2011年02月04日

キレの正体

時速140km/hのボールは1秒間に38.88m進みます。
ピッチャーマウンドからホームベースまで
18.44mを0.4741秒で進みます
0.1秒間に3.88m 0.01秒間に38.8cm進みます。


「キレ」とは何か?

A君の投げたボールより、B君の投げたボールの方がキレがある。

A君が投げた1球目より、2球目の方がキレがある。

生まれて初めて見た“やり投げ”にキレがあるとは感じないでしょう。

何かと何か、比べるものがないと

「キレ」という表現の言葉は使えないと思っています。


つまり

「◎◎投手のボールはキレがある」

この言葉には隠れている部分があって、

「◎◎投手のボールは(▲▲投手のボールより)キレがある」

()の中の▲▲投手と比較しなければ「キレ」はわからないはずです。


w001.jpg

w002.jpg

同じ140km/hのボールでも

上の写真と下の写真は違いがあります。

自由な足(右足)振り上げてから着地するまでの距離は同じですが、

体重移動の進む速さを変えて、

0.01秒の時間を変えたとしたら?

打者には38.8cmの誤差 

同じストレートの速さでも一球ごとに違って見える。

つまりキレを感じさせていると言えるでしょう。



このキレは多くのプロ野球選手がやってますね。

これ以外にもキレがたくさんあるはずです。

まだ知られていない、錯覚や誤差を狙って作る方法とは?


ダル君、週末のテレビ番組で教えてくれないかなぁ・・・







藤川球児投手のキャッチャー真後ろからの映像、ものすごいストレートですね!
なぜクルーンの160km/hが打てて、藤川球児投手の150km/hが打てないか?

ここにも「キレ」が隠されていそうですね!ヽ(´▽`)/

posted by metoo at 13:09| 千葉 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | キレ | 更新情報をチェックする