2010年06月08日

軟球の打ち方 硬球の打ち方

いろいろな打ち方があるのでしょうが、

軟球の打ち方、硬球の打ち方

違いは何だろう?

フルタの方程式で、
内川選手の解説が私にはとても分かりやすかったです。

「ボールの内側を打つとスライス回転してファールになったり飛距離が伸びない」

「ボールの外側を引っ掛けてあげる」→ヘッドを立て後ろの手で押し込むように。

バットを振るのではなく、ヘッドを振るようなイメージに見えました。



そんなことを気にしていながら見たのが、
マー君から打った阿部選手のホームランなのですが、

「ボールにどんな回転をかけてるか?」

ツイストではなく、


ボールの回転を見てみました。




上手くバットのヘッドを引っ掛けるようにして、
下から上への回転をかけて打っているように見えます。
普通ならスライス回転してファールになる打球ですが、
見事に打球に下上回転をかけています。


硬球を打ってみるとわかるのですが、ものすごく打ったボールがシュート回転したり、上から下への回転は地面をはって行くような強いゴロになったりします。



例えばですが、肩口から入ってくるインハイのカーブを、上からぶっ叩くイメージで打つと引っ張ったホームランになりやすいです。

これは、ボールに下から上への綺麗な回転がかかりやすいからでしょう。


よくピッチャーは下から上への綺麗な回転を投げるように言われますが、硬球のバッティングも同じだと思うようになりました。

この回転をかけて打つ天才的なバッターが高橋由選手だと思っています。




このようにボールに下から上への回転をかけるようにして、軟球を打つとどうなるでしょうか。




2球ファールが硬球打ちのような打ち方で、
軟球でしか見れないファールの回転です。
その後のホームランも素晴らしいです!



すごいですね!軟球でこのホームラン^^

バットのヘッドを返さないで、
ボールの中心を飛ばしたい方向へ押し込む。
つぶれるボールに強烈な回転をかけない。

まるでテニスのボレーのような打ち方に見えます。

このような高いレベルの打ち方もあるということは、知らないより知っていてもいいと思います。




ピッチャーは投げるボールの回転を操作しますが、

『バッターは打ったボールの回転を操作する』

このあたりが軟球と硬球の打ち方の違いなのではないか?
などと考えていますヽ(´ー`)ノ



posted by metoo at 19:54| 千葉 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。