責任です。

あれはダメ、これもダメ

だったらどこへ進めばいいのか選手を悩ませる。


もう一度、
藤浪投手の武器を生かすピッチングを目指してはどうでしょうか。




藤浪といえばカットボール!

カットボールだけで勝負しろ!

ツーシームなんて抜ける球なんていらない!



小さく動くカットボール

回転軸を上に向けて浮き上がるカットボール

たまにみせる160キロのフォーシーム

左打者のバットなんか全部へし折ってやれ!






ちょっと大げさですが^^

カットボールと言えば藤浪!

メジャーまでカットボールだけで駆け上がって欲しい!

私がピッチングコーチだったら

こんなに小さくまとめることは絶対にしません。

posted by metoo at 17:13| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

変化球が遅かった時代の打ち方

立浪和義の野球塾! 
プロへの道標!! 通算2480安打の巧打者が贈るバッティング理論

立浪さん、とても言葉が聞きやすく分かりやすい
子供達に丁寧に指導されています。

無料でこのような動画が見れるのは便利な時代です。



ただ、どこか引っかかる部分があります。

「変化球はストレートよりも遅い・・・」

ここです。

昔は変化球と言えば遅いボールだったんですよね。

今の時代は、ストレートと変化球は同じくらいのスピードです。

ストレートも速くなっていますが
変化球も高速化してます。

ツーシーム、カットボール、スライダー、スプリット

140キロ、150キロの変化球をどうやって打つかが現代の課題です。



だからなんですね。

ここが昔のまんまなんですね。

TATSUNAMI115.gif

変化球がストレートよりも遅い時代の打ち方は
この打ち方で良かったのでしょう。

何を打つかで形は変わる。

高速変化球をどうやって打つか。

打ち方は変わって行かなければいけませんね。

posted by metoo at 14:46| 千葉 ☔| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

相手はもう動き始めてます







この中から代表メンバーが選ばれるんですね。
USA BASEBALL MASTER SCHEDULE
2017 18U National Team
6月末〜7月上が選考会。
8月末にミネソタで代表メンバーが集まり9月のカナダへ。




6月から夏の甲子園予選が各地で始まりますが、アメリカU18チームはWBSC大会に向けてもうスタートしてます。

日本の準備が遅れてしまうのは仕方がないことですが

選手発表
「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」第1次候補選手が決定


ここに選ばれたメンバー
もしくは選ばれたいメンバーは
頭の中に少しだけ

C8u1qwJXkAE56wP.jpg

このボールをイメージしておいてくださいね。


野球をやるなら世界一を目指す!

日本を応援します!


頼むぞ清宮くん!

PnHlsdg.jpg
似てるなぁ〜^^
posted by metoo at 13:06| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

センターは右中間

baseball-in-focus-pitcher-batter-blurred-out-of-focus.jpg

中心軸回転のボール

曲るのか、落ちるのか、それとも曲がらないのか

150キロを超える変化球を見極めて打つ。

それがど真ん中だった。

しっかり芯で打ち返した!

それが打者にとってのセンター方向だと思う。

その打球が右打者の場合に右へ飛んだら逆方向と呼ばれてしまう。

しかしバッターからすると
ど真ん中をギリギリまで見極めて打ち返したベストな打球。
それがセンターだ!
ベストな打球が飛んだところが逆方向なだけだ!




そう感じてしまうバッティングですね^^

彼にとってセンターへの打球は
球場の右中間なんだろうなぁ。





チェンジアップを空振りしてもピッチャーに
ナイスボール d(⌒ー⌒) グッ!!

posted by metoo at 22:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

踏み出した足に体重をすべて移動する

screw-driver.jpg

ドライバーでねじを回す

投げるのも打つのも、
こんな感じがします。

ボールを強く投げる人
ボールを強く打てる人

踏み出す足がねじだとしたら
しっかりねじを回せるだろうな・・・と想像します。

fo7.gif

踏み出した足がグラグラしていては、ねじは強く回りませんね。


踏み出した足に体重を乗せるには
まずはこんな感覚を味わってみましょう。



踏み出す足にアンクルウェイトを撒いて体重を増やしてみます。
2015年01月10日
試しに10s太ってみる

踏み出した足に体重が乗ると、
しっかりねじが回るような、
力強いスイングが出来ます。


日本人と外国人のバッティングを比べて強く感じるのは

日本人は体重が乗らないなぁ〜

想像とイメージですが
乗り切る前に打ってしまうのが日本人
しっかり乗ってからバットを振るのが外国人
ちょっとした時間の差なんですが
ここを変えればもっと強い打球が打てると思います。


またクーニンさんが紹介された京葉ボーイズの練習方法もぴったりです。



自然と
踏み出した足に体重が全て乗ってしまう練習方法。

これは私も大賛成です。

踏み出した足に体重が乗るのもいいですが
後ろ足がしっかりピッチャー方向に押し出している方向もいいですね。


体重移動は変わる時代がきました。

軸足にしっかり乗せるのではなく

踏み出した足にしっかり乗せる。


後ろ足に体重を乗せる、タメることを体重移動と考え過ぎてしまい、踏み出す足へ移動が出来ていない。


後ろ足の「間」では150キロツーシームは遅れてしまいます。
踏み出した足で「間」を作る技術だと私は思います。


じゃーどしたらいいんだ!?

踏み出す足へ体重を移動するためには
どーしたらいいんだ!?

ここでやっとタイミングの話しへとつながります。



posted by metoo at 21:47| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

えっ?桑田が?



今、草野球が熱いですね!!(^^)!

MLBドリームカップ
桑田真澄さんが出場するようです!

SnapCrab_NoName_2017-6-26_23-55-25_No-00.jpg


生涯野球を楽しみたいですね!

posted by metoo at 23:56| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

自分が会得した感覚

ueno01.jpg

ueno02.jpg

ueno03.jpg

ueno04.jpg

ueno05.jpg

ueno06.jpg


野球でもソフトボールでも、
相手が何をしてくるか分かったら簡単に攻略されてしまいます。

何をしてくるかわからないから野球は面白いんです。


高めがあるから低めが効いて
高低があるから前後が効いて
前後があるから左右が効く


打たれるのは甘い球と同じ球
打たれにくいのは苦手な球と分からない球

何がくるか分からない
何をしてくるのか分からない
この状況で勝負をしないと大きなハンデを背負うことになります。



どれだけピッチャーが最高のボールを投げても、
それがバッターにとって最高の球だったらホームランになます。

反対に

ピッチャーが投げミスで最悪のボールを投げても
それがバッターにとって最悪の球だったら打ち取れます。


上野投手の感覚
「構えだけで打者のスイングが見える」
素晴らしい投手ですね。


posted by metoo at 13:43| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

打撃の法則

wac01.gif
進む → 止まる

wac02.gif
戻る → 進む → 止まる

どっちの水が多くこぼれるか。


バットの使い方
体の使い方

私がお勧めするのは
戻ってから進む
助走をつけるスイング

バットはアップ&スイング
体はアップでワレてからスイング




小学生でも使えます。

誰がやっても使えます。

投げ方にも使えます。



お風呂にグラスを持ち込んで実験してみましょう^^

48歳が風呂で何やってんだか(^^;)



進む → 止まる


戻る → 進む → 止まる
posted by metoo at 23:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

What a night!







SnapCrab_NoName_2017-6-24_16-35-17_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2017-6-24_16-35-57_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2017-6-24_16-36-4_No-00.jpg




ダルビッシュ投手vs田中将大投手の初対決
日本人対決というより兄弟対決?^^
すごい試合でしたね。



日本人投手がメジャーリーガー打線を
二人合わせて15イニングをゼロに抑えて
19奪三振 5安打、2四死球(田中)^^

やっぱりこの二人はずば抜けてますね。




ここからは私の妄想ですが

この試合を松井秀喜はどこかで観てたかな?



松井秀喜の弟子?ジャッジ選手がダルビッシュに抑え込まれました。

ジャッジvsダルビッシュ投手なんですが
松井秀喜vsダルビッシュ投手を見てるような・・・
右と左の違いはありますが
どこか打ち方が似てるんですよね。

松井秀喜ファンとしては
(打て!松井秀喜の教え子!)
ちょっとだけジャッジ選手を応援しちゃいました^^
posted by metoo at 16:47| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

30歳のダルビッシュと24歳のダルビッシュ

b441fc5acd9d94fbf0a611f749c9f3d693e52b91a6fa90ea999de06c720754d9@2x.jpg

ダルビッシュ有のプロ野球改革論「いつか、日本球界に戻りたいなって思っています」

とてもいいインタビューですね。

第二回も楽しみにしてます。





こちらは2011年、6年前のダルビッシュ投手が24歳、メジャーに渡る前の年のインタビューです。

24歳のダルビッシュが目指していたのは

SnapCrab_NoName_2017-6-22_15-16-29_No-00.jpg

考えてることが違いますね(^_^;)


posted by metoo at 15:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「軸足にしっかりためる」は変わっていく

SnapCrab_NoName_2017-6-22_10-14-14_No-00.jpg

2017.6.22 05:00
阪神・北條が珍メニュー!発案した平野C「ヒントになってくれれば」


最近何度も書いてますが、
この記事のことです。

top1.jpg

軸足の上に頭がある

こういうタイプのバッターがメジャーにはいないんですよね。


top2.jpg

メジャーのほとんどのバッターは頭の位置は体の真ん中です。








突っ込んじゃいけない

これも昔から言われますが

突っ込んでも止まればいいんじゃないか?

進んで止まる

止まることが全体重を乗せると同じ意味です。

踏み出した足に全体重を乗せて打つ

これがバッティングには必要なことですから

「軸足にしっかりためる」これを目的にしていると

踏み出す足に体重が乗り切らないで打ってしまいます。

また

頭が軸足の上にあると、

しっかりためた軸足の筋肉がリズムよく伸びて縮むのが遅れるんです。

show_img.jpg

踏み出した足に全体重が乗らないから、
打った後に踏み出した足から動き出してしまいます。
(これでもスタンドには届きますが)


load001.jpg

load002.jpg

load003.jpg

軸足への体重移動は
この筋肉を伸ばすだけで十分です。

これを私は股関節へのロードと呼んでいます。

ここに頭があるから
軸足側の筋肉がリズム良く動き
素早く全体重を踏み出した足へ乗せられる。

この方向へ進まないと
多分ですが
150キロのツーシームは打てないと思います。
(130キロのスライダーは打てますが)


体重移動でボールが遠くに投げれる、打てるのではなく、
体重移動を利用して筋肉が伸びたり縮んだりする。
だから筋肉を大きく鍛えれば・・・

「体重移動」
この言葉を
「筋肉移動」
って考えるとトレーニングと結び付けられそうです。




見ごたえのある素晴らしい対決です。
この素晴らしいピッチャーを打つには
この体重移動のリズムしかないのでしょう。
軸足にしっかり体重をためてる時間なんてありません。
軸足に体重を入れるだけで反射することがポイントでしょう。

posted by metoo at 10:47| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

岩嵜投手の一球目

ロッテvsソフトバンクの試合を見に行った時です。
試合前のソフトバンクの打撃練習中にセンターでピッチャーが走ったり体操したり準備をしていました。

サングラスをかけたすらっとした背番号17番。
グラブを手にしてキャッチボールを始めました。

その一球目が驚きました。

その時の動画はありませんが、
同じような一球目の動画をありましたのでご覧ください。



キャッチャーまで9m10mの近い距離でも
しっかりボールを指にかけて
しっかりボールを回転させています。

山なりのふわぁとした球は一球も投げませんでした。

ピッチャーってそういう生き物なんですね^^



ちなみにキューバから来たサントス選手


キューバの定番^^
やっぱりキャッチボールで黒い重いボールを使ってますね。


posted by metoo at 00:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

ヒールアップとヒールダウン

ヒールアップ
top1.jpg

踏み出した足のカカトが浮いている


ヒールダウン
top2.jpg

踏み出した足のカカトが着いている


YouTubeでアメリカのバッティング指導を見ていると
「ヒールダウン」(かかおを落とす)とよく耳にします。

日本人の方がカカトが着くのが遅い
メジャーの方がカカトが着くのが早い



2014年12月09日
踏み込んだ足で「間」


どっちが前足で「間」を作りやすいかというと
早めにカカトが付く打ち方。
頭が体の中心にある打ち方。


頭が後ろにあると前の足に乗りにくい。

つまりツーシームに遅れてしまう打ち方。


あ〜〜〜

150キロのツーシーム打ってみてぇ〜〜

自分で実験してみてぇ〜〜〜

絶対に打てませんけどね(^^;)


2017-06-16 10.22.55.jpg

どちらのカカトが着いてるか。
う〜〜ん、頭の位置かぁ。。。
posted by metoo at 01:10| 千葉 ☁| Comment(3) | 打つ | 更新情報をチェックする

基本 理論 法則

基本
いろんな投げ方、打ち方、捕り方があるよ

理論
オレはこうやった方がいいよ

法則
誰もがこうやったらこうなるよ


私が探してるのは法則だったんだな(*^▽^*)


posted by metoo at 00:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

やっと開幕

originohtani.jpg

あの男が戻ってくる。

やっとシーズンが開幕するような喜びです(*^▽^*)


正直
この三か月は物足りないプロ野球でした。

WBCで見た150キロのツーシーム
打てる日本人はいつ育つのか・・・

メジャー投手の平均球速は高くなり
ホームラン数も増えているのに・・・

なのに日本のプロ野球は・・・

もうプロ野球を見るのを止めようかとも考えました。


唯一の期待はあの男だけでした。

アスリートライフスタイル






7月1日2日
日本ハムvsロッテ
マリン場外ホームラン見てくるぜ(*^^)v
posted by metoo at 00:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

責任

先日見に行ったロッテの試合。

9f488b.jpg

センターのサントス選手はずっと同じ位置を守っていました。

右打者、左打者、一番から九番、ベンチから守備コーチが指示を出していますが、ライトの荻野貴選手は分かっていてもセンターのサントス選手はその指示がわかっていませんでした。

(あっ、センターフライだなぁ)

と思った打球が4つありましたが全て捕れませんでした。

これって誰の責任でしょうか?



maxresdefault.jpg

交流戦で起きた外国人選手との守備での接触。

(やっぱりなぁ)

DHの選手を守らせるとこうなることは予想できたはず。

これって誰の責任でしょうか?


外国人選手がチームに溶け込めていないのは
見ていて残念です。




伊東監督も頑張ってるのはわかります
野球をよく知っているのもわかります

でも、勝つことは別なような気がします。



伊東監督

せめて

キャッチャー1人くらいは作りましょうよ。

田村捕手が全く成長してないのは伊東監督も十分わかっているでしょう。

競わせるのではなく
使い続けて
毎試合後に反省会して
なんなら伊東監督がベンチから投球のサインをだしてあげてもいいでしょう。




井口選手が引退
きっと
伊東監督も今年まででしょう。


投手コーチ
打撃コーチ
守備コーチ
二軍監督


このスタッフを選んだのは誰なのでしょう?


負けは指導者の負けかもしれませんが

負けは組織の負けですね。



posted by metoo at 17:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

体の使い方 バッティング指導三つのポイント

2017年06月03日
バットの使い方 バッティング指導三つのポイント


二つ目のポイント
体の使い方です。

バットは鞭のように使うでしたが
体はゴムのように使うと考えています。

ゴムは伸びたら元に戻ろうとして縮みます。
体の筋肉も同じように伸びたら縮もうとします。

野球のバッティングをゴムのように考えるために
こんなゴムを想像してみます。

ENGOM.jpg
円柱のゴムです。

太いゴムと細いゴムがあります。
ゴムを上から見て
二つのゴムを赤い矢印へひねってみます。

GOM3.jpg

青い矢印は元に戻ろうとする力は
太いゴムの方が大きいです。

体が細い子よりも体が太い子の方が大きな力が出るのはこんな理由からでしょう。

ゴムが大きく強くなれば戻る力も大きくなる。
体の同じようにトレーニングをして筋肉を大きくすればバッティングの飛距離も大きく変わってくるでしょう。



GOM1.jpg

このゴムが体の中心にあると考えてみます。

体の中で一番太いのは腕でも足でもなく胴体(体幹)です。

体を回す中心が太ければ大きな力が出せる。

さらに考えれば

体幹をねじるように
上と下、右と左、前と後ろ
対になる方向へ引っ張り合えば大きな力が生まれる。

これが「ワレ」と呼ぶ動作です。


WARE4.jpg

WARE5.jpg

子供達を見て欲しいのは体幹がひねられているかです。

そのために必要な動作が「ワレ」です。




大きな体幹のひねりが生まれているバッター



体幹がひねられていないバッター
(清水さんごめんなさい)



ユニフォームのしわ
正番号のねじれ
背中からも体幹のひねりがよくわかりますね。



練習方法ですが

show_img.jpg

バットの使い方は短いバットを使いました。
体の使い方は長いバットを使ってみましょう。

長くて重たいバットはNGです。

軽くて長い、竹竿のような棒を振ってみましょう。




長い竹竿を振ろうとすると
自然と上半身が遅れて
下半身が先に動いてしまう
体全体が下から上へと回っていく
こんな感覚が味わえます。






「ワレ」をするための動画サイトはたくさん見つかります。

英語で「 SEPARATE HITTING DRILL 」を検索すると海外での「SEPARAETE」(ワレ)もたくさん見つかります。

ただ注意して見て欲しいのが、
手と足が「ワレ」ていることではありません。
体幹が「ワレ」ているかに注目してください。


01_Miguel-Cabrera--0113__076.jpg

矢を遠くに飛ばすには弓を引く。
飛ばしたい方向とは反対に引く力が参考になります。

バットの使い方も同じようにスイングとは一度反対へ引き上げてから振る。
体の使い方も同じようにスイングの回転とは反対へ一度引いてから回る。



IMG_0158.JPG
トイレットペーパーと芯
何かの説明に使えるんだよなぁ〜
また何か考えたら追記します^^

えっ!?井口が引退ヽ(゚Д゚;)ノ!!
posted by metoo at 13:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

体重移動の目的



息子の小学四年時代のフォーム
なつかしい(*^▽^*)

後ろの足に体重を乗せて
踏み出す足に体重を移動する

昔はこれがボールを遠くに飛ばすバッティングだと思っていましたが、体重でボールを遠くに飛ばすには限界があることがやっとわかってきました。


体重移動でボールを遠くに飛ばすのではなく

体重で筋肉を伸ばす目的





どの筋肉を伸ばされて元に戻ろうとしてるのか
その筋肉がどんな動きをしているのか良く分かります。



筋肉を使うから大きな力をもらえるならば

筋肉を大きくすればもっと大きな力がもらえる。

体重移動=飛距離ではなく
筋肉=飛距離


体重を後ろ足に乗せるのではなく

体重で後ろ足側の筋肉を伸ばす。

そう考えると

トレーニングと飛距離もつながります。



そういえばこんな言葉がありました。
初動負荷理論定義:
反射の起こるポジションへの身体変化およびそれに伴う重心位置変化等を利用し・・・

バッターが足を上げる目的はここかなぁと考えます。




もうすぐ7月
あのバッターが7月に帰ってきます。

筋肉を大きくして大きな飛距離を手に入れたバッター



足の上げ方が日本人にはあまり見ないですね。
足を上げて後ろ足に体重を乗せているとは感じません。
後ろ足側の筋肉を伸ばしてその反射を使って体を回そうとする。




バッティングもこのリズムでいいのかもしれません。

posted by metoo at 11:04| 千葉 ☔| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

気のせいかな?

PITCH F/XやSTATCAST
いろんな分野でトラッキングシステムが活用されるよになって感じるのは


メジャーの方が低目のストライクゾーンが広い。

日本の方が低目のストライクゾーンが狭い。

もちろん正しいストライクゾーンはトラッキングシステムを活用しているメジャーリーグでしょう。

ダルビッシュ投手、田中将大投手などの映像と比べると、あれっ?メジャーはそこがストライクなの?日本はそこがボールなの?

気のせいかな?





もう一つ

トラッキングシステムを導入しているチームは

外国人選手の補強が当たっている。

気のせいかな?^^



トラッキングシステムを入れる目的の一つは

選手の指標だと考えています。


落ちるボールをとらえるのが上手い選手
低めの変化球を見極めるのが上手い選手


まぁ、今の時代は自分達でデータを集めるよりも、データ会社から外国人選手のデータを買うこともできるでしょう。自分達が作ったデータと、それよりも過去のデータを比べることもできますし、データを参考にして集めてくるチームと、ただ勘で外国人選手を集めてくるチームの差があるような気がします。


中南米で安くていい選手を見つけてきた

もうこういう時代ではありませんよね。



posted by metoo at 12:03| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

GoodかBadか

2017-06-16 00.59.07.jpg

手塚一志さんシリーズ
久しぶりに読み返してみましたが、シンクロを知らなければ私の野球は10年遅れていたなぁと感じました。
タイミングについてきちんと言葉にして指導が出来たのは手塚さんだけだと思います。

バッティングの正体 単行本 – 1999/5/1

バッティングが変わる!驚異のシンクロ打法―発見!タイミングの法則 単行本 – 2000/7

バッティングの極意―うねり打法 単行本 – 2002/11




しかし、今から17年前の技術、
読んでいて途中でいくつか疑問に思うことがいくつか出てきました。


その一つがこの画像
2017-06-15 18.13.42.jpg

2017-06-16 10.22.55.jpg

ツーシーム、カッター、高速変化球を打つには
GoodとBadが逆だと考えています。

後ろに体重が残ると遅れるからです。


押すよりも引く方が早い

後ろ足から押すよりも
前の足に乗せてから引いた方がバットは早く操作できる
私はそう考えています。

ボールを遠くに飛ばすなら後ろかもしれませんが、今の時代はまた違った目的があると思います。


何がしたいかで形は変わる


Goodが正しい時代もあれば
Badが正しい時代もある。

相手があっての打撃技術ですから
移り変わっていくの当然必然ですね。


踏んで→乗せて→運んで

「体重を乗せる」

これが

「体重を入れる」

こんな感覚かなぁ。



posted by metoo at 10:53| 千葉 ☀| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする