2017年01月05日

打撃10ケ条

始めに言っておきますが別に10ケ条でも5ケ条でも3ケ条でもいいです(^_^;)


あまりバッティングについて教える事ってしない方がいいと思っていましたが、この動画を見て教える事の大切さを痛感しました。(あ〜教えるってこういうことか)ボールを遠くに飛ばすとか、変化球に対応するとか、左投手の打ち方とか、そういう事の前に「基礎」がなければいけない。その「基礎」は子ども達にしっかり教えなければいけない。ガチガチに教え込んでいい「基礎」がなければ「基本」という個人の感覚が生まれないのではないか。



バッティング10ケ条を子ども達に教えてる動画です。
教えてる内容はバッターボックスの入り方から打ち終わるまで。
初めてバッターボックスに立つ子ども達にはここから教えていくんですね。
この動画を見て、そういえばメジャーリーガーって同じようにバッターボックスに入るなあと感じました。

打ち方を教えたい指導者はたくさんいるでしょうが、
一人一人違った選手によって何を教えていいのか分からない方が多いでしょう。
指導者によってもバラバラで統一は難しいと思います。

しかし少年野球で教えなければいけないのは
打つ前の準備だったりします。
ルーティング(2005-08-11)

子ども達と一緒に
バッターボックスへの入り方から
構えるまでの特徴を10個探してみましょう。







この動画を見て
「あっ、僕もバッターボックスには後ろ足から入ろう!」
そういう発見を箇条書きにしてみんなで試してみるといいでしょう。


子ども達がバッターボックスで
ワクワク・ドキドキ・キラキラ・ニコニコすることが大切なんです。

バッターボックスに入ったら
練習したことなど忘れてもいいんです。
アドバイスなど忘れてもいいです。
(ピッチャーが投げたボールを打ち返す!)
そこだけに集中させてあげられるように
10カ条をつくってあげましょう。


球審から見てると、ネクストバッターサークルからバッターボックスに何もしないで入って、そのまま構えてスイングする子がたくさんいます。立ち位置もバラバラ、スイングもバラバラ、バッターボックスで何をしていいのか、どんな準備をしていいのか分からないのでしょう。その様な子どもに「あーしよう!こー打て!そーするな!」のアドバイスはマイナスにしかなりません。

始めに書きましたが打撃5ケ条でもいいでしょう。
こうやって準備した方がいいよ!
そんなアドバイスを箇条書きにして作ってあげましょう!



参考までに
上の動画で教えてる10ケ条です。
こういう内容だったら自分達でも作れそうですね。

1- Back foot 後ろ足
2- Front foot 前の足
3- Measure up ホームベースまでを測る
4- Check your feet 足の向きをチェック
5- Rest リラックス休憩
6- Check your grip グリップをチェック
7- Stance スタンス
8- Step  ステップ
9- Pivot 旋回する
10- Hold そのままの姿勢で
(Heel up & Chin Down) かかとが上がっている&あごを引く
posted by metoo at 17:56| 千葉 ☀| Comment(4) | 打つ | 更新情報をチェックする

考え方は種

「ピッチャーがボールを投げなければ始まらない」

よく言われる野球用語ですが、
野球のルールから考えるとちょっと違います。

6.02「投手の反則行為」
aボーク
(6)ピッチャーがバッターに正対しないうちに投球した場合。

バッターが構えてからでないとピッチャーは投球動作を起こせません。

つまり
野球はバッターの構えから始まります。


韓国との国際試合を見てるとそれが徹底されてるのを感じますね。
韓国のバッターは必ず自分のペースで構えます。



日本の少年野球では
ピッチャーが投球動作を始めるとバッターはすぐに構えてしまいます。
バッターがまだ監督のサインを見てるのにピッチャーは投げようとしてしまいます。

野球はバッターが構えて
ピッチャーと正対してから
「プレイ」です。

この考え方を知っておくとのと知らないのでは
ピッチャーが圧倒的に有利になってしまいます。
まだ準備が出来ていないバッターは打てませんよね(^_^;)



宝くじは買わないと当たらないと言う人もいれば
買わないからハズレないと言う人もいます。

どこから考えるかで人は変わってきます。



たまたま見ていた番組ですが
考え方は種
枯れることもあれば花を咲かす種もあるんですね。


posted by metoo at 16:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする