2015年03月13日

腰痛からひじ痛へ

今日三回目のブログ。
ここを一番書きたかった(*^_^*)

ひじ痛の原因をこう考えています。

◎投球フォーム

◎投球制限
・投球数
・投球間隔

◎投球環境
・球
・マウンドの土
・気温、湿度

◎体調
・疲労・回復 
・栄養
・休養


さらにもう少し考えられるのが
ひじ以外の身体のどこかに異変がある時。
松坂投手のように股関節に痛みがあり、
下半身を使えずにバランスを崩したフォームになってしまった。
その結果、上半身を無理して使いひじに負担のかかる投げ方になってしまう。


足首、ひざ、腰、股関節、臀部、ハムストリング
わき腹、僧帽筋(寝違えなど)、爪、マメ などなど

痛みを我慢しながら投げてしまい
ひじを痛めてしまう。

これは小学生でも注意しなければいけません。



DAL2013.jpg

2013年ダルビッシュ投手は腰痛を我慢しながら投げていたようです。

その結果、2013年シーズンオフのトレーニングがしっかりできず、2014年8月にひじ痛を起こしました。


1)投球制限の問題

投球間隔が短い
  ↓
疲労が抜けない
  ↓
ひじを壊してしまう



2)投球環境の問題

マウンドが固い、ボールがすべる
  ↓
日本とは違う故障が起こる
  ↓
痛みを我慢しながら投げる
  ↓
投球フォームを崩す
  ↓
ひじを壊してしまう




どちらも
疲労を回復する時間
痛みを回復する時間
しっかり休む時間があれば・・・



練習をたくさんすれば上手くなります

でも、

上手くなればなるほど故障してしまう。

これを変えなければいけません。




上達と回復が気持ちよく進められる世界。

1日2時間の練習で十分です。

ゆっくり休んで、家族で出かけて、ご飯をたくさん食べる。

心と体を休ませる。



最も取り入れなければいけないのは

メジャーの野球や練習方法ではなく

生活スタイルなのかもしれません





posted by metoo at 17:59| 千葉 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年のダルビッシュ

0313001.jpg

0313002.jpg

0313003.jpg

0313004.jpg

0313005.jpg

0313006.jpg

0313007.jpg

0313008.jpg

0313009.jpg


ひじ痛を起こす前の稲葉さんとのインタビュー。

この時には「ひじは元気です」と話していましたが

残念ながら靭帯断裂となってしまいました。


2015年シーズンを元気な状態で迎えていたならば・・・

2007年の投球フォームを目指していたダルビッシュ投手。

何が違うのか比べてみました。



2014年 ひじを痛める前のフォーム。
テイクバックでひじを伸ばさない、曲げたままのフォーム。
これは、ひじへの負担を減らす投げ方だったのでしょうか。




こちらが2007年のフォーム。
ダルビッシュ投手の理想だそうです。




こちらが2015年ブルペンでのフォーム。



バッティング練習でのピッチングフォーム。



あ〜〜〜 
2015年ダルビッシュが見れないのが残念だ〜〜(^_^;)



しょうがない!

2007年のダルビッシュを楽しみましょうヽ(^o^)丿


二十歳のダルビッシュ若い(*^_^*)


小笠原なつかしい!ってまだ現役ですよね(*^_^*)
posted by metoo at 15:19| 千葉 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

中四日と中五日の回復力

q1.jpg

q2.jpg

q3.jpg

q4.jpg

q5.jpg

q6.jpg

q7.jpg

q8.jpg

q9.jpg

q10.jpg

q11.jpg

q12.jpg

q13.jpg

子どもと大人で身体の違いはるでしょうが、
少年野球は土日だけですから月曜から金曜まで5日間休めます。
しかし、土日の連投は絶対に避けるべきですね。





q14.jpg

q15.jpg

q16.jpg

q17.jpg

q18.jpg

q19.jpg

トミー・ジョン手術について
この時、ダルビッシュは自分がいつか手術するのを覚悟していたのでしょうか。

う〜〜〜ん

posted by metoo at 15:02| 千葉 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。