2015年07月27日

180度フルスイング



白いユニフォームはUSA
紺のユニフォームは侍JAPAN

力の差

体格の差

じゃないですよね^^


U-12ワールドカップ 予選リーグ第2戦アメリカ戦、動画ハイライト

スイングの大きさの差ですよね。

ホームランを打ちたい!

気持ちの差ですよね。



アメリカの12歳選手くんたちは、
大きく足を上げて体重移動をしてるわけではありません。


トップが深いんです。
振り切りった後も深いんです。

日本人は90度回るスイング
15072201.jpg

アメリカ人は180度回るスイング
15072202.jpg


前の肩と、後ろの肩が入れ替わる

180度フルスイングを目指しましょう!


小さくまとまるのは

大きくなってからでも出来ますから^^


あれっ?

前の肩と、後ろの肩が入れ替わる???


投げ方も打ち方も

肩を入れ替えるのが大切なんだなぁ。。。




練習方法は

ワンバウンドを打ってみよう!

ワンバウンドを待つ「間」に

深いトップとワレ

脱力のアップが入ります。

目的は飛距離ですが

飛距離が出てしまうフォームも

勝手に出来上がってしまいます。



バスケットボールのワンバウンド打ちを

ひと夏、朝練で鍛えたことがありますが、

深いトップと

下半身がどっしり沈み込むようになります。

分かる子は、

ボールが高く浮き上がる逆回転

ボールに回転をかけるように打つコツも掴みます^^


ラベル:フルスイング
posted by metoo at 16:14| 千葉 ☁| Comment(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

7試合連続初回得点

2015年 夏の甲子園千葉県大会

恐ろしい記録が生まれました。

習志野高校 

7試合連続

初回得点


決勝戦までの7試合

全て初回に得点してます。



シード校なので
2回戦から7月13日
1507131.jpg

3回戦7月15日
1507152.jpg

4回戦7月19日
1507193.jpg

5回戦7月21日
1507214.jpg

準々決勝7月23日
15072305.jpg

準決勝7月24日
1507246.jpg

決勝戦7月26日
1507267.jpg


恐るべし習志野高校

どこまで相手を研究するんや!ヽ(^o^)丿



決勝戦をテレビ観戦してましたが、
専大松戸高校の監督さんが出すサインは、
習志野高校のキャッチャー君が全部わかっていましたね。
センターの守備位置も打者によってしっかりマークしてました。
相手投手、捕手のクセ、打者の特徴。

そこまでやるか!

そのくらいデータ班が動いていたように感じました。


さて、初回に点を取るチームと言えば
大阪桐蔭

2回戦の履正社以外
東高校
信太高校
金光大阪高校
この三試合は初回に点を取ってますね。




初回の攻撃

対戦相手をイメージして前日まで練習する。

初回だけは好きな打順を組める。

点を取って当たり前ですよね。

なぜ取れないか?

準備が足りないから・・・としか言えません。



一回の攻撃

それだけを練習試合してもいいでしょう。

一回から七回まで連続で得点できましたか?


甲子園にはあと一歩届きませんでしたが

7試合連続初回得点

まさに

チームみんなで作り上げた

見事な記録だと思いますヽ(^o^)丿



ただ疑問なのは
習志野高校は
センター前ヒットしか打ってはいけないんですか?
ホームランを打ってはいけないんででしょうか。
大きな相手はジャブだけでは倒せません。

もっと180度フルスイングさせてあげましょうヽ(^o^)丿

posted by metoo at 15:44| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする