2017年01月16日

ミラーニューロン ものまね力

「中田が高校時代には、届け出をして生徒と接触さえしなければ、プロが母校で練習をすることが解禁になっていて、おかわり君は、オフに母校で練習する機会があった。遠目に見学していた中田は、そのときプロのバットスイングの速さに驚き、もっともっと振り込むことを自らに科した。」
大阪桐蔭時代の中田選手

自分よりレベルが高い選手を見たり一緒に練習をすると

力は感染るんじゃないか?と考えたことがあります。

技術をマネすることは出来ても

まさか力はマネできないだろう・・・


ものマネする力

これを

ミラーニューロンというそうです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミラーニューロン〜ものまね力と知育
このミラーニューロンのシステムは、生後12ヶ月には完成していると言われていますので、その時点ですでに両親など自分以外のヒトの行動の影響を受けるということです。
例えば、お母さんが子どもに微笑むと微笑み返すというような簡単なコミュニケーションから、話し方や食べ方、真似してほしくない癖までを子どもたちは模倣していきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人は目に見た物を自分の力にする能力を、生後12ヶ月から持っているんですね。

つまり

高いレベルの選手とたくさん触れ合った方がいい!

(あ〜いう選手になりたい)
(あ〜いう打球を打ちたい)
(あ〜いう球を投げたい)

たくさんのプレーを見ることが、まず大切なんですね。

以前から感じていた
6年生と4年生が一緒に練習すると
4年生は急激に上達する。

これは、ミラーニューロンだったんですね。


同じチームの選手と一年間練習するよりも

一歩外に出て

高いレベルのチームと合同練習をしてみる。


伸び悩んでいる選手がいる時は
環境を変えてみるのもいいですね。


物事の上達にはミラーニューロンを働かせる「真似」が最適!




単純にはいかないのでしょうが

やはり

プロとアマチュアはもっと近づいた方がいいと思います。
posted by metoo at 17:33| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

運動後のゴールデンタイム+運動前+運動中

1月4日にこの記事を書きましたが、
ダルビッシュ投手のツイートを見るともっと大切なことがあるのが分かりましたので書き加えました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


何もエネルギーの無い状態、空腹で練習するのが最もよくないのでしょうね。
動く前に食べる!

さらに



練習中にも栄養補給。
つまり、エネルギーが空っぽの時間をつくってはいけないんですね。

EAAについて
1831dbf13942a90312fc4958f264f827.png
EAAとは9種類の必須アミノ酸の総称 です。
摂取することにより、筋肉の分解抑制・筋肉の合成促進の効果 があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
年末に自分の身体で実験してみました。

1時間ジョギングをした30分後までに
月曜 食事なし
水曜 食事あり
金曜 食事なし

木曜日の疲労が全くありませんでした。

これは本当です。

何を食べるかは
「運動後 ゴールデンタイム」で検索してみましょう。



練習は大切ですが
練習が終わった30分後までの方がもっと大切です。


全ての野球チームへ伝言です。

練習後30分以内に何かを食べましょう!


ゴールデンタイムですよ!ヽ(^o^)丿




posted by metoo at 16:05| 千葉 ☀| Comment(0) | 栄養 | 更新情報をチェックする

速い球を投げるには

2017-1-16_14-50-21_No-00.jpg
ダルビッシュ投手と稲葉氏のインタビューより

速い球とそうでない球の
違いを突き詰めていけば
基本的に速い球を投げれるようになるし
変化球も上手になる



とてもわかりやすい、その通りだと思います。

自分の感覚と実際の球速

違いを突き詰めていく

やってるようで実はやってない練習ではないでしょうか。



亀梨くんの速球プロジェクト
1月15日は大谷翔平投手からのアドバイス。

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-3-48_No-00.jpg

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-4-0_No-00.jpg
練習法1 近い距離から壁にボールをぶつける

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-6-18_No-00.jpg
短い距離を投げることで
ボールの軌道ではなく動きだけに集中する

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-4-59_No-00.jpg
練習法2 真上にボールを投げる

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-5-39_No-00.jpg
腕が遅れないように

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-36-8_No-00.jpg
真上に投げることで、腕に負荷がかかり
より早く腕を振る意識がつく

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-7-9_No-00.jpg
リリースが大事だと思うので
リリースで抑え込む

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-7-33_No-00.jpg
腕の振りの遠心力でボールは上にあがろうとするのを

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-7-57_No-00.jpg
指で抑え込むイメージ

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-21-31_No-00.jpg
バッティングでもそうなんですけど
止まるところがないと加速しない。

SnapCrab_NoName_2017-1-16_15-22-1_No-00.jpg
踏み込んだ左足でブレーキ→腕加速し球速アップ



亀梨くんが速い球を投げるにはどうしたらいいか?
プロ野球投手のアドバイスをするのか
どんな練習をしてるのか、とても参考になります。


田中将大19歳の感覚
3:20〜 
「何かつかめそうな感じあるんすよね」
「真っ直ぐ」
「だから野球っておもしろい」

こういう練習が何かを見つけるのでしょうね。


素振りとか
ピッチングとか
「コレだ!」
何かを見つけ出すために数をこなすのなら正解かもしれません。


posted by metoo at 15:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 投げる | 更新情報をチェックする