2017年04月28日

ボールの芯とバットの芯




おじさん、上手い事を言いますね^^


昨日の日大三校-早実戦では7本のホームランが飛び出しました。

この試合を見ていて思い出したのがsevenさんのツイートでした。




ちょっとマネさせてもらいますが


硬式球は

ボールの芯を打つのが金属バット

バットの芯で打つのが木製バット



同じ硬式球でも
金属バットはボールの芯を打てば
バットの芯を外してもホームランになる打球もあります。
木製バットでは届かないでしょう。
どちらもバットコントロールが求められますね。



18対17 大量得点の試合を見て
高校生も木製バットに戻す時代が来るのか?
そうはならないと思いますが
金属バットって恐ろしい武器ですね(^_^;)


高校生の木製バットはこの大会からです。
WBSC U-18ペースボール・ワールドカップ 
2017年9月1日〜9月10日 カナダ サンダーベイ
posted by metoo at 13:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ロングティーの取り扱い方



田村選手 
ただ飛ばすだけの遊び感覚なのでしょうが
ただバットを振ってボールを飛ばす
まぁそれも一つの練習なのでしょうが
どれだけロングティーを飛ばしても
このままではずっと打率二割のバッターです。

この練習を見ていると
生きた魚を釣るのと
死んだ魚をひっかけるくらいの違いを感じます。
(まぁ二月のキャンプですから、と言い訳できますが)


ロングティーは少年野球でしたら
どれだけ遠くに飛ばすか
飛距離を競いあって楽しんでもいいでしょう。



ではロングティーはどんな練習なのでしょう?
ロングティーはどんな意味のある練習なのでしょう?


Enjoy Baseball ~小豆島高校野球部の軌跡~
筋肥大期から筋力獲得期へ

2017年春に統合し小豆島中央高等学となった元小豆島高校。

筋力獲得期は筋肥大期で大きくした筋肉を野球に生かせる筋肉にするために肥大した筋肉に神経を通していく作業をしていきます。

鍛えあげた筋肉を
野球で使える筋肉に変えていくのが
ティーバッティング



この動画を見るとそう感じてしまいます。



しっかり試合と同じスイングをしてます。


ロングティーがいけないと言っているのではありません。
ロングティーで飛距離だけを追い求めていると
ロングティー専用の打ち方をしていると
タイミングのある試合では打てなくなるという意味です。


あっ、使えるとしたら
真ん中に落ちてくるスライダーを打つ技術くらいかな?^^

ebe9561c.gif

稲葉さんはカーブ大好きバッターだったけど
中田翔選手はスライダー大好きだなぁ〜^^



置きティーも鍛えた筋肉を確認したい
どのくらい飛距離が伸びたかを確認したいですが
せっかく遠くまでボールを打つのですから
せっかく止まっているボールを打つのですから
飛距離と一緒に
ボールの回転も気にして練習しましょう。

posted by metoo at 12:17| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする