2015年04月22日

しっかり守って90連敗

東大、ちらつく100連敗…「守って食らいつく」 東京六大学野球


今秋の100連敗到達もちらつく中、カギを握るのは投手陣と手堅い守備。数少ない得点機をものにし、「しっかり守って食らいつく」と浜田一志監督は祈るような思いで出口を探している。


野球はパーフェクトで守り切っても勝てないスポーツです。

せっかく頭がいいんだから

勝つ方法を探せばいいのに

負けない野球ばかり追い求めてしまう。

変えられないんですね・・・

もったいないですね^^



相手を「ゼロ」に抑えるより

相手から「1」を奪う競技です

公認野球規則 1.02
「各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする。」

まずちゃんとルールを守りましょう(^_^;)


負けない野球は必ず負けます。

勝ち方がないからです。

しかし

勝とうとする野球は

いつか必ず勝てます!




一つ言っておきますが

私は弱いチームが大好きなんですヽ(^o^)丿

弱いチームが知恵を絞って強いチームに勝つ!

それが私の楽しみ方です。

批判ではなく応援です。


東大が打ち勝つ日を楽しみにしてますヽ(^o^)丿



posted by metoo at 14:12| 千葉 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

メジャーのショートに必要な動き



このプレーが出来れば

日本人でもメジャーのショートを守れる?^^

ならば

分解して必要な動きを確認してみましょうヽ(^o^)丿

GO1.jpg


CL001.jpg
バックハンドキャッチは右足で捕った方が速いプレーになります。
左足で捕ると、右足で踏ん場って投げたほうがプレーの流れ的にスムーズです。しかし全体で見ると時間のかかる遅いプレーになってしまいます。

CL002.jpg
CL003.jpg
グラブの親指側のウェブでねじるようにキャッチしてます。

CL004.jpg
左足で踏ん張って

CL005.jpg
一度、身体の中心にグラブを集めて

CL006.jpg
右足で投げます。ここがトップの位置です。小さいですね。

CL007.jpg
CL008.jpg
しかし、身体がねじ切れるような深いフォロースルー。
これが日本では見れない柔らかさです。
FGYO.jpg



別の角度から

1)バックハンドは右足で捕る ・タン
2)身体の中心に集めて左足で踏ん張り・タ
3) 小さいトップからひねり切るように右足で投げる・タン

右足で捕って右足で投げるのも
左足で捕って左足で投げるのも

「タンタタン」

実は同じリズムなんですね。
GO1.jpg


もう一つ、日本人と外国人の違いを見つけましたが
これはもうちょっと調べてからにしますね^^





捕ってから投げる時、
捕ったままトップの位置へ上げてませんね。
わずかな時間ですが
一度グラブを身体の中心に集めてから、
卵を割るようにボールをトップの位置へ
バランスもとりやすいですし
小さなモーションでもしっかり投げれる。
打つ時だけでなく、投げる時にも「ワレ」がある方が
力強い送球につながるのでしょう。

GO2.jpg

posted by metoo at 12:43| 千葉 | 日記 | 更新情報をチェックする