2011年02月17日

一本腕打法 里崎智也選手

110217011.jpg
110217012.jpg

打ちに行こうとする時の“ひじの向き”についての画像です。

トップの位置という見方ではなく、今回は後ろのひじが向いている方向です。


個人的な感覚の意見になってしまいますが、

上の画像にあるように、

適度に脇を空けて準備をしながら、

打とう!と思った瞬間に、

後ろのひじが加速して、脇が閉まるような感覚が私は好みです。



後ろのひじの向きは、

球審の顔よりちょっと下にある

キャッチャーの顔くらいの高さを指していると思います。



上にある画像の方達も、個人差はありますが、

やや体から離れた位置に後ろのひじがあります。



ところが、
2008sato.jpg
2008年の里崎選手

2010sato.jpg
2010年の里崎選手

あきらかに“ひじの向き”が違っています。

2010年の方がひじを地面に向けるくらい、
最初からひじを体の近くに置いて準備しているのが特にわかりました。

110215.jpg
11021601.jpg

両腕をゴムでしばってスイングしてみると

二本の腕が一本のように

胴体から一本の腕がはえているかのように感じます。

前の腕と後ろの腕が同じ役割をしているようにも感じます。

だからとりあえず「一本腕打法」と名づけてみました(*^-^)b


腕が一本だと腕の力では打てません。

体が回らないと打てません。

下半身の力を腕にバットに伝えないと打てません。

(これが正しいかもわかりません)




ゴルフのスイングと比べてみるとわかりやすいですが、

ボールを遠くへ飛ばすには、

シャフトの長いクラブで

ヘッドをしならせるように

スイングスピードを上げるとボールは遠くへ飛びます。



バットをしならせ、ヘッドを加速させて、ボールに強い逆回転をかけて

ボールを遠くへ飛ばしたいのに、なぜ???


手元で動く変化球をぎりぎりまで引き付けて、

今までにない最高の瞬発力で対応するためのスイングが目指す所なのか???




大きいスイングと同じ飛距離をつくりだす

小さなスイング。

動いているボールを打つので、
実際に短いバットで打ってもあまり飛距離は変わらない。

もしかしたらバットの芯の位置を変えなけばいけないのか・・・


この謎は面白いぞヽ(´▽`)/





2008年の里崎選手の動画


2010年の里崎選手の動画

posted by metoo at 18:39| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 打つ | 更新情報をチェックする

プロ野球協約 第177条 不正行為(八百長について)

日本プロ野球選手会

日本プロフェッショナル野球協約2009


第18章 有害行為

第177条 (不正行為)

選手、監督、コーチ、又は球団、この組織の役職員その他この組織に属する個人が、次の不正行為をした場合、コミッショナーは、該当する者を永久失格処分とし、以後、この組織内のいかなる職務につくことも禁止される。
(1)所属球団のチームの試合において、故意に敗れ、又は敗れることを試み、あるいは勝つための最善の努力を怠る等の敗退行為をすること。
(2)前号の敗退行為を他の者と通謀すること。
(3)試合に勝つために果たした役割、又は果たしたとみなされる役割に対する報酬として、他の球団の選手、監督、コーチに金品等を与えること、及び金品等を与えることを申し込むこと。
(4)試合に勝つための役割を果たした者又は果たしたとみなされる者が、その役割に対する報酬として金品等を強要し、あるいはこれを受け取ること。
(5)作為的に試合の勝敗を左右する行動をした審判員、又は行動をしたとみなされる審判員に対し、その報酬として金品等を与えること、又はこのような申し入れをすること。
(6)所属球団が直接関与する試合について賭をすること。
2 前項の規定により永久失格処分を受けた者であっても処分後15年を経過した者でその間善行を保持し、改悛の情顕著な者については、本人の申し出により、コミッショナーにおいて将来に向かってその処分を解くことができる。
3 前項の規定により処分を解かれた者が、選手として復帰を希望するときは、第76条所定の手続によらなければならず、かつ、第78条第1項の規定に従うものとする。



プロ野球にも黒い霧事件というのがあったそうです。

現在、プロ野球の世界で八百長に対する規則は

「該当する者を永久失格処分」

はっきりしていて良いですね!


大相撲の八百長問題をきっかけに

だから全力プレーなんだよ!

だから全力疾走なんだよ!

野球賭博、暴力団の関わり、無気力相撲など、

きちんと子ども達に教えるチャンスだと思います。



近年、一番ショックだった八百長問題は、

イタリアのサッカーだと思います。

カルチョ・スキャンダル 2006年




大相撲再開にはいろいろな意見があるでしょうが、

半年かかろうが、一年かかろうが、真実をきちんと証明し、

新しい規則を設けてから再開するのが、

これから相撲を始める子ども達にとって

いい道標になると思います。

posted by metoo at 12:07| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする