2010年01月08日

タメの種類

1001081.jpg

タメの種類を考えてみたのですが、
股関節と骨盤を使うだけが「タメ」ではないように思います。
骨盤の前傾、後傾についてはこちらをどうぞ。


股関節を使ったタメ
筋肉を使ったタメ

大きく分けると股関節を使っているか、使っていないか。

二つの違いを考えてみました。

100108.jpg

左は股関節のタメを使っています。

右は筋肉のタメを使っています。


同じ体重で同じ片足で地面を押し付けるように
「タメ」を使っていますが、

筋肉のタメは、
太ももから足首にかけての筋肉が緊張してしまいます。
空気椅子のトレーニングのようです。



股関節のタメは、
太もも前の筋肉よりも、
太もも内側や裏側の筋肉を使っていると感じます。
(個人によって違う感覚だと思いますが)

さらに青い矢印のように、
地面を捻り込むように使っている感覚が私にはありました。




ここまでを整理するために
子供達に質問されたとします。


子「どうしてタメが必要なんですか?」(なぜ?)

 『力を一つに集めたいからだよ』


子「どこにタメを作ったらよいのですか?」(どこに?)

 『後ろ足(軸足)の股関節がいいよ』


子「どのようにしたら軸足にタメが作れますか?」(どのように?)

 『後ろの足だけ反対回転(内側)に使うといいよ』




次はタメをどうやって使うか?


子「タメはどうやって何に使うのですか?」(タメの使い方)

 『軸足にタメがあると地面を強く握りしめられるよ』



出来上がった「タメ」を何に使うか?

股関節のタメの使い方を

「地面を強く握りたい」と、

一つ目の答えを出してみました。


さらに、骨盤と股関節を使う目的は

もう一つあると思います。


つづきは後日・・・


posted by metoo at 00:00| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | タメ | 更新情報をチェックする