2012年02月10日

シェア

『今,私たちは「自分にどんな得があるか」を追い求めることから「みんなにとってどんな得になるか」を考えようとするその大きな転換点にいる。』
シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略より

『コラボ』という言葉の次にきた『シェア』『共有』

野球の世界でも技術や指導方法がどんどん『シェア』されてます。

【いいね】ボタンで評価しあって情報の信頼度や価値観まで確認できます。




話は変わって、

この写真

女子ゴルフの笠りつ子さんのブログより

今年もチームダルビッシュ2012としてトレーニングをされていたようです。

ソフトバンク 岩嵜
楽天 井坂
日本ハム 土屋
日本ハム ダース
日本ハム 中村勝

この投手達がダルビッシュ投手の弟子といってもいいのでしょう。

今年の大注目選手達!!! 

トレーニングの成績を追いかけようと思います!


チームダルビッシュ2012

このトレーニングも『シェア』でしょう。

チームを超えて、野球を超えて、共有できる部分は一緒に考える。

投手は投手と、打者は打者と、野手は野手と

先輩から後輩へ、または、後輩から先輩へ

貪欲に「自分にどんな得があるか」を追い求め

「みんなにとってどんな得になるか」まで考えようとする。

ダルビッシュが残してくれた技術と知識は世界一だ!

それをメジャーで証明してくれて、

それを弟子達?はプロ野球で見せてくれるでしょう。



「いい投手はいい打者を育てる」などと昔から言われますが、

やっぱりパ・リーグが今年も上なのかな?



個人が持っている技や知識が、

組織全体に伝わり、全体がレベルアップする。

『シェア』することは素晴らしいことで、

コミュニケーションを広げることも素晴らしいことです。が

あえて疑問は投げかけなければいけません。

本当に『シェア』だけでいいのですか?

本当にその情報は真実なのか?



大事なのは『シェア』することではなく、

どうやったらホームランが打てますか?

どうやったら170キロを投げれますか?

常に考え続けることも、

私は大切だと思っています。


誰でもダルビッシュを取り入れることはできますが、

誰もがダルビッシュにはなれません。



急激に始まった出来事は急激に変化します。

『シェア』の次は何でしょう?

または

『シェア』の正反対にあるのは何でしょう?

実はもう

とっくに始まっているか

もしくは

また戻り始めているか

次はどんな『』が流行るのか必要とされるのか?

posted by metoo at 11:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする