2014年09月08日

5億の選手

メジャーに渡る前の年棒を調べてみました。
(FA、ポスティングありますが)
日本にいた最終年の年棒とメジャーでの年数。
4億以上は赤です。

長谷川滋利 オリックス1996年(28)1億2000万 9年
佐々木主浩 横浜1999年(32)5億 4年
イチロー オリックス2000年(27)5億3000万 14年目
新庄剛志 阪神2000年(29)7800万 3年
石井一久 ヤクルト2001年(28)1億5000万 4年
田口壮 オリックス2001年(32)1億2000万 8年
松井秀喜 巨人2002年(28)6億1000万 10年
松井稼頭央 西武2003年(28)3億5000万 7年
井口忠仁 福岡2004年(30)2億4000万 4年
城島健司 福岡2005年(29)5億 4年
松坂大輔 西武2006年(26)3億3000万 8年目
井川慶 阪神2006年(27)2億3000万 5年
岩村明憲 ヤクルト2006年(27)2億1600万 4年
黒田博樹 広島2007年(32)3億円 7年目
上原浩治 巨人2008年(33)4億円 6年目
岩隈久志 楽天2011年(30)3億円 3年目
青木宣親 ヤクルト2011年(29)3億3000万 3年目
川崎宗則 福岡2011年(30)2億4000万 3年目
藤川球児 阪神2012年(32)4億円 2年目
和田毅 福岡2011年(31)3億3000万 2年目
ダルビッシュ 日本ハム2011年(25)5億 3年目
田中賢介 日本ハム2012年(32)2億7000万 2年目
中島裕之 西武2012年(30)2億8000万 2年目
田中将大 楽天2013年(25)4億円 1年目



選手の評価はやっぱり数字です。


これは私の想像ですが

日本にいられなくてメジャーへ挑戦してる選手もいるんじゃないかな?
という想像です。

日本のプロ野球では1人の選手に5億の年棒を払えるチームは少ないです。

5億を超えるなら2億の選手と3億の選手を補強、
もしくはポスティングでメジャーに送った方が得とも考えるでしょう。

プロですからそれは仕方がないですね。



とまぁ、話はそれてしまいましたが、

今回考えたのは

5億の壁を超える選手は今のプロ野球にいるのだろうか?

金子千尋?おかわり君?糸井?坂本?

今年のプロ野球で5億を感じられる選手は

二刀流 大谷翔平選手だけですかね(*´▽`*)

posted by metoo at 00:00| 千葉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする