2010年01月30日

タメあり タメなし

1001304.jpg

クイックモーション2010/01/28

一年目の左の写真と二年目の右の写真
この写真で感じたことはコメントをくださったお二人と同じ考えです。

2年目のクイックの方がより右足股関節を意識しているためか、早めに股関節が引き込まれてヒップファーストの形になっていますね。
by bigskyさん

2年目のマー君は、何か軸足(の股関節?)に体を完全に預けていて 良い感じで脱力できている気がします。
by kisuke34さん


左の写真は筋肉のタメ
右の写真は股関節のタメ

このように感じました。



股関節のタメありと
股関節のタメなし(筋肉のタメ)

この違いはhiratakuwaさんからのコメントが参考になりました。

筋肉を使うタメは、足裏から股関節にかけて筋肉というバネがエネルギーを吸収するようなかんじなんです。一方、股関節を使うタメ(ボクには「骨を使うタメ」と言った方がシックリくるのですが)、地面からの反力を直接股関節に伝えるかんじでエネルギーロスが少ないように思うのです。


筋肉のタメをつくるには、踏ん張るような時間がかかるように感じます。
しかし、股関節のタメは一瞬で作れます。


昔、ブログにタメの作り方を二つ書いていました。

ステイバックを子供達に2005/12/09

プレートの使い方2006/09/20

1001302.jpg

地面をななめに踏むです。

1001301.jpg

スパイクで地面に穴を掘り、足の裏をななめにする。
プレートに少しだけ小指を乗せて、足の裏をななめにする。

その上に頭がくるだけでタメを感じ取れました。

タメを一瞬で作れる、
セットポジションの姿勢でタメを作れる、
としたら、
わざわざ足を上げてタメを作る時間をはぶけますね。



お暇な方は、




「タメあり」と「タメなし」をお楽しみください^^
posted by metoo at 16:15| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | タメ | 更新情報をチェックする