2011年02月19日

気が付く練習

楽天イーグルスの沖縄久米島キャンプを見ていて勉強になることがありました。

ニコニコ動画の生放送です。

便利な時代になりましたね〜(*^-^)b



11021901.jpg

一塁三塁の場面です。

@ピッチャーが投げたボールを見る
A一塁走者の動きを見る
Bそれに合わせた三塁走者の動きも見る

「キャッチャーはこの3つの動きを見えてるよな?」

「プロならココまで見るようにしろよ!」

のような練習でした。

私は@Aはできてましたが、Bまではできなかったなぁ〜

ココまでをプロは求めて練習するんだ!すごいなぁ〜



11021902.jpg

もう一つは、紅白戦前のアップで約5mくらいのショートダッシュの場面です。

トレーナーさんがピッチャーの役割のようで、

一塁のリードから二塁へスタートをする練習。

トレーナーさんの両手は最初はグーの状態。

トレーナーさんの右手がパーならバック!

トレーナーさんの左手がパーならゴー!で、5mのショートダッシュをします。

ここで参考になったのが、

トレーナーさんを見るのではなく、

赤い「+」あたりを見ながらトレーナーさんのグーパーを見てスタートしています。



二つの練習に共通してるのは

試合で使う視界についての練習だと感じました。

また、視界が広い人ほど、いろんなことに気が付くということも感じました。


「視界を広げる」と「気が付く」は同じ意味ではないでしょうか。

気が付くときは、視界が広いとき

視界が広い人は、気が付く人


また、気が付く人は二パターンあって、

学ぶ人と考える人があるように思います。

ま、これはどっかに置いときましょうヽ(´ー`)ノ



気が付く人になるための練習問題です。

「ツーアウト満塁を絵に書きなさい」

例えば雨のミーティングの時にこんな問題を出してみます。

白いノートにどんな絵を書いてくれるでしょうか?

多分、誰も書けないと思います。

11021903.jpg
しかし、上の図を見せてあげると「なーんだ」誰でも書けるようになります。

グランドを上空から見て、ファールラインを書いて、バッターボックスを書いて、ベースを書いて、ランナー、守備、打者、ランナーコーチ、アウトカウントボード、芝生の色、土の色、お父さんお母さんの応援など、平面図を見ただけで、空間把握能力は一気に目覚めて、ツーアウト満塁のいろんなことに気が付くように成長します。

視界を広げるのは、視点を広げるとも同じ意味で、いろんな方向から見ることが「気が付く」を引っ張り出してくれるのでしょう。


「気が付くことが大切だ!」「気が付け!」「もっと考えろ!」

という前に

子供達の視界を広げてあげるには?


考えるって楽しいですね ヽ(´▽`)/
posted by metoo at 11:35| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする