2012年09月27日

どこに意識を集中するか

「今日はリラックスして打とう!」
「次の打席はもっとフルスイングずるぞ!」
「しっかりタイミングをとって打とう!」

バッターボックスで迷わせるのは最も良くないことです。
気持ちよくバッターボックスに立たせてあげるためには、
ネクストバッターサークルやベンチにいる段階で指示を出してあげたいですね。

さて、どこに意識を集中してるのか?と考えたとき、
リラックスやフルスイング、タイミングなどは、
自分の“中”に向けての意識だと思います。

この“中”への意識ではなく“外”への意識に変えてみる。
ピッチャーが投げたボールに意識を集中させる。

それが4つのアプローチ
2009/10/18 楽天の強さ

【A型】特にヤマを張らず、直球に重点を置きながら変化球にも対応しようとするタイプ。
【B型】内角球か外角球か、狙う球のコースをどちらかに絞り込むタイプ。
【C型】打つ方向を、右方向か左方向かに決めるタイプ。
【D型】直球か変化球か、球種にヤマを張るタイプ。

少年野球シーズンも終わりに近づく秋は、
とんでもなく速い球を投げるタイプ
とんでもなく緩急を上手に使うタイプ
二つの完成度の高い投手が対戦相手に増えてきます。

自分の型ばかりに意識を集中させていると、
何も出来ずに試合が終わってしまいます。

秋からは対戦相手のボールに意識を集中させないと全く話になりません。
その為の準備が夏休みです

速い球の打ち方。
緩い球の打ち方。
インコースの打ち方。
アウトコースの打ち方。
サイドスローの打ち方。
左投手の打ち方。
夏休みから秋に向けての戦いが始まります。


・この投手は剛速球を投げてくるぞ。
速い球だけを狙って(D型)をピッチャー返し(C型)狙いだ!

・この投手は緩急を上手く使ってくるぞ。
速い球を意識しながら、緩い高めに浮いた球を打とう!(A型)

・この投手は球速はないけどコントロールで勝負してくるぞ。
アウトコースをセンター前に意識を置いて、インコースは鋭くフルスイングだ!(B型A型+C型)
ツーストライクまではベルトから上の球を見極めて打つぞ!(B型)


A型 〜しながら
B型 コース
C型 方向
D型 球種
まだまだヘタクソですが、

小学生にも十分できる技術、アプローチです。


その試合が無安打で終わったとしても、

だったら次はこうやってみよう!こういう練習をもっとやってみよう!

失敗から練習へと考えが膨らみやすい。

試合では“外”へ向けた意識が、また練習で“中”に戻ってきます。

型の“中”ではなく、試合で使う“中”が本当に必要な型なんです。


型は常に考えて悩んで作り上げなければいけませんが、

バッターボックスで意識を集中させるのは

ピッチャーが投げたボールだけです。


そこを変化させると
バッティングも進化し始める。 なんてな^^


posted by metoo at 20:21| 千葉 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

スポーツと体育

スポーツとは?

スポーツ(sports)は、 ラテン語のportare(ポルターレ=ものを運ぶ)に由来したものであり、ラテン語のdeportare(デ・ポルターレ=生活から離れる)がフランスに渡り、Desporter(Des 離れる+porter運ぶ。 ディスポーター=ものを運ぶことをやめる。動詞で、はしゃぎ回ると言う意味もある)とになった。この頃は、仕事から離れる、生活から離れる、どこかへ行くことなどを意味し、カードで遊んだり、気分転換すること、楽しい感情を発散させるものであれば何でもDesporterとされた。

11世紀頃にはイギリスに渡り、disportまたはdesportとなり、遊びたわむれるといった意味を持つ言葉に代わったという説とフランスでdesportになりイギリスへ渡ったと言う説がある。その後イギリスでは 16世紀になるとdis,desが省略されsportと表記されるようになった。この頃は、山登りや、食事をすること、女性を口説くことまで幅広くスポーツとされていた。

18世紀には、スポーツのルール、用具、記録の方法など、現在のスポーツの原 型が確立される。サッカー、競馬、陸上競技、テニス、自転車、ヨット、ゴルフなどがそうである。本来、貴族の遊びであったスポーツは、産業革命(1760年)以降に、二つの流れで発展していく。一つは中産階級市民の野外での気晴らしや気休めとして遊びやゲームを行なう運動としておこなわれ、もう一つは政治や社会生活の分野における有効な教育の手段として持ちられることで普及していく(=近代スポーツの発展)。しかし、狩猟や乗馬などの競技はなお支配階級の特権であり、庶民たちにレクリエーションを行なわせることで自分たちのスポーツの排他性を守ったといえる。

その後、19世紀になると、徐々にスポーツは競技とそれに付随するギャンブルをさすようになっていく。 その背景には旧来のスポーツを意味する言葉として、レジャーやレクリエーションという言葉が使われるようになったことがあげられる。

(スポーツの社会学、スポーツの構造より)


スポーツ Wikipediaより

「スポーツ」の語源はラテン語のdeportareにさかのぼるとされ、「ある物を別の場所に運び去る」転じて「憂いを持ち去る」という語感、あるいはportare「荷を担う」の否定形「荷を担わない、働かない」という語感から、古フランス語のdesport「気晴らしをする、遊ぶ、楽しむ」を経て現在のsportに至ったと考えられる。
その原義は現在も保持されているが、意味するものは時代とともに変化している。17世紀 - 18世紀には、sportは新興階級の地主ジェントリの特権的遊びである狐狩り等の狩猟を第一に指した。
しかし19世紀に入ると、キリスト教徒 (muscular Christian) 運動や、運動競技による人格形成論が台頭。sportとは、統括組織(競技連盟など)によって整備されたルールに則って運営され、試合結果を記録として比較し、その更新をよしとする競技を第一に意味するようになった。これが現在も行われている近代スポーツである。





体育とは? Wikipedia

体育は、英語のphysical education(身体教育)の訳語として戦後の教育改革において新しく導入された科目である。保健体育はphysical and health educationの訳語である。

小学校「体育」
目標
運動技能を経験によって獲得し、健康・安全に関する知識を身につける。これによって運動能力の習得と体力向上、生活態度の育成を目指す。



スポーツと体育。そして少年野球は?と考えてみましたが、

あまり考えないほうがよさそうですね^^


ちなみにスポーツには、
身体能力を競う「フィジカルスポーツ」と
思考力や計算能力などを競う「マインドスポーツ」があるそうです。


posted by metoo at 14:20| 千葉 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする

かがみ

「身体を大きくするにはどうしたらいいですか?ご飯はたくさん食べてるんですけど」

中学、高校へ進んだ方からよく質問されます。

「かがみを見ながら筋トレをすると、あっという間に身体は大きくなりますよ」と答えます。

もちろん、ご飯をたくさん食べて、プロテインを飲んで、サプリメントを摂取して、きちんと睡眠をとっては当然なのですが・・・

個人差はありますが、かがみの前で上腕二頭筋(ちからこぶ)を見ながら、フン!フン!やってれば、一週間もしない内に腕が太くなるでしょう。(小学生はまだまだ先です)

身体を大きくする=太る ではありません。

身体を大きくする=筋肉の量を増やす が目的です。


「かがみ」は自分と向き合える唯一の道具です。

自分の目を見て、身体を見て、動きを見て、

自分の気持ちと意識を入れて、

自分と語り合える唯一の道具です。


「素振り」は最も素晴らしい練習です。

「シャドーピッチング」も素晴らしい練習です。

そこに「かがみ」を使うと、もっと素晴らしい練習になります。


割れない鏡 をアマゾンで検索

カーフィルム ミラー でYAHOOオークションを検索

なんとか安いかがみが見つからないか調べてみましたが、いろいろありそうです。


小学生の頃から、自分の姿をかがみに映すようにくせをつけておきましょう!

私は小学生の習い事にはダンスをお勧めしています。

ダンスはいつでも「かがみ」の前でする運動だからです。


頭でイメージした動きを、かがみの中の自分と同じにする。

今年で引退する阪神タイガース金本選手がどれだけかがみの前で素振りをしたか?

しっかり自分と見詰め合って、最高の努力を見つけてあげましょう!
posted by metoo at 13:52| 千葉 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする