2016年08月14日

バヒで行け!



2016年8月14日
いなべ総合学園 vs 山梨学院
いなべ総合 尾崎監督 試合後のインタビュー
5:33〜



タイミングがあっていなかったので

魔法の言葉なんですけど

バックヒットから

ちっちゃいッを抜いて

「バヒで行け!」と

タイミングの取り方です。

バックヒットはワンツースリーのタイミング

バヒはワンツーで

早くトップを作っておいて

それから踏み込んで打つ。

タイミングを一拍子早めさせた。



面白いアドバイスですね(*^▽^*)


ワンツースリー 1.2.3のタイミングから

ワンツー 1.2のタイミングへ

これは賛成です。

足を上げて1.2.3のタイミングではなく

1.2のタイミング

これって・・・



筒香選手の進化と似てるなぁと感じました。
左が1.2
右が1.2.3


尾崎監督から「バヒで行け!」のアドバイスを受けた
8回裏 藤井選手のバッティング



秀岳館がツーストライクからノーステップで打ちますが、
ノーステップで大切なのは
ノーステップにすることだけでなく
1.2のタイミングにすること。




1.2のタイミング


いくつかタイミングの技術を準備しておく。

いなべ総合 尾崎監督のインタビュー

とても参考になりました!


posted by metoo at 21:32| 千葉 ☁| Comment(0) | タイミング | 更新情報をチェックする

野球の進化を止める解説者:長野哲也

nagano1.jpg

NHK高校野球解説者 

長野哲也(元社会人野球大阪ガス投手・ヘッドコーチ・監督、大阪教育大学監督 2003年夏〜)

こういう人が日本の野球を遅らせてるんですよね。


叩け
転がせ
フライをあげるな
ホームラン長打狙い禁止
コンパクトに
送りバントで流れを



もうこんな野球じゃ世界では勝てないのに気が付けば?



8月11日 第4試合
秀岳館×常葉菊川

ABC朝日放送テレビ 解説:松本稔

NHKラジオ 解説:長野哲也


LIVEでラジオを聴いて
バーチャル甲子園で録画を見ましたが
どうしてここまで野球の捉え方が違うのか?
両チームの打ち合い
フルスイングを否定し続ける
長野哲也を聞きながらイライラしてました( ゚Д゚)

posted by metoo at 17:33| 千葉 ☁| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする