2015年04月13日

練習とトレーニング

15041301.jpg

私が監督時代の練習メニューです。

大人コーチが三人以上いれば3グループ。
投手捕手、内野陣、外野陣に分けた子供3グループ。

もし大人が6人7人いれば4グループ、5グループに広げます。


打撃練習が1/3
テーマ練習が1/3
トレーニングが1/3

必ず練習とは別にトレーニングを入れてます。

トレーニングは
S スピード 前に進む能力
A アジリティー 身体コントロールする能力
Q クイックネス 素早く動く能力


youtubeで探すとたくさんみつかります。


SAQトレーニング中心ですが、スポーツであればなんでもOK!
鉄棒で逆上がり、砂場で幅跳び、サッカーボールでドリブル、50mダッシュ、小学校の校庭を利用すればたくさんのスポーツメニューが思い浮かびます。トレーニングの目的は、野球だけに限らず、アスリートとしての運動能力を高めることです。



現在、私達の少年野球チームは
カバーリング、ベースカバーなどの試合の動きは
相手チームと比べて0-0の引き分けレベルまで成長してます。

しかし、試合の勝ち負けを決める得点は
打つ、投げる、守る、走るです。
ここで差がつき0-16、3-13、0-12と大きく負けてしまいます。

打つ、投げる、守る、走るの能力の差は
運動能力の差です。

野球だけの練習ではなく
身体操作、身体能力を育てるのがトレーニング。

ここを頑張れば、
得点差も縮まってくると考えています。

練習時間は変わりませんが
練習内容の1/3をトレーニング時間にする。

これが私の方針でした。



気を付けたいのは、
グランドは一つしかありません。
グランドの真ん中(ダイヤモンド)を使わない時間はあってはいけません。
みんなでトレーンングしてるとグランドの真ん中が空いてしまいます。
なので、グループに分けます。
また、3つのグループと書きましたが、2つのグループでも構いません。
なぜグループにするかというと、1人の大人が子ども全員と接することが出来るからです。


ローテーションメニュ-と呼んで、30分〜45分で次の練習メニューに移ります。
打撃練習は
@バッティングピッチャーのボールを打つ
Aティーバッティング
B走塁練習(エンドラン走塁、盗塁を各自で)
C人数が多い様だったら、タイヤ叩きと素振り

テーマ練習は
投手・捕手だったらバント処理や牽制、ショートバウンド捕球など。
内野、ゴロ捕球やダブルプレーのステップなど。
外野、フライの追い方や捕り方など
グループによってメニューを変えてもらいます。


ウォーミングアップ、キャッチボールメニューで1時間
ローテーションメニューを休憩時間を入れて2時間。
その後、ゲームノック1時間。
クールダウンで30分。
練習時間を短くしたいけど、
やっぱり4時間を超えちゃいますねヽ(^o^)丿


posted by metoo at 13:07| 千葉 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

悩むマー君


2015-04-13 09.51.58
背中側へ通訳の方に立ってもらい身体の開きを抑える投球練習をする田中投手。

自分の中にある課題と闘ってますね!


昨年と同じ
フォーシーム、スプリット中心の配球ならば
昨年と同じ故障を繰り返してしまう。



脱力すれば重心が高くなりスプリットが手前でワンバウンドに。

スライダー、ツーシームで追い込んでもスプリットが使えない。

決め球はスライダー中心になり身体は横回転へ。

身体の横回転から見やすいフォーシームとスプリット、
空振りも取れず、ボール球も手を出してくれない。


イメージ通りのピッチングが出来ずイライラしてきて
キャッチャーのサインに首を振り、打たれてしまうホームラン。


田中投手が眉間にしわを寄せて投げる姿は久しぶりに見ました。


まだ二試合目。

長いシーズンを最後までローテーションを守るにはどうしたらいいのか。

悩む田中将大投手。


5試合目10試合目くらいで何かを掴みそうですが

試行錯誤してる今のマー君も見ていて楽しい(*´▽`*)

自分を変えるのって本当に難しいですね。


posted by metoo at 11:30| 千葉 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

噂の清宮くん



スポーツ紙面を楽しませてくれてる清宮くん。

バッティングや体格が騒がれていますが

「これからこういう環境でやっていかないといけない人間なので。大丈夫です」

一番素晴らしいのは性格でしょう。

この性格なら

まだまだ成長すると思います。



高校野球・プロ野球・メジャーリーグ

彼の成長を楽しみたいと思います(*´▽`*)


posted by metoo at 11:06| 千葉 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする