2010年01月18日

けがはアクシデント。故障は自分の怠慢。

今まで「けが」と「故障」は同じと考えていましたが、
金本選手のこの言葉を聞いて、その通りだとうなずいてしまいました。

nikkansports.com2010/01/18より

金本は「けがはアクシデント。故障は自分の怠慢。走って肉離れとか腰を痛めたとかは故障。故障する選手はダメ」と言った。残り26試合で節目の1500を迎える連続フルイニング出場について「普通に開幕を迎えてアクシデントがなければいくかなと。ただ油断だけはしないようにしたい」。自分の肉体に問いかける1年。大樹のように、年齢を重ねるほどたくましくなる−。衰えなど感じないシーズンにしてみせる。


プロ野球選手のように自己管理ができる大人と、

全く自己管理を知らない子供はどうでしょうか?


*まだスライディングが出来ない選手を起用し、ホームベースのクロスプレーで相手捕手と激突して骨折。

*30度を超える真夏の試合で、朝ごはんを食べずに水分補給だけで試合中に嘔吐。

*大会日程や試合数を消化を目的とし、土曜日日曜日の数百球を超える投球数で肩やひじを痛めた。


少年野球の「けが」や「故障」には
大人が未然に防ぐことができる「安全」もあるでしょう。


ネットに向かってティーバッティングをしている時。
ほんの小さなネットの穴から打球が抜けてしまい、
ティーバッティングを見ていたコーチの顔に
直撃してしまったケースを耳にしました。

グランドが使えない日などは、
子供達と安全について話し合ってみるのもいいですね。



練習には「量」はもちろん大切ですが 
「療」「療養」「休養」が必要な時もあります。

今、けがや故障で苦しんでいる選手もいるでしょうが、
明日はわが身、これから先の4月6月にアクシデントが起きる選手もいるかもしれません。

健康にプレーできてる選手もそうでない選手も、
金本選手や松井秀選手、工藤投手など
最新の健康管理、体調管理を学んでおきたいですね。
posted by metoo at 15:10| 千葉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | コーチング | 更新情報をチェックする