2010年01月25日

意識があるキャッチボールと素振り




子供達のキャッチボールを見る時、
最初の一球目を特に気をつけてみるようにしています。

肩が暖まってないからヒョイと簡単に投げしまう子。
たくさんいますよね。


雄星投手は肩が暖まってなくても

しっかりバランスを意識して
しっかり体重移動を意識して
しっかりリリースポンとを意識して
しっかり相手の胸を意識して

「同じ形で投げるから同じ結果が生まれる」

軽いキャッチボールですが、
雄星投手からは「意識」がたくさん伝わってきます。



松井秀喜選手が江川卓さんと対談したときも仰っていました。

江川さん「思ったよりも素振りはダウンスイングなんですね」

松井選手「素振りとバッティングは違いますよ」

自分のバッティングフォームをこうしたい、
「意識して振るのが素振り」だとコメントしていました。



「力いっぱいバットを振りたい!」
ブンブン振り回す素振りの時期があってもちろん正解でしょうが、

次のレベルアップには「何かを意識した」素振りやキャッチボールへと
子供達を進化させてあげたいですね。



また、雄星投手は相手のボールを受ける時、
しっかりグラブを構えてあげていますね。
相手を思いやる気持ちが伝わってきます。








二人の18歳対談

日本を明るくしてくれる二人ですねヽ(´▽`)/





涌井投手もきちんと片足で立ってから投球練習をしています。
子供達だけで「なぜ片足で立って一呼吸おいてから投げるのか?」ミーティングさせてみるのもいいでしょうね。

posted by metoo at 15:09| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | ピッチャー | 更新情報をチェックする