2017年01月04日

ひじ痛の原因3つ

小学六年生のお父さん方と話をする機会がありましたので、お父さん方に質問してみました。

「ひじ痛の原因って何だと思います?」

多くのお父さん方は
・上から投げていないから
・ひじが下がっているから
投球フォームが良くないからひじ痛が起こると考えていました。

同じように質問してみました。

「速いボールを投げるにはどうしたらいいか?」
「ボールを遠くに打つはどうしたらいいか?」

やはり、フォームに原因があると考えているようです。

これと同じ質問を子ども達にもしてみたのですが
やはり、
故障の原因と、速いボールを投げる、ボールを遠くに打つには
フォームが大切だと答えがかえってきました。

六年生4つの合同チームの話ですが、
多くの少年野球チームの指導者は
フォームが良ければいい野球選手になれると考えてるようです。


そこで私はどう考えてるかを聞いてもらいました。

gb106.jpg
ボールを投げる、打つのをゴムパチンコで説明します。

17010401.jpg
ゴムパチンコには正しい使い方があります。

17010402.jpg
@間違った使い方をするとゴムが切れます。

17010403.jpg
A何百回、何千回と使い過ぎるとゴムが切れます。

17010404.jpg
Bゴムの限界を超えるとゴムが切れます。


@投球フォーム
お父さん方が考えるように、使い方を間違えると肩やひじを故障してしまうでしょう。
しかしこの問題の正解はあるのでしょうが、個人差もあり正解と呼べる投げ方は1つ2つくらいに感じます。

A投げ過ぎ
一日に何百球も投げてしまえば子どもの体は故障します。
投げた後には体を回復することも大切です。

B能力オーバー
投げ方は綺麗です。球も速いです。だからチームのエースです。
こういう子が最も危険なタイプです。
体は小さいけど球速100キロを超えるボールを投げれてまう。
・50ccのエンジンで時速100キロを走る
・3000ccのエンジンで時速100キロを走る
どちらが壊れやすいか想像してみてください。

また、3000ccのエンジンでも限界を超えれば壊れます。
つまり、速い球を投げれば投げるほど、ケガと故障のリスクも高まってきます。
スピードが出ちゃう子どもほど危険です。


17010405.jpg

こんなイメージで考えてみましょう。

ゴムが太く強いゴムになれば
もっと強い体を手に入れれば
もっと速い球も投げれるようになるし
もっと故障しにくい体になる。


強い体を手に入れるには
【トレーニング】
【栄養補給】
 ・食事
 ・サプリメント
【休養・回復】
 ・睡眠
 ・お風呂
 ・ストレッチ
 ・マッサージなどなど



まだまだ新しい発見が見つかる世界です。
2017年はどんな発見があるのか?
楽しみですねヽ(^o^)丿

posted by metoo at 16:03| 千葉 ☀| Comment(4) | ひじ痛 | 更新情報をチェックする