2016年06月10日

ココを回すとココが回る

トニー・グウィン選手がイチロー選手のバッティングを語っているページに、バッティングの基礎を一つ教えてくれてます。

13年前にグウィンが語った「イチローのバッティング」2014/06/29

両足が地面につかない限りバットは振れません。


大きく足を上げても速球に食い込まれるだけ、日本人選手のバッティングフォーム、大きく足を上げる必要があるのでしょうか?

ちょっとこの問題を考えてみます。


簡単な実験です。

16060900.jpg
まず両手を左右に広げて立ちます。

16060901.jpg
片方の足を上げてもこんな感じ。
上半身は動きません。

16060902.jpg
次は足を回してみます。

16060903.jpg
そうすると上半身が自然と回ります。

「ココを回すとココが回る」2007/02/13
投げる動作でも考えましたが、
バッティングでも同じだと思います。


bp001.jpg
投手に踵から入る


足を大きく上げて体重移動で打つよりも

足を回した方が

自然と上半身が回ってしまう深いトップの位置も作れ

強く回転できる。





大谷選手のホームラン

体重移動ではないですよね。

体重移動のために筋トレして体重を増やしてませんよね。

身体を回転させる筋肉を鍛えてますよね。


16060904.jpg

ココを回すとココが回る

でした(*^▽^*)
posted by metoo at 00:09| 千葉 ☀| Comment(5) | 打つ | 更新情報をチェックする