2014年03月03日

へいこうカウント

謎の野球言葉
『へいこうカウント』

皆さんはどの『へいこう』漢字を使ってますか?

【平行】
1 一平面上の二直線、または直線と平面、あるいは平面と平面とが、どこまで延長しても交わらないこと。また、そのさま。「―な二直線を引く」「二本の線を―させる」
2 「並行(へいこう)2」に同じ。

【並行/併行】
1 ならんで進むこと。「線路に―して道路が走る」
2 二つ以上のものが同時に行われること。「文化祭と体育祭が―して開催される」

【平衡】
1 物のつりあいがとれていること。均衡。「からだの―を失う」
2 つりあいがとれて物事が安定した状態にあること。「精神の―を保つ」
3 物体または物質に変化を起こす原因がありながら、それらの効果が相殺し、一定を保っている状態。力学的平衡・熱平衡など。


まず 『へいこう』 はどの漢字なのか?
平行が多いけど並行を使う人も多い、平衡の意味も捨てがたい。

意味と漢字は置いといて
へいこうカウントとは
ストライクとボールのカウントが同じの状態。
これは誰もがわかるけど

ツーストライク ツーボールだけをへいこうカウントと呼ぶのか
ワンボール ワンストライクもへいこうカウントと呼ぶのか?

これも人によっては違ってる(T_T)


ツーストライク ツーボールになるまでには
最低4球は投げている、ファールがあればそれ以上
B-S Bボール、Sストライク
0-1、0-2、1-2、2-2
0-1、1-1、1-2、2-2
0-1、1-1、2-1、2-2
1-0、2-0、2-1、2-2
1-0、1-1、1-2、2-2
1-0、1-1、2-1、2-2
この六つのパターン

ストライク先行して追い込んでから2-2
ボールを挟みながらの2-2
ツーボールからツーストライクに運んだ2-2
それぞれに意味がありファールもあるので
ツーストライク ツーボール へいこうカウントだから◎◎しろ!
みたいな決まりはあまりないように私は感じてます。
へいこうカウントだからといって無理にエンドランをかけるより
一球見逃せば3ボール2ストライクとなり
自動スタートでもいい場面もあります。



僕が個人的に大事だと考えてるカウントは
2ボール 1ストライクです。

3ボール 1ストライクになるか
2ボール 2ストライクになるか

三振の一歩手前と四球の一歩手前
少年野球にとっては大きな一球です。

球審からしても
難しいカウントとも思っています。
もっと言うと、
このカウントでゲームが決まる場合が多いんです。

キャッチャーからすると
2ボール 1ストライクは
必ずバッターは打ちくると言っていいカウント。
ここは特に注意して観察しなければいけません。
100%打ちに来るバッターの動きが見れるカウント。
3ボール1ストライクになっても、2ボール2ストライクになっても
このバッターの本質が見えるカウントといっていいでしょう^^



あっ
今日のお題はへいこうカウントについてでしたね。
とりあえず
ただの言葉ってことにしておきましょう(*^^)v

posted by metoo at 00:15| 千葉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする