2015年03月08日

回復と体温

ダルビッシュ投手 靭帯損傷
このニュースは衝撃です。

D0714.jpg
ダルビッシュ2014/07/16
「中4日は絶対に短い。球数はほとんど関係ない。120球、140球投げさせてもらっても、中6日あれば靱帯の炎症もクリーンに取れます」

「これだけトミー・ジョン手術を受ける選手が出ているんだから、もっと議論しなきゃいけない。もったいない。もっとみんなで話し合うべきです」

この時ダルビッシュは
自分の身体の状態を訴えていたんですかね。



◎投球フォーム

◎投球制限
・投球数
・投球間隔

◎投球環境
・球
・マウンドの土
・気温、湿度

どれが原因?と考えても
故障の原因は一つではないでしょう。

この中で自分がコントロールできるのは
投球フォームだけですが

◎回復 
・栄養
・休養
・体調管理

ここにもっと注目してみましょう。


359.jpg

武井壮さん、いかに回復するか
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いたんだ体をどれだけ早くリカバリー出来るか。
回復を考えた方がいいです。
部屋の中できちんと毎日体温を測る。
0.1度でも体温が高い状態をなるべく保つ。
そのためには
どんな服着て
どんなもの食べて
どんな気温とか湿度で過ごしたら良いかを
徹底的に理解して
自分の取り扱い説明書を持ってほしい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

taion.jpg
武井壮さんツイッター 2011年11月18日より


体温を高めて

代謝を促進し

疲労回復を促す




少年野球も

鍛えながら回復

両方を見れるのは誰かと言ったら

 だけなんですよね(^-^;



快適.Lifeさん 体温と基礎代謝

体温1度で変わるもの。免疫力、代謝(ダイエット)、体質。



posted by metoo at 10:26| 千葉 ☔| 回復 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。